マンガでわかる統計学の本

本日もどうぞ応援をよろしくお願いします。 
こちら↓ ↓ ↓ポチっと。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ


先日アマゾンでオーダーしていた本が今日届きました!

              
              The Manga Guide to Statistics

f0238562_10213545.jpg


現在学校の授業では代数幾何学、そして家庭学習としてオンラインで微分積分
勉強しているあーちゃんですが、以前からStatistics(統計学)にも興味があった
ということで、こちらは単なる”趣味感覚的”に、暇な時間の読書用にするそうです。

                    中はこんな感じ。

f0238562_10332299.jpg


これ、最初見たとき、(日本の漫画っぽい〜!)と思ったのですが、どうやら
元々は日本の本が、英語版として発行されてるようですね。

                
                 マンガでわかる統計学

f0238562_10312249.jpg


この「マンガでわかる...」の本はシリーズになっているみたいで、この他にも
「線形代数」「虚数・複素数」「微分積分」など数学関係のものから、
生化学相対性理論などといった、科学の分野に関するトピックまで色々ある
みたいです。

この本をパラパラと見ていたあーちゃんは、いきなりはっと思いついたような
顔をして、


「ママ、先日僕が*クラスに出したmathcountsのクイズの結果を集計して、
クラスの偏差値を出してみるよ!」

と、なにやらペットプロジェクトでも始めるような事を言ってました。(笑)


(*先日先生の許可を得て、自分でmathcountsに出て来そうな問題のテストを
 作成しクラスの皆に受けさせたらしい。)


「クラス全員のスコアとかのデータは手に入るの?」


と聞くと、ある程度皆のスコアは暗記しているけど、先生に頼めば正確なデータ
は手に入ると言ってました。


自分で数学のテストを考えだして作成し、それをクラスに受けさせ、そのデータ
を自らで集計してクラスの偏差値を求める、と数学のコンセプトを学習するだけ
でなく、こんなふうに実際の応用を楽しんでいるところが微笑ましいなと思います。


本当に数学が大好きなんでしょうね。


(私があーちゃんと同じ歳の頃なんか、小学校6年の算数でももがき苦しんで
 いたというに、なんという違いだろうか!)


ちなみにこちらがあーちゃんが作成したクイズだそうです。

f0238562_11193992.jpg

f0238562_1120449.jpg


こういうのを作るのが快感〜!って感じで、いつも嬉しそうに熱心に
作成してます。


このテスト、なんでも20問中、クラスで一番スコアが高かった子は18問正解
だったそうです。

(クラスの平均は10~13くらい。)


小学校の頃からこんなテストとか作るのが大好きで、当時授業中にプリントの
裏とかに書いたりしてよく先生に注意されてたみたいですが、まさかそれが
本格的にクラスで使われるようになるとはね。


いつもながら、数学の先生の配慮に感謝の気持ちでいっぱいであります。



いつもブログを読んで頂きありがとうございます。040.gif

お帰りの際、一日一度、「見たよ〜!」とバナーをポチ
っと押して下さるとポイントが加算され、更新の励みになってます。
どうぞよろしくお願いします。<(_ _*)>
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2013-03-22 11:27 | Math(数学)

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧