ギフテッドの社会的知能について

以前にも Emotional Intelligence (感情面におけるの知能)、もしくは
EQ(感情的知能指数)についてつぶやいた事があるのですが、
(それについてはコチラ→「キャリア成功の秘訣はIQよりもEQ?」
最近、それに加えて”社会的知能”(Social Intelligence)についても
色々考えたりしています。

この社会的知能と言うのは一般に、”複雑な人間関係を生き抜く社会性
や社交性、自分と他者を効果的につなぐコミュニケーション能力など、
人が充実した個人、又は社会生活を営む上で欠かせない知的資質”を総称
したものであります。

この社会的知能は、感情的知能をもう一歩発展させた概念で、個人的
な領域から更に世界を拡張させたエリア(社会)での対処能力と
いった感じでしょうか。


一説によると、(というか、かなりあちこちで言われているみたいですが)
個人のキャリア上での成功や、充実したパーソナルライフは、IQや専門
知識などといった要素よりも、EQ(感情的知能指数)や SQ(社会的知能
指数)が大きく関連していると言われています。


EQ にしても、SQにしても、どちらも自閉症スペクトラムの人達に
とっては大きなチャレンジの分野であるというのよく知られているの
ですが、あまり知られたいないのが、実は知能的面で優れていると
言われる”ギフテッド”の子供達の中にも、こういった分野のスキル
が欠けていたりするのも決して珍しくないと言う事。

ギフテッドの子供達は知的能力や興味関心、精神的な面においてなど
本質的に一般の同年代の仲間達とかなり相違した部分もある為、ピア
との交流や社交関係などが困難に感じられることもあり、そういった
”ソーシャルスキル”を学ぶ機会も少ないせいもあるのかもしれません。

(どうしても”精神的”に孤立したり、疎外感を感じやすい。)


SENG (Supporting Emotional Need for Gifted)というサイトの記事
「Raising a Well-Adjusted Gifted Child: The Value of Promoting
Social Intelligence」
によると、

”他人とうまくやっていくスキルというのは、(音感や言語概念能力、
又は数学能力と違い)両親のガイダンスや指導なしで本能的に開花
するといったものではない。 ”社会的知能スキル”を育成するには、
親(もしくはその他の指導者)によるインストラクションや指導が
必要である。”

と、こういった様々な社会的、対人関係のスキルはまず、家庭にて
学ぶ事の大切さが書かれていました。

そして、その「社会的知能」を教える基礎的なこつとして、

■ 家庭にて良い見本を設立する。
  親が実際「お手本」となり、”言葉少なく例をみせながら
  指導する”方が大きなインパクトがある。

(うちの場合はパパはソーシャルスキルに関しては”悪い見本”なんで、
”反面教師”となってます。笑)

例えば、パパはビジネス関係で他人と電話で会話をしている際、自分の
言いたい事が通じない時など憤りを感じ、怒ってしまい相手を怒鳴り
つけたり、嫌みを言ったり、最悪の時は相手が話しているのに途中で
プツっと電話を切ってしまうと言う、とんでもないソーシャルマナー
の持ち主なんで、いつもあーちゃんには、”ああいう失礼な事をしたら
ダメなのよ!”と言い聞かせています。(汗)015.gif


■ 家庭内でのルールやスタンダードを明確にする。
  それ相応のハイスタンダードを期待する。(ただし、あまり
  にも不合理なレベルは避ける。)

■ 子供と”善悪”について話し合う。
  社会のあり方や、人の生き方、そして人と人の間の相互関係に
  ついて語り合う。
  他人の考えや気持ち、意図を理解する事の意味や価値などについて
  話し合い、理解を深める。この際、お説教っぽいアプローチでは
  なく、あくまでも子供が理解出来るレベルの”Socratic dialogue”
  (ソクラテス式問答法)などの方法を用いながら行う。

(生まれながらにしての”ナチュラル哲学者”であるギフテッドの
子供達は、こういった話題とかを話しあう事が大好きだと言う事
もあり、家族の者と”対話”し合ったりしながら、”社会”や”人”のあり方
を考察するのは、大変効果的なソーシャルスキルの習得法ではないか
と思います。子供の年齢が高くなるに従い、道徳や倫理などといった
話題を取り入れて行ったり。)

■ 子供の行動や態度の変化などに注意をする。
  もし子供がこれらの行動や態度を示している場合、専門家に相談
  してみるのがよいかもしれません。

  ・友達がいない
  ・攻撃的に遊ぶ
  ・すぐに気を損ねたり、怒ったり、横暴な態度になる
  ・独り占めしたり、他人の所持品をに対して粗末な扱いをする
  ・グループなどの状況において他の人達とうまくやっていけない
  ・滅多に妥協する事がない
  ・他人の感情に対してほとんど感情移入を示さない(無関心)
  ・無作法に振る舞う  

(やっぱ、パパを専門家に見せた方がいいみたい。爆笑)

子供に「社会性」が欠けていると、それだけますます本人に対して
世の中の風当たりもきつくなり、それゆえそういった社会的状況や
場面から逃れようとする傾向にあり、そうなればますますそういう
分野でのスキルを向上する機会も少なくなり、結果的に社会から引いて
しまい、疎外感に苦しむ事にもなりかねません。

そういう意味ではギフテッドの子ども達は、ハイリスクグループ
であり、親としてはこういった社会面、感情面でのニーズにも注意
を払わうべきだと思います。


(自閉症とギフテッドである2Eのあーちゃんなんか、リスク×2
って感じで、かなりプレッシャーを感じてしまいますが。008.gif


もちろんあーちゃんはもともと内向的と言う性格的要素もあり、
私達がどれだけ何をしたところで、いわゆる”ソーシャルバタフライ”
になる事はないと思いますが、親としては将来社会に出て、あーちゃん
のもつ知能的能力が社会的知能力が欠けている為に犠牲になって
しまわないくらいの”社会で生きて行く術”というのを育成して
あげなくては、と思っています。

Facebookに友達の数が3桁台じゃなくても、本当に心を許しあえる”真実”
の友達が2〜3人いて、個人的に充実した生活を送っていってもらえた
なら、それはそれで私としては万々歳だと思っています。

               
                4歳の時から友達のK君、C君と。

f0238562_8381156.jpg




いつもブログをご訪問頂きありがとうございます!<(_ _*)>

にほんブログ村のランキングに参加してます。

下のバナーをポチっとクリックすると
ポイントが加算されるようになってます。

お帰りの際押して頂くと更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-09-22 08:51 | ソーシャルスキル

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧