モチベーションについて考える

あーちゃんのモチベーション、あるいは”やる気””意欲”といった
ものにはちょっと一癖あって、全ての事に対してそれらの姿勢が
まんべんなく見られるといったものではありません。


自分の興味や関心のある事に対しては尋常ならぬ”意欲””集中力”
を見せてくれるのですが、それ以外の事(こちらの方がほとんど
ですが。汗)に対しては、重たい腰をあげ動き始めるのも、その後
そのタスクを集中して成し遂げる事も、本人にとっては至難の技で
あるようです。


もちろんそれは、ある程度私達全員が感じる事だとは思うのですが、
あーちゃんの場合はそれが更に極端な感じがします。


教科によって関心度の差はあるものの、基本的にはアカデミック
分野に興味、関心が強いあーちゃんは、今のところはなんとか学習
意欲に関しては強いモチベーションが保たれ、全ての教科がオールA
という成績を保っているようです。


元々“新しい事を学ぶのが好き”という知識、情報の渇望の強さもある
のでしょうが、実はこの功績の陰には、思わずあーちゃんのツボを
ついてしまう要因がいくつか隠されているのであります。

(...ってそれほど大袈裟な物でもないのですが。)


あーちゃんの学校では、2学期(半年)連続でGPA4.0(オールA)の成績
を得た者達に対して、Academic Excellence Cardと言うカードが与え
られるシステムとなっています。


このカードの所持者には”特別な権利”が与えられ、学期間中自分の意志
のおもむくまま、それらの”特権”を利用する事が出来るのです。


まあ、と言ってもそれらも”自由服を着用できる”(あーちゃんの学校は
ユニフォームがある)とか、”どの学年のフィールドトリップにも自由に
参加出来る”とか、”2日間先生の助手になれる”とかいった、かわいい
ご褒美的物のようですが。


これらのご褒美はicing on the cake(すでに満足しているところへ
更なる利益や楽しみ、喜びが付加される)的もので、それはそれで
嬉しいみたいですが、やはり一番のご褒美は、このカードを得る事で
周りから”Card Holder"と尊敬の眼差しで見られる事みたいです。


あーちゃんは去年の6年生の時、何とか最後2学期間GPA4.0という
成績を保持し、念願の”カードホルダー”になれたのでした!


      7年生になって少ししてから遂に正式に与えられたあーちゃんの
           ”Academic Excellence Card”

f0238562_1034249.jpg


このカードを見て私はふと、学校の廊下かなんか歩いてて、このカード
を胸のポケットから出し、”おぬしども、これが見えぬか〜!”と高らかに
皆の前にかざすと、他の生徒達が「ほほ〜」と即座に廊下に頭をついて
土下座をしている姿を想像してしまいましたよ。

(水戸黄門の見過ぎですね。苦笑)

そしてこちらがカードと一緒に与えられた”特権のセレクション”なの
ですが、この選択肢を読んで思わずぶっ、と吹き出しましたよ。

f0238562_10451712.jpg


特典の一部にある、Negotiate with the teacher"(先生と交渉する)
って、何これ〜?って感じですよ。

先生と一体何について交渉出来ると言うんでしょうかね?

「先生、この間のテスト、89点(B評価)だったんですけど、なんとか
あと1点まけてもらって、90点(A評価)にしてもらうワケにはいきま
せんでしょうか?」

って交渉でもするんでしょうかね〜?

何だかあまりにも”アメリカらしく”って、思わず笑ってしまいましたよ。


まあ、”ルールや決まりを徹底して守る”あーちゃんには、それらから
逸脱する交渉をする、などさらさら頭にもないでしょうし、又そのような
「交渉のスキル」などもまだ発達していないようですので、その特権
はまず選ばないでしょうが。

(あーちゃんが確実に選ぶのは”2日間先生のアシスタントになれる”
いうやつですね!)


もちろん、「カードホルダー」である事を望むのは、”周りから尊敬の目
で見られたい”など、”社会的に受けられたい”というソーシャルアクセプタンス
を望んでいるという事で、社会的意識が高まっているようにもみえ、
あーちゃんの精神的な発達が伺われるようで、私としても嬉しく思うの
ではありますが、でもあーちゃんの大きなモチベーションとなっている
のは、やはり”自らのパフォーマンスに対する満足感”とう内面的な部分
が大きいというのが感じられます。



モチベーションには義務、賞罰、強制などによってもたらされる”外発的
動機”
や、好奇心や関心によってもたらされる”内発的動機”、又評価を
伴う達成状況において、高いレベルで目標を達成しようとする”達成動機”
など、それぞれ違った要因による動機づけがありますが、小さい頃、ABA
セラピーをやってた際、スナックやポイントシステムなどの”外発的動機
づけ”から始まったあーちゃんも、今ではそれから少しステップアップして、
もっと内面的なものから来る動機づけへと移行している感じがします。


個人的には“内面的に生じる動機づけ”は、自発性を伴い、持続性が期待
出来る動機づけだと思ってますので、こういった意識がこれからも
どんどん育って行って欲しいなと願ってます。


アカデミックな面についてはまあ、それなりにいい調子でいってますが、
問題は”自分の興味関心がない分野、不得意な分野”の意欲を向上して
行くという点ですかね。


これに関してはまだまだこれからリサーチと、試行錯誤の繰り返しが
必要となってきそうであります。(苦笑)




いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ポチっ
をいただけたら更新の励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-11-01 12:00 | ママのRandom Thoughts

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧