<   2012年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

Memories: ハロウィーンの思い出(5才)


日本はすでに31日で、今日はハロウィーンですね。

私が日本にいた時は、ハロウィーンなんて祝わった憶えがなかった
ですが、最近では日本でも飾り付けをしたり、コスチュームを着たり
するんでしょうか?


あーちゃんは随分前から、もうコスチュームを着たり、Trick-or-Treat
に出かけて行く事もしなくなり、ちょっと寂しい感じです。


というワケで、今年のハロウィーンはまだあーちゃんが小さかった頃
の事を思い出し、ノスタルジックな気分に浸る事にします。


これらの写真はあーちゃんが5才の時、(ほぼ6才)カリフォルニアの
Gilroyという所にある Gilroy Gardens Family Theme Park
いう遊園地でやってたハロウィーンのスペシャルイベントに参加した
時のものであります。


f0238562_1032344.jpg


f0238562_10305355.jpg


f0238562_10443718.jpg


f0238562_10502211.jpg


         パーク内にあったプレーグラウンドで遊ぶあーちゃん。

f0238562_10332823.jpg


              まだこの頃はあどけない笑顔...

f0238562_1035216.jpg


       モンキーバーは1人でできなかったので、(今でもできませんが。汗)
       パパにヘルプしてもらってます。

f0238562_1036298.jpg


f0238562_10371157.jpg


             色んなアトラクションにも乗りました。

f0238562_10491577.jpg

 
            パーク内でTrick-or-Treatもしました。

f0238562_10384291.jpg


f0238562_1040422.jpg


         この顔はなんだ? くしゃおじさん(古〜い!)みたい。

f0238562_10404232.jpg


              キャンディが歯にでもくっついたのか?

f0238562_10415555.jpg


                  なんとも豪快な笑い顔! 
            くっついていたキャンディがとれてスッキリした?

f0238562_10433692.jpg


f0238562_1052697.jpg


やっぱりこうして写真を撮っておいてよかったです。

写真を見ると、忘れていたこの時の細かな事まで思い出し、ちょっと
したビジュアルプロンプトになります。

そうじゃなければ小さな出来事とかきっと忘れてしまってるかも。


          皆さん、Have a Safe & Happy Halloween !
f0238562_112334.jpg




いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ポチっ
をいただけたら更新の励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-10-31 11:04 | Memories

Siri語録:いかにも哲学的な応答

先日のあーちゃんとSiriさんとの会話。


あーちゃん:「Siri, What is the meaning of life?」

Siri: 「 I Kant answer that question.」

おお〜、Siriさんったら、あーちゃんの哲学的な問いに対して同じく
哲学的なジョークをかっ飛ばしてくれるじゃない? (笑)


「ママ、Siriがスペルを間違えてるよ! "Kant"じゃなく "can't”
なのに。」

と言って来るかと思いきや...


「あははははっ、I get it!」

とジョークがわかったみたい。

(ちなみにKantは”Immanuel Kant”イマヌエル・カントさんの事の
ようですね。)


更にもう一つ。

あーちゃん:「Siri, What is the meaning of life?」

Siri: 「It's nothing Nietzsche couldn't teach ya.」


ニーチェ couldn't ティーチェって。(≧m≦)ぷっ!

Siriさんって本当に笑わせてくれるわ〜。


いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ぽちっ
をいただけたら更新の励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-10-31 01:56 | その他もろもろ

自作の社会科のテスト

あーちゃんの学校は各教科から日々の宿題だけでなく、定期的にかなり
大きな課題などもちょくちょくだされ、週末と言えどそれらに取り組ま
なければならない事もよくあったりします。


各教科から出される課題であーちゃんが特に苦労をしているのが”社会科”
で、今学年度(7年生)はアメリカ史をやっているのですが、もともと
歴史などには興味がないあーちゃんにとっては、クラスの授業やテスト
もそうなのですが、頻繁に出される様々な”プロジェクト”に随分苦労
をしている様子であります。


あーちゃんの学校はSTEM教育(Science, Technology, Engineering,
Mathの分野を強調した教育)に力を入れているのですが、今年はなぜか
驚いた事に”社会科”の学習がえらく強調されている感じがします。


これまでの様子から判断すると、社会科の課題が一番多いし、内容的
にもかなり密度の濃いものが出されているように思えます。


はっきり言って、レポートやエッセイなどといったライティングが関わる
宿題や課題もEnglishのクラスよりも断然多いですし!


あーちゃんの話では、毎日社会科の授業の始めは”デイリーライティング”
という時間に当てられ、歴史に関連したトピックについての簡単な
エッセイを書かされるそうなんです。


なんでも英語の時間よりも文章を書く事が多いとか!

そのせいか、最近のあーちゃんは”〇〇について書きなさい”と言った
ライティングプロンプトにも、頭の中でアイデアのブレインストーミング
をし、それをまとめ、文章を書き始めるという一連の作業が以前よりも
断然スムーズに出来るようになってきています。


やはり”文章を書く”為には、こういった日々の練習がとても大切
だな〜と感心しています。


ただ、課題によってはあーちゃんもその作業がなかなかスムーズに
いかない事もよくあるようで、あーちゃんが決まってつまずいてしまう
類いの課題というのが、”これといって決まった答え”がない、想像性
や創作性が必要とされるタイプの課題であります。


例えば、以前に出された課題の例として、


”歴史上に実在した人物を(どの時代でもよいので)4人選び、それらの
人物に”歴史を学ぶ事の重要さとは”というテーマでお互い討論をさせる
”脚本”を書きなさい”

など。

もちろん、各自のセリフを書く為には、その人物個人や、その他の関連
情報、そして歴史的イベントなどの知識が必要となり、リサーチをしない
といけないのでかなり手間がかかるし、まあ、そこまではいいとしても、
脚本を書くのはクリエイティブな面も要求されると言う事で、そういう
方面があまり得意でないあーちゃんにとってはかなりキツいみたいです。


そういった課題に苦しんでいるあーちゃんですが、先日社会科から出さ
れた宿題に対しては、いつもの”だらだら”した姿勢はどこにやら?
っといった様子で、興奮に目をらんらん光らせながら、パソコンに
向かってかなり真剣に課題に取り組んでいました。


その課題と言うのが...


「Create your own test.」


と言って、自らが指定されたチャプターのテストを作成する、という
ものだったらしいのです。

(もちろん答えも含めなければいけない。)


テストとか問題とか自分で作るのが大好きなあーちゃんは、この課題
に大喜び!

(それについては以前の記事”感化されやすいタイプ”を参照)


本来なら2日の期間が与えられてたみたいですが、その日のうちにいとも
簡単に作り終えてしまいました。

(やっぱり自分の好きな事に関しては集中力が違うわ〜!)

そしてこちらが、あーちゃんによる”自作の社会科のテスト”であります。

f0238562_10512018.jpg


f0238562_10522882.jpg


f0238562_10525926.jpg


f0238562_10532694.jpg



3番目の”ピルグリムズが乗っていた船(ship)の名は?”という質問の
選択肢として、A: Hardshipと言葉遊びなんぞしてジョークをかまして
いるところがなかなか粋じゃない?って思いましたよ!(笑)038.gif


そしてこちらが答えだそうです。

f0238562_1113396.jpg


f0238562_112217.jpg



イソイソと次の日提出し、返って来た評価はと言いますと...

(ドラムロール、プリーズ! だらららっら〜〜〜〜)


f0238562_1161626.jpg


おお〜、100点中、110点とエクストラポイントをもらってるじゃ
ないですか〜〜〜〜。


先生に”素晴らしい出来だ!”と褒められた、とものすごく喜んでました。

ただ、あまりにも興奮しすぎて名前を書くのを忘れて提出したみたいで、
先生に”No Name"と書かれてますが。(汗)

こういうところはやっぱりあーちゃんらしいわ、と笑ってしまいました。

このエクストラポイントは、少しは前回ボロボロだったテストの足しに
なるかしらね〜? (笑)




いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ぽちっ
をいただけたら更新の励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-10-30 23:51 | 教育/学習

予想もしなかった誕生日のアドベンチャー

昨日、アメリカは10月27日で私の誕生日でした。

このくらいの歳になると、毎年自分が一体何才になったのかもパッとすぐ
には思い浮かばず、あーちゃんに聞いて確認しているという情けない状態
になっています。


そしてここ数年気がついた事は、年々眉毛が薄くなってきてるという事で、
(なして?)朝一で鏡に映っている自分の顔を見るのがどの恐怖映画を
見るよりも一番恐ろしいと感じてしまう...

(実家の床の間に飾っていた”能面”を思い出さしてしまう。汗
あれ、子供の頃は怖くて仕方がなかったな〜。)


もし私がミドルエイジクライシスかなんかで、ふと”入れ墨”でも入れるか?
と思ったならば、肩や腕に渋いデザインとかではなく”眉毛の入れ墨”
するだろうな。

などと相変わらずバカな事を思いめぐらせていました。


この週末は、あーちゃんがかなりの大量の課題に追われていたので、ほぼ
家にいて課題を済ませる予定にしてましたが、その進行度が予想以上に順調
だった事もあり、この日の午後は私の誕生日を祝うという意味で、家族で
ちょこっと外出をする事にしたのでした。


行き先は以前も訪れた事のあるドナー湖


前回の訪問が夏だったので、季節が変われば又景色や雰囲気も変わっている
事だろうと、今回は秋の景色を見にドナー湖に向かいました。

いざドナー湖を一望できる観望地点に到着してみると...

秋と言うよりすでに冬が来てた感じでした!005.gif

やっぱりさすがにこの辺は雪が多いエリアで、まだ10月の終わりだと
いうのにもうまわりは雪がうっすらとおおっていて、寒かったー!

f0238562_7221718.jpg


f0238562_7224029.jpg


f0238562_7263979.jpg


            
           夏に訪れた時とやっぱり少し雰囲気が違いますね。
                 (夏の景色)

f0238562_733991.jpg


f0238562_7282742.jpg


f0238562_7342299.jpg


f0238562_7382117.jpg


雪がかなり深く積もっていて、歩道を歩くたびにズボズボって感じ
で足が沈んでました。

f0238562_737121.jpg


f0238562_736418.jpg


f0238562_7404494.jpg



             あーちゃんは楽しそうに雪の中で遊んでました。

f0238562_740152.jpg


f0238562_7431024.jpg


f0238562_7431569.jpg


うっすら雪化粧のかかったドナー湖を満喫した後は、リノ方面に戻り、
それから私の好きなお寿司屋さんでディナーをする事になってました。


リノ市内に戻って来た時はまだ夕方の5:00にもなってなかったので、
市内のある公園で少し暇つぶしをする事にしたのでした。

             
             木々に囲まれた小道を歩くパパとあーちゃん。

          (こういう時は本当に二人ともラブラブ053.gifムードなんですがね。)

f0238562_7515358.jpg


f0238562_8131015.jpg


f0238562_8173355.jpg


そろそろレストランが開く頃だと言う事で、公園近くに駐車してあった
車へ戻り、エンジンをかけようとすると...

イグニションにキーを入れて回しでも、カチ、カチ、と微妙な音がする
だけで、エンジンがかからないじゃないですか〜!!!008.gif

パパがエンジンをチェックしたり、何度も試してみたりしましたが、
車は一向に動く気配をみせず、完全にアウトしてしまったようでした。

そっ、そんな〜! って感じでしたよ。

車を修理場までけん引してもらうのに電話をかけようとしてバッグの
中を探したところ、携帯が見つからない!

あっ〜! そうだった! 今朝充電してて、後でバッグに入れようと
キッチンのカウンターに置いたまんまで、入れるのを忘れてる!

と、信じられない状態に陥ってしまったのでありました。(汗)


よりによって、なんで又私の誕生日にこんなはめになってしまうの?
って感じでしたよ〜!008.gif


全くついてない! と腹立たしくてたまらなかったのですが、でも考え
ようによっちゃ、リノからかなり離れたドナー湖の見晴らし台で動かなく
なってしまわれるよりは随分ラッキーだったかな?と思ったり。


あんな寒い山のてっぺんで足を失ってしまっていて、携帯もないときたら
どうなっていた事かと、考えただけでぞ〜とします。


幸い公園付近だったので、パパがベンチでリラックスしている男の人に
電話を借りて、tow truck(レッカー車って言うんですか?)を呼ぶ事
が出来ました。


そして電話をしてから待つ事1時間ほどし、遂にレッカー車が到着。


その後完全に足を失った私達は、お腹をすかせながら近くにレストラン
を求めて歩き始めたのであります。

もちろんバースデーの寿司ディナーは諦める事に。(涙)
(と、その時は思った!)


そして公園からダウンタウンに向かって、家族でてくてく歩く事約1.7マイル
(2.7km)、やっとCircus Circus というホテル&カジノに到着。

何とかマシな夕食にありつけそう、ととりあえず一安心してホテルの
レストランに向かいました。

その中にはなんとお寿司屋さんもあったので、なんやかんやありましたが、
結局お寿司は食べる事が出来ました。049.gif

土曜日のディナータイム真っ只中と言う事で、ここでもかなり
待たされましたが。

          私達の番がくるまで暇つぶしにiPadをしているあーちゃん。

f0238562_952152.jpg


そしてやっと私達の名前が呼ばれ、寿司バーに座る事が出来ました。

食べてる最中、あーちゃんと先日観たドキュメンタリー映画の二郎さん
の話で花を咲かせたりしてました。

二郎さんのお寿司とは較べものにならないだろうけれど、リノにしては
なかなか美味しかったです。

その後、このカジノ内にあるデザートのお店を訪れ、バースデーケーキ
ならぬ、バースデーアイスクリームで私の誕生日を祝ってくれました。

f0238562_917372.jpg


なんと! ここでも相変わらずあーちゃんはスペルミスを発見!

私に嬉しそうに報告してくれました。

            フレーバーのラベル、RAINBOWのはずなんですが...
            でもこんな基礎的な間違いするか〜?って感じですが。

f0238562_921492.jpg


               お互いのフレーバーを味見し合ってます。

f0238562_9175064.jpg


サーカスサーカスは家族ぐるみで楽しめるホテル&カジノというのが
売りで、カジノ内にはどこかのフェアのような、子供達が遊べるゲーム
のコーナーもありました。

          ママとホッケーゲームの対戦中。 結果は私が勝ちました!
      (頭脳系ゲームでは負けますが、こういうゲームはまだ負けませんよ!)

f0238562_9283464.jpg


         あーちゃん、今度はDomo君が獲得出来るゲームに挑戦。

f0238562_9263280.jpg


何回か試してみたけど、やっぱ投げたりとかいったコーディネーション
が必要なものももうひとつ苦手なんで...

私がパパに”Domo君が欲しい!”と言ったら、パパが小さなDomo君
をゲットしてくれました。

             今年はこれが私のバースデープレゼントです。
            (パパが怒鳴っている時の顔に似てる! 汗)

f0238562_934439.jpg


そしてその後はカジノからタクシーを雇い、山の上にある我が家に
帰って来たというわけであります。

この日は予期せぬ出来事で溢れた一日でありましたが、振り返ってみると
結構アドベンチャーにあるれた一日となりました。

最終的にはお寿司も食べられた事だし、どうも君ももらえたしで、それ
ほど悪い日ではなかったかな?という感じであります。


ただ、車の修理にどれだけかかるかとか考えるだけで頭が痛いですが。

(この記事を書いている時点では修理所が休みなんで、明日の月曜日
詳しい事がわかると思いますが。)

この予期せぬ出来事の連続に、あーちゃんはとても柔軟に対応してくれ
全て比較的スムーズに事を運ばせる事ができ、あーちゃんの成長も見る事
ができて私もとても嬉しかったです。

あ〜、それにしても今年の誕生日は後々まで忘れ難き誕生日となった
のでありました。



いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。


こんな私を哀れんで、ポチっとクリックしていただけたら嬉しいです。(笑)
 ↓ ↓ 
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-10-29 09:51 | あーちゃんのママ

それだけの覚悟が出来ているのであれば...

先日、あーちゃんとパパがガレージで来年の2月に発表予定である
「サイエンスフェア」のプロジェクトの準備をしていたところ、又もや
家の中まで響き渡るようなパパの大きな怒鳴り声が聞こえてきました。

(...ったく、又、始まったわ。 013.gif )


と、思いつつも、パパがあーちゃんを指導している時は私は口を出しては
いけない事になってたので、ママベア本能035.gif(小熊を敵から守ろうとする
母熊の尋常ならぬ守備本能)を必死に抑えつつ、自分がやってる事に集中
しようとしてたのですが、その怒鳴り声はどんどん悪化して行くばかりで、
とうとう耐えきれなくなった私はついドカドカとガレージまで行き、ドア
を開け、あーちゃんを怒鳴りつけているパパを無言でギョロっと睨み、
そのまま又ドアを閉め、リビングに戻って来たのでした。


その後は、パパの怒鳴り声もしなくなり、(苛立った声のみに留まった)
その作業を終えて出て来たあーちゃんは、そのままお風呂に入ったので、
その機会を利用してパパに又も話を持ちかけたのです。


「パパ、パパの指導スタイルと私のとの違いについては、以前にも何度も
話していて、それはそれでお互いが「考え方の違い」として受け入れ、認識
するしか仕方がない事かもしれないけど、私が最近心配しているのは、最近
のあーちゃんの”パパに対しての感情”で、いつもあなたに大声で怒鳴られたり
叱られたりしてるばかりだと、あーちゃんがあなたに対して憤りや遺恨の念
をはびこらせ、二人の関係に大きな歪みやギャップが生じ、父子関係に大きく
影響するんじゃないかと心配してるのよ。」


(実際、最近ではあーちゃんはパパがリビングとかに来ると、ビクビクと
怖じけたり、不安いっぱいな表情になったり、時にはもろに”鬱陶しそう”015.gif
な態度を見せたりと、パパに対してネガティブな反応を見せる時が増えて
きたように感じます。)


という私の言葉に対してパパは、


「今はそんな事気にしてなんかいられない。あーちゃんが俺の事をどう思う
かなど気にしていたら、あーちゃんが将来、社会の荒波に対処していける
スキルを身につける為の指導なんかできやしない!」


っと、きっぱり言うではありませんか。

更にパパは、

「今は怒鳴られたり叱られたりして俺に対して”憎しみ”を抱くかもしれない
けれども、将来大人になった時、今俺がやっている事があーちゃんの為に
なったというのがわかる日が来るから。」


と言ったので私が、


「もしその日が来なかったら? もしあーちゃんが大人になっても、あなたの
”本来の意図”が理解出来ず、このままずっとこの先あーちゃんはあなたから
受けた”子供の頃の仕打ち”が脳に焼き付いたままで、(*あーちゃんは
”ハエ取り紙タイプ”の脳で、ネガティブな感情をひきだす出来事はくっきり
脳に焼き付いて、いつまでも覚えているタイプ。)あなたとは”いい父子関係”
を持つ事ができなかったら???」


と、ちょっと脅し気味に言うと、


「俺がまず一番に考える事は、”あーちゃんの将来の幸福”であって、
あーちゃんが社会で自立し、立派に機能して自らの幸せを掴んでくれる
事が出来るんであれば、例え二人の関係がぎこちなくなってしまっても、
たとえあーちゃんが俺の事を憎み嫌ったとしても構わない。俺はあーちゃん
の幸せが一番のゴールなのだから。」


って。

これを聞き、ちょっとびっくりしてしまいました。


(パパはもっともっと長〜い目であーちゃんの事を考えているんだ。
子供に好かれたい、よく思われたいという自らの感情は二の次で、本当に
あーちゃんにとって大切な事にフォーカスし、それを遂行しようとして
いるんだ。)

と、いかにもミリタリーに所属していたパパならではの哲学というか、
やり方というか...


パパの”怒鳴ってストレスを与えて、それに敏感に反応させる”という
指導法自体はもちろん今でも賛成できませんが、私が自分自身の指導法
を信じて実行するのと同じように、パパはパパで自らのスタイルが”効果的”
だと信じているわけで、(実際パパによると”男の世界”は”女の世界”と違い、
”男”のあーちゃんには”男の指導法”が必要だと主張するんですが...)
私の見解から全てを見て、パパにそれを押し付けようとする私自身もどう
なんだろう?と思ってしまったのでした。


もしかして。 もしかして、今すぐには結果はみえないけれども、最終的
にみてパパの指導スタイルの方が、あーちゃんにとって効果的だったと
したならば?


やっぱり私は物事を”短期的”に、そして”感情的”にしか見ていないの
かな〜? などと考えさせられたのであります。


そして私とパパのあーちゃんへの接し方の大きな違いというのに気が
ついたのですが、私のやり方が、まだまだ対処して行かなくてはいけない
あーちゃんの”障害”の部分を考慮した指導スタイルである反面、パパは
ほとんどの場合あーちゃんを”定型児”と見なした指導スタイルである
という事で、その辺の見方の違いからくるところも大きいと思います。


”社会は一個人の為に適応してくれない。個人が社会に適応していかない
といけないんだ!”



と言う、実際「自閉症の診断」を持ち、未だにかなり色んな課題を抱えて
いる子に対してはかなりの高い期待度で、”荒療治”過ぎるのではないか?
と思ったりするのですが、パパの方法が将来的にプラスとでるか、マイナス
とでるかは正直言って今のところ私には分かりません。


でも、パパが「自分は嫌われてもいい。あーちゃんさえ立派に成長して
くれさえすれば。」
と、それだけの覚悟ができているのであれば、私も
なるべくパパのやり方を批判したり、否定したりしないようにしようと
心に決めました。


(でもあーちゃんの感情的なフォローはきちんとしたいと思いますが。)

母親と父親とでは、同じ子供を思う気持ちも時には別の形となって
表れるものなのかも? などと思ったりしたのでした。


でも、パパのあーちゃんを想う気持ちは純粋で本物という事には変わり
はないんですよね。


あーちゃんが私達のもとにやってきたすぐその瞬間から、パパはあーちゃん
の一番のプロテクターでした。


f0238562_39225.jpg



今はあーちゃんもパパの小言を”鬱陶しい”としか思えないかもしれない
けれど、将来パパの気持ちが必ずあーちゃんに伝わる事を願っています。


f0238562_3112724.jpg




いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ぽちっ
をいただけたら更新の励みになります!
 ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-10-28 03:29 | あーちゃんのパパ

たこはどうしょうか?

少し前、サンフランシスコのジャパンタウン内にある日本食スーパーに
行った時、冷凍のたこ焼きを見つけ、あーちゃんにトライさせてみよう
と購入しました。


初めて口にする物に対してはものすごく警戒心013.gifが強いあーちゃん
ですが、たこ焼きの材料を一から一まできちんと説明したら、驚いた
事に結構抵抗なしに口に入れてくれました!


そしてなんと! 

たこ焼きの味がどうもぐっとツボをついたようで、(さすが3/4は日本人)
えらく気に入って、それ以来何度もリクエストしてき、袋の中はわずか
あと3個だけになってしまいました。


f0238562_9532161.jpg
  
               

偏食魔が新しい食べ物を気に入る事はごく珍しい事なので、有頂天
になってしまった母は、ついアマゾンでたこ焼きメーカーとひっくり
返すツールを購入!012.gif


f0238562_9545798.jpg



それはいいのですが、その後、中に入れるたこはどこで手に入れるか
と言う重要な事に気がつきました。


カリフォルニアのベイエリアとかと違い、この辺のスーパーマーケット
にはたこなんか売ってないし、昨日もリノにあるオリエンタルマーケット
に行ってみたけど、タコはみつかりませんでした。(涙)


何だか又すぐに興奮したら後先考えずに突っ走るくせがでてしまった!


どうしてもタコが見つからなかったら、中に海老とかチーズとか入れて
オリジナル〇〇やきでも開発するか? (苦笑)

は〜、やれやれ。042.gif


いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ぽちっ
をいただけたら更新の励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-10-27 10:06 | あーちゃんのママ

3連休でも課題に追われて暇なし

本日はNevada Dayで、あーちゃんの学校はお休みであります。

この”Nevada Day”ってなんじゃろ?と思ってぐぐってみたのですが、
Wikipediaによると、

"Nevada Day commemorates the admission of the state
of Nevada into the union on October 31, 1864. "


という事で、どうやらこの日は1864年10月31日に、ネバダが
合衆国36番目の州に昇格したのを祝う州の祝日のようです。


カリフォルニアにも同じ州昇格を祝うAdmission Day"という日がある
けど、学校は休みじゃなかったような。013.gif


アメリカは州によって法律とか定めが違うから、祝日も州によるって
事なんでしょうね。


金曜日の今日がネバダデーなんで、今週末は3連休という事で、あ〜
又もやあーちゃんは、学校からどっちゃりと課題を持ち
帰ってきました。


特に社会科からの課題は、内容自体はそれほど込み入ってはいないの
ですが、あーちゃんの言葉を借りると、とにかくtime-consuming" 059.gif
(時間がかかってしまう)らしいので、どうやらこの3連休もほとんど
家にいて、これらのプロジェクトに時間を費やす事になりそうです。


夕べもあーちゃんは週末の前夜と言うのに、学校から帰って来てから
と言うもの日々のリーディングの課題を済ませ、それから直ちにこの
社会科の課題にとりかかってました。


(何だか今ではこれがルーティン化したみたいで、最近では結構文句
も言わず、自ら宿題や課題を取り組んでいます。あーちゃんの場合、
何でも習慣付けにしてしまうと、扱いが楽って感じ!049.gif


出された社会科(アメリカ史)の課題と言うのが、アメリカ植民地時代
の13の植民地それぞれの情報をまとめたレポートなのですが、この中には
各植民地の地図や開拓者の画像なども含めないといけない為、マイクロ
ソフトワードでググった画像を切ったり、貼ったり、動かしたりしながら
作成しないといけないので、とにかく本当に時間を食ってしまう作業で
あります。



          「13 Colonies Project」と題した課題に忙しいあーちゃん

f0238562_44182.jpg


f0238562_444664.jpg


                 
           まずは最初はデラウェア植民地で、こんな感じであります。

f0238562_4122269.jpg


こういうのを13もやらないといけない! (汗)

そして提出日は来週の水曜日と来た!

課題はこれだけじゃなく、その他Englishや科学などもかなりヘビー
なものが出されているので、とにかくパニック状態にならず、一つ
ずつクリアーしていく事が大切となって来ます。


でもこういった絵や文字を含んだレポートを作成するのは結構嫌いでは
なさそうなあーちゃん、なんだかハマって真剣にやってるみたいなので、
意外と早く終わらせられるかも?


f0238562_4193858.jpg


それにしても...この上着とズボンの色のコーディネートは何なんだ?013.gif


”選択出来ない男”であるあーちゃんは、少し前までクローゼットの中から
自分が着る服を選べなくて、いつも”ママ〜、どの服を着たらいいの〜?”
と私に助けを求めていたのですが、今では結果がどうなろうが自分で選ば
せているので、たまにこんなとんでもないカラーコーディネートになって
しまうようです...(汗)


どうやらあーちゃんにはファッションセンスはなさそうです。(笑)


とりあえずこの3連休は、基本的には課題で忙しくなるとは思いますが、
それでも気分転換にちょこちょこと外の空気を吸いに出かける予定は
立てています。


何事もバランスが大切ですもんね。




いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ぽちっ
をいただけたら更新の励みになります!
 ↓  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-10-27 04:37 | 教育/学習

幾何学のクラスについてのUpdate

学院長の衝撃的(大袈裟って?)な電話から丁度1週間が経ちました。

その件についての詳細はコチラの記事を。


昨日の時点では、何とかとりあえず今まで通り高校幾何学のクラスに
在留できているみたいなので、今のところは一安心しています。


(ただ、その後学院長から正式に”これからもこのクラスを受けてよい”
という報告を受けてないので、その辺が少し心配ですが。)


あーちゃんはとにかくこのクラスをとても楽しんでいるようで、
(本人曰く、”代数は簡単過ぎてやはり退屈”らしい。)特に最近では
クラスメートの子達があーちゃんに学習の助けを求めて来るらしく、
もちろん”教える事が大好き”なあーちゃんはそれがとても嬉しい
らしく、ちょっとした”先生気取り”027.gifな気分であります。


クラスメートと言っても相手は15才の高校生達なんですが、中には
High school Geometry(高校幾何学)で必要となる代数の分野を
完全にマスターしてない子達もチラホラいたりして、今のところは全て
楽にこなしていってるあーちゃんにヘルプを求めているみたいです。


数学に関しては少々せっかちなあーちゃんなので、(最初の頃は自分が
いとも簡単に理解出来る事が、他人はどうして苦労しているかと言う事
がイマイチぴんとこず、私がトロトロしていると短気になっていた。)
他の子達に指導する際、気短になって失礼な言い方をしているんでは?
と心配しましたが、あーちゃんは、


「人にはそれぞれ理解のペースがあるっていう事はちゃんとわかってる
から、人に指導する時は気長に辛抱強くなれるんだ!」



って、嬉しそうに話してました。


あーちゃんは小学校の頃からクラスメートに算数を教えたりしてた
みたいで、4年生の時、7年生のクラスで代数を取っている時なども、
たまに学年別行事の関係で代数の授業がキャンセルになったりしたの
ですが、そんな時は通常のクラスで先生のアシスタントとなって、
クラスの子に指導をしていたみたいです。

(もちろん、先生の承認ずみで。)


年々社交性も少しずつは向上して行ってますが、未だに”社交的”と言い難い
あーちゃんも、人に算数/数学を教えている時はとても活き活きとし、人
とのやりとりや交流が活発になるようです。


こういう、スペクトラムっ子達の”得意分野””興味関心分野”は、うまく
利用すれば、仲間との交流を深めたり、仲間意識、協調性、共感性などを
育成したり、ソーシャルルールを学んだり、と言った社会的状況に触れる
チャンスを増やし、社会性スキルを向上させる効果的なツールとしても
役立つのではないかと思います。



そして仲間達からは、「おお〜、あいつこんな事も知ってるのか〜!
すごいな〜」と、尊敬の念なども得られ、普段は凹の部分にフォーカス
され、周りから結構ネガティブな言葉を聞きがちな発達凸凹キッズに
とっては、こういったポジティヴな言葉や雰囲気にさらされる事が、
ヘルシーなセルフエスティームの発達の為にもとても重要だと思います。


こういった子供達の”こだわり””固執””何の為にもならないただの
自閉症の特徴だ”
、と軽く見たり無視するのではなく、使いようによって
は思わぬ効果的な療育のツールとしても利用でき、ポジティブな結果を
もたらす場合も結構あるんですよね。


こういった特徴とかも、学校の先生や支援関係者達の力量によって、
”生かすか殺すか”が決まって来ると言っても過言じゃないと思います。


ちょっと話がそれてしまいましたが...

幾何学のクラスに話をもどしましてと、


最初の頃は年上の子達に囲まれて、ちょっと緊張気味だった様子の
あーちゃんですが、今ではかなりリラックスした雰囲気でクラスの子
達との交流を楽しんでいるみたいです。


こういうのを聞くと、ますます

(これは何としてでもあーちゃんをこのクラスにとどめさせねば!)009.gif

と気合いが入ってしまいます。く( ̄Д ̄)ノ よっしゃー!

まあ、私がいくら気張ったところで、どうしょうもならない事もある
のも確かですが。


このまま何の変化もなく、最後までこのクラスにいられる事を願ってます!

6才の時のハロウィーンでは、憧れの「数学の教授」になったのですが、
Trick or Treatに出かけた先では、「う〜ん、何?ビジネスマン?」
とか言われ、「違うよ! 数学の教授だよ〜!」って一回一回説明
しなければいけなかったという思い出が...(笑)


f0238562_3284065.jpg


              
                   ”プロフェッサーあーちゃん”
                   将来の夢が叶うといいね〜。

f0238562_3311976.jpg





いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ぽちっ
をいただけたら更新の励みになります!
 ↓  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-10-26 03:34 | Math(数学)

Memories: この頃からすでにゲーム好き?

パパが読んでいるPlayStation Magazineというゲームの雑誌を
興味深そうに覗き込む生後3ヶ月のあーちゃん。


f0238562_924330.jpg



この頃からすでにゲーム好きだった?

(この頃からすでにハイパーレクシア気味で、活字に興味があった
 のかもしれませんが。笑)



いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ぽちっ
をいただけたら更新の励みになります!
 ↓  ↓

”僕に刺されたくなかったらポチしてください!”
(って、脅してどうするか?ですよね。)
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-10-25 09:20 | Memories

これなら納得!

少し前の記事で紹介した、オタク時計の4時の位置に表示してあった”log(55)”
という表現に対してもう一つ納得がいかず、(詳しくはコチラの過去記事へ
「オタクの部屋に欲しいグッズの数々」自分自身でも色々とネットで
リサーチしていたみたいなあーちゃん。

先日、どうやら ”これなら納得がいく!” 045.gif
というバージョンを見つけたようで、喉につかえていた物がとれてスッキリ
したという感じでした。


           あーちゃんがどうもスッキリしなかった”オタク時計”がこちら。

f0238562_331098.jpg


4時の位置にlog(55)と表示されていて、log(55)=4を意味するようで、logは
底によって数値が変わってくるのですが、(底が10、e、又は2など、)
ブロ友のあおさんが指摘してくださった通り、通常数学関係においては、
log(x)と書かれていると、数学者はほとんどが底をeとする”自然対数”
見なすらしいのですが、全てにおいて細かい事にこだわるあーちゃんは、
底をeとするなら、きっちりと(ISO)国際標準化機構が薦める”ln(x)”という
書き方に従わないと気がすまないという事らしいんですよね。


そんな“細かい”あーちゃんが見つけた”神経質な人達バージョン”(?)と
でも言えそうなオタク時計がコチラであります。

            
               その名も、「Sheldon Cooper's clock」

f0238562_3175111.jpg


そうです! 私の大好きな番組、"The Big Bang Theory"
Sheldon Cooperの時計だそうです。


f0238562_3304764.jpg



4時のところが "ln(e4)" となっていて、e=2.71828182846ですので、
e4=54.5981500331という事でほぼ55と見なし、ln(55)=4.00733318523
となり、ほぼ、という事なのでしょうか。

シェルドンは、mathematician(数学者)ではなく、 theoretical physicist
(理論物理学者)なので、log(x)(底が10)ln(x)(底がe)をはっきり
と区別したいのかも?

いや〜、あーちゃん同様、シェルドンもかなり細かいですからね〜。(笑)

とりあえずこちらのバージョンを見たあーちゃんは、


「これなら納得できる!」045.gif


と満足したのでした。

(それにしても、私はこの時計に表示されている式のほとんどの意味
がわからなかったのですが、あーちゃんが一つ一つ全部きちんと説明
してくれたので最終的には理解出来ました。あーちゃん、ありがとう。
将来はいい先生になれそうね!)

*訂正

上記の”e=2.71828182846ですので、e4=54.5981500331という事で
ほぼ55と見なし、ln(55)=4.00733318523となり、ほぼ、という事
なのでしょうか。
”という部分は私が勝手に思い込んでいただけで、
あーちゃんに、”大体の数字ではなく”きっちりと4”でなくて納得出来る?
と聞くと、あーちゃんは、”ln(e4)=きっちり4だよ!
”ln ”is by definition, 何たらかんたら〜、 inverse property何たらかんたら...”
と下記のように説明してくれました。

ln(e)=1
ln(e4)=
4・ln(e)=
4・1=4


と言う事らしいのですが、これを聞き私の方は余計にわからなくなって
しまいました。(汗)

確かに計算機にln(e^4)と入力すると、答えは4とでてきました!
(あーちゃんに^って何?と聞くと、"exponent"(指数)だそうで。
そんなもん知らなくて...苦笑)

あ〜、これで又わからなくなったんで、やっぱり私は諦めます。

まあ、あーちゃんが納得しているからええか!

しかし、やっぱり数学はようわからん。(汗)




いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ぽちっ
をいただけたら更新の励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓
(将来の数学教授にどうぞ一票(ポチッ)をよろしくお願いします。笑)

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-10-25 04:19 | Math(数学)

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧