「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブログを書く上でも参考になる記事

私がブログを書き始めて早いもので4年以上経つのですが、その間、
決して何事もなく快適でスムーズな道のりだったわけではありません。


記事の内容が内容だけに、これまで色々と真っ向からの批判や誹謗
中傷なども受けましたし、(そして低レベルなただの悪口も!)又、
さり気なく嫌みや反論のトーンを含んだ、”フレンドリーさ”を装った
コメントなども結構ありました。


この世の中にはいろんな考え方や受けとり方の人が存在するので、
私の記事に対して全ての人が同意するわけでないというのも十分承知
してますし、批判や反対意見から自分自身が学ぶ事も多く、それらの
価値も十分認識しています。


とは言え毎日記事を書いていて、たまにこういったあまりフレンドリー
でないコメントなどを受けとると、やはり私も一応人の子ですから
気分が滅入ってしまい、その日一日がなんだかどんよりと曇ってし
まう感じがする事もたまにありました。


(その為、それまであったブログ上でのお付き合いをストップさせて
もらった方も何人かいます。)


鬱に陥りやすい私はそうなると日常生活に影響して、(家事をするの
も億劫になる)家族に迷惑をかけることにもなり得ないというのを
自覚しているので、とりあえず現在のところは両方のブログのコメ欄
を閉じさせてもらってます。


(それにも関わらず、ブログを訪問し、応援のポチまで押して下って
いる方々に感謝しています〜!)


そんな中、ネットでこの記事を読み、(これってブロガーにとっても
参考になる話ではないか?)と思ったので、リンクしておきたいと
思います。





”あらゆる批判を回避する方法がひとつだけあります。何も言わず、何も
しないことです。しかし、批判を避け続けていれば、いつか道を誤って
しまいます。

前進とは常に摩擦と出会う事です。どんなに立派な作品も、批判を避けて
通れません(また、そうであるべきです。批判はあなたを磨いてくれます)。
しかし、ある研究によると、批判者の中には本質的に有害な人たちがいる
のだとか。 一部の人は本質的に「何でも嫌う人」たちであり、欠点ばかり
に目を向けるのだそうです。”

(中略)

”もちろん、すべての否定的なコメントを、「何でも嫌う人」のせいには
できません。 また、自我が傷つくことを恐れて、批判を遠ざけてばかり
いるのも問題です。多くの人がそうなっています。価値ある本物の批判に
は耳を傾けるべきです。”

(世の中には「何でも嫌う人」がいる:研究結果より)


わかってます。

「批判を遠ざけてばかりいては前進できず、価値のある本物の批判には
耳を傾けるべき」というのも十分わかっているんです。


だけど、私のブログのコメント欄では「価値のある本物の批判」以外の
もの(批判にもなってない単なる誹謗中傷)も結構あったりしたもので、
そういうのをスルーしたり削除したりと”フィルターにかける”際に、結局、
私の目に入ることにもなりわけで...


そして一度ネガティブなものが頭に入ってしまうと、はえ取り紙タイプ
の私の脳にそれらがしっかりと粘着してしまい、取り除く事が困難な
のであります。


自分の事はまだ我慢出来るけど、あーちゃんに対してあれこれ言われる
と、(子供に関してはノータッチであるべきではないの〜?emoticon-0112-wondering.gif)と思っ
てしまう。


何はともあれ、この記事を読んで参考になりました。

あっ、記事のこの最後の部分に大きくうなずいてしまいました。


”そして最後にもうひとつ。 批判者になるのは簡単です。誰からも攻撃
を受けず、何のリスクもありません。一方、創作者になるには「勇気」が
必要です。”


うん、うん、emoticon-0144-nod.gif まさにその通りだ!



いつもブログを訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に、ポチっと応援のクリックをしていただけると
嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by mathkid | 2014-06-30 10:21 | その他もろもろ

ロジカル思考についての興味深い記事

こちらの記事がとても興味深くて色々と考えてしまった。



この記事の中の、特にこれらの部分に大きくうなずいてしまった。



”人は誰も自分にどんな可能性があるか、社会にどんな影響を与える
かなどと予想することも計画することもできない。 物事の意味は、
事後に他者が決めるもの。 勇敢な選択をして、賭けに出て、
とにかくやってみれば、世の中に影響を与えることになる。”


という言葉は、少し前のこの記事で私がまさに言いたかった事で
あります。


そしてこちらの「意識」についての文章ですが、これ、なにやら私が
以前から思っていたような事がうまく表現されていて、(言語力が
乏しい私は自分の思いが適切に言語化、文章化できずにいつももどか
しい思いをしている。)読んで思わず、(そう、そう!)と大きく首
を縦にふってしまいました。emoticon-0144-nod.gif



”現在の選択も論理に頼ってしまえば、過去の認識が作り出したパターン
をなぞるだけの将来になってしまいかねません。”


「認識」とは、自分が今いる階数のようなものだといつも感じています。

2階から見える景色を前提にあれこれ議論するよりも、早く50階に行く
エレベーターを見つけた方が良さそうです。 50階であれば2階では見
えなかった様々な景色がきっと見られることでしょうし、そこからは全
く別の答えが導きだせる可能性があります。

2階から見たら、「海」だと思い込んでいたものは、50階から見たら
ただの「湖」であることがわかるかもしれません。

ただ、このエレベーターがどこにあるかは誰も教えてくれないし、探し
てみないとなかなか見つからない、そんなモノのように感じています。”


(ロジカルシンキングの弱点を考えてみた:ロジックを超えた
ロジックの話より引用)


私もただ2階で停まっているだけでなく、常にエレベーターを探し続け
たいなと思いました。


ブログを訪問していただきありがとうございます。
お帰りの前に、ポチッと応援のクリックをしていただけると
嬉しいです〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by mathkid | 2014-06-28 11:18 | その他もろもろ

2Eチャイルド育児カテに移りました!

オリジナルであるこのブログにも2E関連の記事が結構含まれていると言う事で、
今回こちらの方も「2Eチャイルド育児」カテに移りました。


こちらのブログは多分これからも滅多に更新する事はないと思うのですが、
(するとしたら役立ち情報やリソースの紹介くらいかな?)こちらのカテ
にいると、カテを訪れた方が私が発信したギフテッドや2Eに関しての過去
記事にもアクセスしやすいと思いまして。


という事で、私1人で新しく出来た2Eカテをモノポリっている状態になり
ますので、(爆笑)色々と凹がありながらも、且つ、ギフテッド、もしく
はギフテッドの可能性があるお子さんをお持ちのママ達、ぜひ、


Why don't you come and Join me!


( 」゚Д゚)みなさ〜ん!  ヘ(≧∀≦ヘ) おいで、おいで!



お子さんのIQが巷で言われている”ギフテッドのレベル”じゃなくっても
その子がギフテッドではないとは言えませんし、むしろ2Eキッズは偉大
な可能性を秘めているのだけど、何らかの凹の部分でそれらが十分に表
に出てなくて、(アウトプットが困難)IQテストにも現れないのはよく
ある事ですので。


(自閉症と診断され、問題行動がひどかった頃のあーちゃんは、私自身
はとってもスマートな子だとわかっていたけどIQではギフテッドどころか
「知的ボーダーライン」の域でしたし!)


前にも言いましたが、子供に正式な診断があるかどうかなんて関係ありま
せん。(ギフテッド、障害のいずれも。)


私自身はこのカテは、同じような特徴を持つ子供の親達が集いあって
情報や意見を交換したり、励ましあったりする場の「インデックス」
的役割がメインだと思っていますので。


「本当のギフテッドとは?」「正しい2Eの定義とは?」などなど、概念
的な事であれこれ討論を交わす場所ではなく、現在問題を抱えている親
達や当事者さん達が、色々と参考になる情報やエモーショナルサポート
などを得ながら、それぞれが前進していける場所であって欲しいなと思
っています。


ポチっと応援ヨロシクお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by mathkid | 2014-06-25 04:19 | その他もろもろ

Everyday Psychology You Should Probably Know

Infographicphile(私が勝手に作ったinfographic+phileの合成語
で、インフォグラフィック愛好家とでもいいましょうか)である私がネット
で見つけた、私達の一般心理に関するちょっとした情報が説明された
インフォグラフィックです。


知っておくと便利かも?



Everyday Psychology
Source: Health-Science-Degree.com



1. Sex, danger, and food are meant to draw your attention
Your brain is hardwired to stay safe, reproduce, and eat as a means of survival. Everything else is secondary.

2. Just because you haven’t doesn’t mean you can’t
You have a mental model for just about everything. This allows you to use past experience and intuitive perceptions to do things you’ve never tried.

3. You see what you expect to see
How we perceive what we see is heavily influenced by context. Our brains naturally filter irrelevant information in a process called inattentional blindness.

4. You are built to imitate and empathize
“Mirror neurons” allow us to share other’s experiences and provoke us to imitate other’s actions. This is why babies imitate facial expressions.

5. It’s normal for your mind to wander
Your brain is hardwired to stay safe, reproduce, and eat as a means of survival. Everything else is secondary.

6. We choose the first one on the list
Studies show that when people are presented with a list of options they are most likely to pick whatever is first. The same is shown to hold true for voting.

7. You value what’s right in front of you
Being able to hold an object in your hands has more influence on what people are willing to pay for an item than product presentation or pictures.

8. You are motivated by the idea of progress
The “goal-gradient” effect states that the closer you are to your goal, the more motivated you become. However, your motivation plummets once the goal is reached.

9. Your social group has a maximum capacity
The size of the neocortex has a direct impact on the number of stable relationships a species can have. For humans, it’s about 150.

10. You’re more likely to spend money if not asked
Most people are primarily concerned with time, experience and personal connection when making a purchase.


ランキングに参加しています。
お帰りの際にクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ



[PR]
by mathkid | 2014-06-08 04:59 | 教育/学習

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧