<   2012年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧

キッズメニュー

料理をするのがあまり得意でない私の為に、我が家では結構ちょく
ちょく外食をします。

(といっても安い,うまいの庶民的な店に限ってきますが。)

そしていつも店内の席に着き、メニューを手にすると決まって
あーちゃんはまず”キッズメニュー”をチェックします。

f0238562_11275861.jpg



と言っても最近では食べる量もかなり増え、一般のアメリカの
子供達が好きそうなものばかり載ってあるキッズメニューからは
本人はほどんど注文しないですが、あーちゃんはいつもどの店でも
決まってこのキッズメニューをチェックするのです。

メニューの中にはこんな感じで”FOR KIDS 12 AND UNDER”って
きちんと”年齢制限”が表示されているものがあるのですが...

f0238562_11232156.jpg


中にはこのように年齢が表示されていないものもあったりして...

f0238562_1132367.jpg


”完璧である事”"正確である事”といった部分に大きなこだわりがある
あーちゃんにとって、こういうきっちりとした表示がないメニュー
はとてつもなく耐え難きもの 021.gifであるようです。
いつも、

「この店では”キッズ”の定義は何なんだ? 法的に言えばアメリカだと
多くの州では18歳までが未成年だし、一般に”キッズ”って言ってもどの
年齢層を示しているのかは状況によるだろうしあれこれ云々〜〜〜」

って感じで1人でぶつくさ文句を言ってるんです。025.gif

自分はそれからオーダーしないんだから別にどうでもいいんじゃ?
と思うんですけど、挙げ句の果てにはオーダーをとりにやってきた
ウエイトレスをとめ、

Excuse me! 034.gif このキッズメニューには適応する子供の年齢が
記されてないんですけど、具体的には何歳までならここから注文
できるんですか?」

って聞いたりするじゃありませんか!

以前はこういった社会的状況においてはいつも私に頼ってばかりで、
「ママ、ウエイトレスに尋ねてよ!」なんて言ってたのに、最近では
こんな風に自ら率先して他人ときちんとコミュニケーションをとろう
としている姿をみると、何だかあーちゃんも随分成長したもんだな〜
と心で微笑んでしまいます。

(普通だと11歳にもなれば当たり前なんですけどね。)

で、ウエイトレスはあーちゃんの質問に対してあーちゃんを見ながら
(まだ子供だと察し)よく、

「そこからオーダーしても大丈夫よ!」

と言うのですが、

あーちゃんにしてみると、

(僕が尋ねた答えになってない! 僕はオーダーできるかどうかを
聞いたんじゃなくて、キッズメニューの年齢制限を聞いたのに!)



というワケなんですよ。

ウェイトレスがあーちゃんの質問から推測してだした答え(この子
はキッズメニューを注文したくて年齢制限を聞いている)というのは
あーちゃんにしてみれば”余計な憶測”で、あーちゃんとしては
自分の質問に対する“的確な応答”を望んでいたのでちょっとイラ
とくるんでしょうね。

こういった定型とスペクトラムの人との間の何気ないやりとりの
中にも、ちょっとした”感じ方、視点の違い”などから
コミュニーケーションのすれ違いが起こるんでしょうね。

何だか観察してて面白いな〜と思いました。

それにしても最近のあーちゃんは自主性、積極性なども少しずつながら
も培われていってるみたいでちょっぴり嬉しくなります。


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-06-30 12:13 | あーちゃんのこだわり/OCD

最近なんだか男臭い我が家

うちのパパは去年の5月に少し早めの退職をして、今は時間に束縛
される事なく、毎日好きな事して自由気ままに過ごしてます。

(うらやまし〜〜〜!)

退職直後はちょっと気持ち的に気負いすぎちゃって、私のテリトリー
であった、”あーちゃんの教育”のエリアにしゃしゃりでて、二人の間
でちょっとした”縄張り争い”が起こった時期がありましたが、最近では
以前のように、私があーちゃんの自宅学習の指導、監督などを担当し、
パパがエクセサイズやレクリエーションなどの“楽しい活動”などの
担当という各自の役割分担に落ち着いたようです。

あーちゃんも11歳と言う事で、ここ最近ではそれらの”楽しい活動”
も、何やら”男の子っぽい遊び”が増えて来たような...

この間も二人でうちの近くの丘に登り、アーチェリーに挑戦したり...

f0238562_10135839.jpg

f0238562_10143776.jpg

f0238562_1015335.jpg


      スリングショット(私はパチンコって呼んでましたが)をやったり...

f0238562_1020034.jpg


           ターゲットのアルミの缶が小さ過ぎて見えない!

f0238562_10225651.jpg


こういうアクティビティは手の圧力が弱く、手先の微妙な動きが苦手
なあーちゃんにとってはプラスだと思うのでいい事なのですが、
先日なんと二人で地元のスポーツ/アウトドアショップに出かけ、
こんなものを買って来たではありませんか!

                 BB gun(BB弾)

f0238562_10304763.jpg


「え〜、いくらレクリエーション用といっても、まだ11歳の子に
こんなもの持たせるのって危なくない〜?」008.gif

と言う私の心配をよそに、パパは

「自分はあーちゃんよりずっと小さい頃からこれで遊んでた!」

って言うんですけどね〜。

どんくさいあーちゃんなんですごく心配。

           二人が行った地元のアウトドアショップ

f0238562_10364932.jpg


                だだっ広い店内だな〜。

f0238562_10374158.jpg


なんと、店内には「ここはスミソニアンか?」と思わせる(そんな大袈裟
なもんではないが)野生の動物たちのディスプレーがありました!

f0238562_10412081.jpg


ライオンがあーちゃんに向かって、「このシマウマは俺んだ!あっちいけ!」
って言ってるみたい。(笑)

f0238562_10421189.jpg


f0238562_10452474.jpg


      ただで動物の展示が見れて得した気分になるのはせこい私だけ?

f0238562_1046868.jpg


           ガンライブラリーって。さすがアメリカって感じ。
          (ここにいりびたっていても賢くなりませんよね。笑)

f0238562_5172079.jpg


               さあ、帰って試してみるとするか!

f0238562_10481357.jpg


と言う事であーちゃんとパパは早速裏庭でBB gunをトライ!

f0238562_10514246.jpg


パパは以前郡の保安部に勤めていて、銃は手慣れたものなんで、
あーちゃんに撃ち方を指導しています。

(アーミーでは武器の取り扱い専門の部門にも所属してたらしいし。)

f0238562_1056204.jpg

f0238562_10565371.jpg

f0238562_1115219.jpg


         お〜あーちゃん、なかなかきまってるじゃない〜?

       (ちょっとスナイパーみたいで怖かったりして。008.gif

f0238562_1111576.jpg


        そして腕前も初めてにしては決して悪くないじゃない?

f0238562_1144613.jpg


こういう姿をみると、(あーちゃんも随分男の子っぽくなったもの
だな〜)とその成長を喜ぶ反面、いつも”ママ、ママ”と私の側を
離れず、”ママじゃないとダメだ〜!”と私を必要としていた小さな頃
が懐かしく思え、何だかちょっと悲しい気持ちにもなります。

     「ママはどこ? ママがいい〜!」とママっ子盛りだった頃。

f0238562_11205886.jpg


これからはパパと二人だけの”男同士の時間”もどんどん増えて行き、
ママは寂しくなるだろうな〜。007.gif

あ〜、やっぱ女の子も生んどけばよかったかな〜?、なんて思う
最近の私です。


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-06-29 11:22 | 日々の出来事

SATスコアレポートの分析

昨日いつものように郵便受けを覗くと、予期してなかったものが
入っていてびっくり!

暫く待たないといけないだろうな〜と思っていた公式のSAT
Student Score Reportがもう郵送されて来ていたのです!

College Boardのカスタマーサービスの人の話では結果発表
の日(6/21)から少なくとも2~4週間はかかると言っていたので。)

各科目の数値は結果発表の当日直接College Boardに電話をして
聞いていたのでわかっていたのですが、スコアについてのその他
の詳しい情報が得られるだろうと期待してイソイソと封筒を開けた
のですが...

f0238562_935329.jpg


へっ? こんだけ???021.gif

スコアレポートといっても、各セクションの数値と全国、州における
ランキング(パーセンタイル)と言った、ごく基本的な情報のみ!


f0238562_9412170.jpg


スコア表の下に、ごく簡単に2011年の高校3年生の平均スコアが
書かれてありましたが。

f0238562_947462.jpg


こうして見ると、アメリカの高校3年生のSAT平均値って、あまり
大した事ないんだな〜。

っていってもこれはあくまでも全ての数値を”平均”したものなんで、
学区の教育水準や、個人の教育環境に大きな差があるアメリカでは
多分SATの数値にも大きな差があるんだろうな〜なんて思ったり。

上のスコア表からはあーちゃんがどの分野の問題を間違ったか、
と言った詳しい情報は得られないのですが、各セクションのスコア
(数値)から各問題に対してどのくらい間違っているか、と言った
事などがかなり推測できました。

College Boardから出版されているこの問題集のスコア換算表を
参考にしてみたところ...

f0238562_10322076.jpg


数学の710というスコアをとる為には49というraw scoreが必要で、
数学のセクション全54問のうちこの49というスコアをとるには、
1問不正解ごとの0.25ポイントの減点を含め、54問中4問間違った
という計算になります。

(54(全問題数)–4(実際に間違った数)–(4x0.25)(減点)=49)

f0238562_1094364.jpg

まあ、減点の対象とならない”書き込み式”の問題も10問あります
ので、ざっと推定してみて今回あーちゃんは数学においては54問中
4~5問間違ったとみるのが妥当だと思います。

こうして見ると、11歳で高校生レベルの数学の問題54問中、4〜5問
しか間違わなかったというのは、初めての試みにしては上出来きでは
ないかと思います。

又、ライティングのセクションもはっきりしたraw scoreがわかり、
同じくスコア換算表を参考にし、具体的な情報が掴めました。

f0238562_10345175.jpg


f0238562_10353461.jpg


あーちゃんがスコアを見るのを楽しみにしていたエッセイ(25分間
の小論文)のセクションも、1-12という範囲の中、6というスコア
が得られていて、本人はまずまず満足していた様子でした。

Multiple Choice(多肢選択式)の数値64を参考に減点も含めて
計算すると、ライティング全問題数49問中、42問正解と言う事で
7問しか間違わなかった事になります!

数学がいい数値がでるのはある程度予想していた事ですが、
ライティング(といっても文法や技巧がほとんどですが)の
セクションが期待以上に良く出来ていたのにはびっくりしました。

(そして小論文も! 出題されたテーマが高校生レベルで結構
難しいのであーちゃんには”とりあえず何でも書いておけ!”と
言っておいたくらいなので、中間のスコアにはびっくりしました!)

と、これらのセクションは思わぬ好結果に本人も私達も満足している
のですが、やはり問題はCritical Readingのセクションなんですよね〜。

リーディングにおいては細かく割り出してませんが、あーちゃん
の言うところでは、多分半分くらいしか正解してないらしいです。

これがやはりあーちゃんにとって大きなネックとなってる部分
で、今回数学においては余裕でデイビソンアカデミーの応募基準
である660に達しているものの、リーディングの方が460という
数値ではかなりデイビソンの基準を下回り、”数学だけできても
学習に大変重要な要素であるリーディングがこれだけ弱ければ、
デイビソンの授業にはついていけないだろう!”
って言われるのは
目に見えています。

(実際去年の入学アセスメントでもそのような結果報告でしたので。)

もし来年度デイビソンに入学を目指すのであれば、この先リーディング
のスコアを大幅に向上する必要があると考えています。

(最低でも550は欲しい!)

と言うわけで、どうやらこの分野がこれからのあーちゃんの大きな
課題になりそうです。

まあ、でも今回の受験は締め切り前の咄嗟に決めたもので、ろくに
試験準備する暇もなかった事もありますし、これから少し受験勉強
をしていけば、次回はもっとスコアも向上するのでは?と期待して
います。

デイビソンアカデミーに再応募するかどうかもまだはっきりと
決めたわけではありませんが、とりあえずある程度のスコアだけ
は確保しておいた方がいいですもんね。

現在の学校もあーちゃんに合っていて今は満足していますが、これから
先はどうなるかわかりませんし。

あーちゃんの教育環境に関してはまだまだ落ち着いてない状態で、
いつも常に模索の状態であります。

あ〜、早く落ち着いてくれたらいいんだけど。

         デイビソンアカデミー、来年は行けるかな? それとも...

f0238562_1119257.jpg


とりあえず今回の受験はあーちゃん、よくがんばりました。



いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-06-28 11:23 | 目指せデイビソンアカデミー

久々の絵単語の宿題:「crystallize」

あーちゃんがまだカリフォルニアの公立小学校に通っていた4年生
の頃、「絵単語」(Picture Vocabulary)と言って、与えられた
単語を調べ、その意味や定義を絵で描いて表現するという宿題が
ありました。

絵が苦手なあーちゃんは、いつもこの宿題がある時は長い間
かかって、七転八倒しながら仕上げてました。

f0238562_91948.jpg


この出題される単語というのが、目に見える”物”などの名詞
だと結構描きやすいのですが、抽象名詞とか動詞、形容詞とか
となると結構絵で表現するのが難しいんですよね。

実際”目に見える物体”を描くのもなかなかうまく出来なかった
あーちゃんですので、”hope ”(希望)とか” expectation”(期待)
と言ったような具体的に”目に見えない”抽象的な概念を絵で表現
する事は、それはそれは至難の業でした。


記憶力が良く単語のスペリングとか意味とかはすぐに覚えてしまう
あーちゃんなので、私自身、一つの単語をマスターする為に
わざわざ長い時間を費やし、フラストレーションを生み出だして
しまうこの宿題は"時間の無駄”のように思え、正直言ってあまり
好きではありませんでした。050.gif 021.gif

でも今考えてみると、こういう宿題でも出されない限りあーちゃん
自らが絵を描くという事はしなかっただろうし、苦手な分野の活動
にも、イラつきながらも努力して何とか課題を済ませるという
いい”精神的な鍛錬”になったのではないかと思います。

そういった意味ではこの宿題は”絵のスキル向上”というよりも
”精神的な発達”の面で少しは役に立ったかな?という感じ。


この絵は単語、「crystallize」の意味を絵で表現したものです。

f0238562_9102110.jpg


crystallizeー〈思想・計画などを〉具体化する

と言う事で、どうやら”日本旅行の計画”が具体化し、エアポート
へ向かっている最中の絵のようです。

ちゃんと飛行機に747と番号が描かれているところが細かくて
いかにもあーちゃんらしい!037.gif

(多分これはボーイング747の飛行機なんでしょう。)

あーちゃんの絵単語の宿題は、どんな時でも私の顔に大きな笑顔
(時には腹を抱えて笑う大爆笑)をもたらしてくれる私の宝物です。

一生大事にしまっておこうと思ってます。

ちなみに以前ブログで紹介した「絵単語の宿題」の記事をリンクして
おきます。

皆さんの顔にも笑顔をもたらすのは間違いなし!だと思います。006.gif

あーちゃんの絵単語の宿題リンク集

★絵で説明する単語の宿題

★大爆笑!絵単語の宿題を発見しました!

★またもや出ました絵単語の宿題!

★ポリティカル・コレクトネス(PC)にこだわった絵単語の宿題

★絵単語の宿題「xylophone(木琴)」

★絵単語の宿題:「drowsiness」

★絵単語の宿題:「questionnaire」



いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-06-27 10:08 | あーちゃんの作品

学習前に近所をお散歩

いつもはお昼ご飯の後日々の家庭学習を始めるあーちゃんですが、
今日は初夏にしては涼しくて、風が心地よくとってもいいお天気
だったので、学習前に二人で近所に散歩に出かけました。

近所って言っても家の付近はリノでもダウンタウン辺りと違って、
山や丘の地域を開拓して出来た新興住宅地ですので、とにかく登り
下りの坂道が多くって、その辺をちょっと歩くだけでゼイゼイ
息切れするんですよ〜。042.gif

だからすごくいい運動になります。

f0238562_10592516.jpg


f0238562_1141157.jpg


歩いているとご近所の前庭に大きなラベンダーブッシュを見つけ、
香りを嗅ごうとするあーちゃん。

               すごくいい香りでした〜!

f0238562_1185966.jpg


                 「あ〜しんど〜。」

f0238562_11104220.jpg

f0238562_1112075.jpg


              あんな山のてっぺんにも家々が。

f0238562_11145271.jpg


        あんな大きな窓から見る山の景色は素敵だろうな〜。

f0238562_11181243.jpg


f0238562_11222469.jpg

夏の景色はイマイチですが、(枯れ果てたドライな黄土色一色)
冬の雪が覆った山々の景色は最高なんですよ。

f0238562_1112572.jpg


この辺りはいつもあーちゃんが学校へ行く時車で通るのですが、
この曲がったサインを見るたびに、「いい加減ちゃんとまっすぐ
に直して欲しい!!!」
と文句を言ってたあーちゃん。

(曲がった物をみたら直したくて仕方がないOCD

              まだそのままなんで呆れてます。

f0238562_11312285.jpg


              そしてこちらが地元の小学校。

f0238562_1121399.jpg


小学校のすぐ側にある公園で一休みする事にしました。

f0238562_1125171.jpg

f0238562_11261286.jpg

f0238562_11333029.jpg


こんな物を発見しました!

              どうやらこれはシーソーのようです。

f0238562_1136182.jpg


これなら小さい子でも安心して遊べそうなデザインですよね。

と言う事で私達も挑戦してみました。

         (シーソーに乗りながら片手であーちゃんを激写する私。)

f0238562_11384752.jpg


帰りの際こんなサインを見つけ、あーちゃん、「お〜の〜、僕たち
5歳以上だからこの公園で遊んじゃいけなかったのに〜!」って。

f0238562_11432566.jpg


相変わらずルールはきっちりと守らないと気がすまないようです。

さて、帰途につくとしましょうか。

f0238562_1145775.jpg


            なぜか交差点の角にこんな噴水があったり。

f0238562_1147952.jpg


帰りは下り坂がほとんどだったので楽でしたが、往復1時間以上
歩いたのでとてもいい運動になりました。

f0238562_1150472.jpg


エクセサイズで脳に酸素と血液が十分に行き渡った事ですので、
この後の学習もはかどるんじゃないかな?

ちなみに昨日の時点でThinkwellHigh School Geometry のコース
を無事全て終了したあーちゃんは、本日よりいよいよPre-Calculus
(微分積分入門)のコースを開始します!

f0238562_1234623.jpg


これからも更に頑張れ〜!049.gif


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-06-26 11:58 | 日々の出来事

夏休みの学習プラン(Science)

早いもので、あーちゃんの夏休みが始まってもう1ヶ月が経って
しまいました。

なんやかんや言ってもあっという間と言う感じです。

夏休みの自宅学習の方もなかなかいい調子で進んでいます。

いつも午前中はちょっとのんびりリラックスして、本を読んだり
ネットでリサーチしたりと、結構独自の学習をしたりしてます。

現在あーちゃんが読んでいる本。

           The Demon in the Teahouse (The Samurai Mysteries)

f0238562_1153684.jpg


このThe Samurai Mysteriesのシリーズ、実はあの、大岡越前として
有名な大岡 忠相をもとに書かれたミステリーのシリーズなんです!

”When several geishas are murdered and fires are set in the
Yoshiwara district of Edo, Judge Ooka knows he must act quickly.
Based on a real character in 18th-century Japan who was known for
his reasoning and his ability to solve crimes....”

って、18世紀(江戸時代)の日本を舞台に繰り広げられる
ミステリー小説であります!

日本の歴史的背景を垣間みるのにも役に立ちそうなシリーズですね。

           あーちゃんは“面白い!”と言って読んでます。

f0238562_11202328.jpg


そしてランチを食べた後、毎日の学習が始まります。

基本的には数学の学習を重点においているのですが、英語の学習
と共に、最近では少しずつ科学のほうも取り組み始めました。

4年生まで公立の小学校に通っていたあーちゃんですが、その学校
はあまり科学の授業に力を入れていなくて、もう4年生だというのに
基礎的な事も十分できてない状態でした。

でもホームスクールを始めてからの1年半、いくつかのオンライン
コースをやったり、その他の教材を使い、6年生で何とか通常の
公立学校で組み込まれている6年生~8年生レベルのカリキュラムを
終了させ、学年レベルに追いつくだけでなく、それ以上のアドバンス
レベルの内容まで習得する事ができたのでした。

(6年生学年末の科学の学力テストでは、学年にて上位1%以上、高校
2年生でも上位7%といいう結果が見られ、とりあえず安心しました。)

詳しくはこちらの過去記事へ。

「MAPテストの結果(科学、英語)」

これらの実績は、はっきりいってホームスクールをやっていた時に
利用していた科学のオンラインコース、PLATO Learningの成果
の表れだと思います。

(科学の学習に関しては、私自身は補佐的な指導しかしてません
でしたので。)

そこで、夏休み中もあーちゃんにとってとても効果的だったこの
コースを続けて利用させる事にしました。

f0238562_11421985.jpg


6~8年生で取得する科学の分野、Life Science, Earth & Space
そして、Physical Scienceは終了しましたので、この夏休み中は
高校レベルのBIOLOGY(生物学)とCHEMISTRY(化学)のコース
をとっています。

7年生になると苦手なリーディングとかもっと高度なレベルに
なってそちらの学習にエネルギーを使いそうだから、得意分野
はどんどん先取り学習して、余裕を持たせときたいなと思いまして。


      Genetics(遺伝子学)の分野で DNAについて学んでいるところ。

f0238562_1150202.jpg


f0238562_11512967.jpg


理数系には強いあーちゃん、さすがにコンセプトを理解するのも
早いし、それらの応用も難なく利かせる事が出来ている様子。

(どうして社会的な事には応用が利かないの?と不思議ですが。)015.gif

そう言えば小さい頃から科学的な事に関してはとっても”観察力”
に優れていて、5~6歳の頃、従姉妹のAちゃんはブルーの目なのに
自分はどうして黒いのか? って聞いて来たのでごく簡単な遺伝
の話をして聞かせると、”じゃあ、どうしてAちゃんのママの目は
茶色なの?”って事になり、わざわざ劣性遺伝の話までしなくては
いけなくなったのですが、当時ですでにその概念を把握し、私の
血液型の質問にもちゃんと応用して正しく答えられたのにはびっくり
しました!

(アメリカ人の大人でもこういうの知らない人も結構いたり
するのにね〜。)

というわけで、こんな風に大好きな科学も楽しんで学習しています。

あと2ヶ月近くある夏休みですが、毎日のルーティーンも設立し、
リラックスしながらもほどよい知的刺激活動、そして遊び活動
をエンジョイしているあーちゃんです。

おまけ

先日はなんとパパと一緒にうちの近所の山に登り、初めての
アーチェリーに挑戦したらしい!005.gif

色々といい経験だわね〜。

f0238562_12162479.jpg

f0238562_12171995.jpg


              枯れ果てたドライなネバダの山。

f0238562_1257340.jpg


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-06-25 12:19 | ホームスクール(自宅学習)

外向性と内向性の違いは脳にある

今でこそかなり根性が図太くなり、自分や家族にとって重要な事など
はずけずけと主張するようになった私ですが、(あーちゃんのニーズ
に関しては特に!)小さい頃はすごく内気で引っ込み思案でした。

小学校の頃などはクラスの男子からは”根暗、陰気くさい!”などと
からかわれ、(女子も多分陰でヒソヒソ言っていたと思う)明るく
活発で外交的なグループには絶対入れてくれそうにないタイプ
の子でした。

クラスの子達だけでなく、家でも細かい事など一切気にせず、いつも
大らかで社交的な私の母から私の性格(行動)に対して色々と文句を
言われ続けた事もあり、その当時私が感じた”内気、引っ込み思案”
という言葉の印象は、はっきり言ってあまりポジティブなものでは
ありませんでした。

どちらかと言うとかなりネガティブなイメージというか...

本来”内向的”という個人の性質、特徴を表現するはずである言葉が、
何だか”自分の本質に対しての批判”のようにも感じるようになって
いたんです。


だから一時は自分でも”明るく朗らかで外交的な子になろう!”と
決心し、クラスの”人気グループ”に近寄り、何とか仲間に入れて
もらおうと試みた時期もありました。

でも幼いながらも、そんな無理強いで不自然な試みに直ぐに自分
自身でも大きな違和感を感じ、すぐにアホらしくなりやめました。

その後、”自分らしく”していたら、数人の友達もできました。

その子達も私と同じような”内向的”なタイプだったので、やはり馬が
あったというか、”人気グループ”と接している時に感じた”自分を殺して
誰か他の人になる”という違和感、偽装による罪悪感などもなく、精神的
にもすごく自由になった気分で、幼いながらも(私はこういった種
のグループに属しているんだ。本来の自分を変える必要なんてないんだ

という事に気がついたのでした。

(まあ、でも又それも社会に出てからはもっと複雑な、新たな課題
に直面する事になり、又もや精神的に苦痛を感じる日々を経験する
事になるのですが...)

アメリカに来てからも、 Extrovert(外向的な人)が大半である
(75%)と言われているこの国では、私のような Introvert
(内向的な人)
は、色んなお誘いとかもことごとく断ったりする
ので、”人付き合い悪い”とか”楽しむ事を知らない”とか言われ続け
られたりしたものです。

でも集団のワイワイした騒がしい場所や状況が苦手な私は
ちょっとそういうところに出ただけで、精神的にも肉体的
にもエネルギーを消耗して、ど〜っと疲れてしまうんで、
自己の精神衛生のマネージメントが必要なんです。
               

でも外向的なママ友達は、そういう私の言い訳が理解出来なかった
ようで、多分心の中では(随分人好きあいが悪い人だわね〜)なんて
思われていたと思います。

そんな時、先日こちらの記事を読んで、(やっぱりね〜!)045.gifっと
1人で納得し、それと同時に何だか安心感まで感じたのでした。

10 Myths About Introverts

この記事によると、内向性や外向性と言った個人の性格の違いは
脳の生物学的違いによるものだという事らしいのです。


内向的な人は神経伝達物質であるドーパミンに対して過敏で、
あらゆる外界の刺激に敏感に反応し、ドーパミンの過剰摂取状態
になり、(ドーパミンには脳を覚醒させる作用がある)どっと
疲れてしまうらしいのです。

それに対して外向的な人はドーパミンが不足しているようで、それを
生産する為にはアドレナリンが必要だそうです。

だから外向的な人は外界にあらゆる刺激を求めるんでしょうね。

又、外向的な人の脳の”伝達回路”は短く、 脳血流量も少ない
という事らしい。

外向的な人の神経の情報伝達は大抵の場合、前頭葉に位置し、
言語の理解と産出に重要な役割がある、Broca's area(ブローカ野)
を通り越してしまうそうなんです。

この説明は詳しく書かれていなかったのですが、私自らの解釈
だと、この部分をバイパスしてしまうというのは、物事を考えずに、
衝動的な行動をとってしまうとでも示唆されているのかな?
なんて思ったり。

又、別の文献では内向性の人では前頭葉と視床前部が活発な
活動をし、外向的な人は帯状回の前部、側頭葉、視床の後部が
活発に働く」という説明がありました。

この部分は私達がが内部思考をする時即ち記憶を思い出そうとする
時や問題解決、計画を練るときに活発になる部分だそうなんです。

それに対して外向的な人は帯状回の前部、側頭葉、視床の後部が
活発に動いているらしく、この分野は感覚を処理する分野と考え
られていて、聞いたり見たり運転をしたりする時に活動する部分
らしいのです。

内向性の人は自分の内部に刺激を求めるのに対して外向的
な人は外からそれを求めようとするそうで、つまり、個人
の性格の違いというは脳の生物学的違いから来ているところが
大きいようです。

(もちろん個人の経験などといった環境の部分も多少は作用して
来るとは思いますが。)

こうやってみると、内気、引っ込み思案も決して悪い特質ではない
じゃないですか!

これを読み、やっぱり個人の性格は脳の違いによって形成されて
いる部分が大きいんだから、これも神経多様性の一つとしてみて
ネガティブなイメージでとらえて欲しくないなと思いました。

私に似てあーちゃんも典型的な”内向的性格”です。

もちろん、自閉症児にとって、社交性を向上させると言う事は大変
重要な課題であるというのは十分承知しているのですが、私自身
子供の頃外向的な母親に”社交性がない”事に関して色々と批判的
な言葉を浴びせかけられ、あまりいいセルフイメージがなかったの
で、あーちゃんには過度の”社交性”を要求する事だけはしたくない
と思っています。

        基本的にあーちゃんは1人でいる事が落ち着くようです。

f0238562_9221952.jpg


あーちゃんには、あーちゃんが安心して”自分らしくいられる
場所”を確保し、伸び伸びと自らの情熱や才能を発揮していって
もらえたらいいなと思ってます。

というわけで、根暗もまんざらじゃないじゃない? なんて少しは
セルフイメージを挽回した記事でありました。

(それにしても神経伝達物質の役割って本当に奥が深くて脳の
神秘さには驚異の念を抱かずにいられませんよね〜。)


最後に、とってもインスピレーショナルなトークのビデオを
リンクしておきました。
(pyanchiponさんどうもありがとうございました。)

スーザン・ケイン 「内向的な人が秘めている力」

いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-06-24 11:52 | 脳について

Glow Bowlingに挑戦!

4歳の時初めてボーリングに連れて行った時、自分でうまく出来
なかったので”もう二度と行きたくない!”と大泣きしてからと言う
もの、今までボーリングに行く事を嫌がってたあーちゃんですが、
先日何気なく”ボーリングやってみる?”と聞くと、”う〜ん”
とちょっと考えた後”お〜け〜、お〜け〜”と承諾したので、
以前から気になっていたWild Island Adventure Family Parkという
テーマパークの中にある、Glow Bowlingへ行って来ました。

その前にまず、パークの近くにあるメキシカンレストランで
腹ごしらえをしました。

         フィエスタ〜!024.gifって叫びたくなる、カラフルな内装。

f0238562_11461244.jpg


魚好き(私はあーちゃんの事を”Neko”と呼んでます。)のあーちゃん
テラピアという魚を丸ごと唐揚げにしたものをオーダー。

アメリカで魚をサーブされて、お頭付きとはめずらしい!

なんと口にライムのかけらが押し込まれていて出て来た!

        ”屈辱です。早く口からライムをとって下さい。”と魚の叫びが
          今にも聞こえて来そう...

f0238562_1151946.jpg


   魚が丸ごと出て来て、(これ、一体どないして食べたらええんやろ〜?)
   とちょっと途方に暮れるあーちゃん。

f0238562_12145832.jpg


そしていよいよやって来ました!

蛍光色のライトがチカチカする中でプレーする、Glow Bowlingに。

f0238562_12215228.jpg

f0238562_122742.jpg


視覚過敏、特に光やライトに対して超敏感な私はこういうのダメ
なんですよね〜。こんな中に長くいると、020.gifってなります。

というわけで、今回は私はボーリングはやらずにもっぱら
カメラマン役に徹しました。

            ボーリングシューズを履いているところ。

f0238562_12293869.jpg

f0238562_1230657.jpg


              まずはパパがお手本をみせるとするか!

f0238562_12321736.jpg


こういうボーリング場のシーンを見るとすぐに頭の中に、
「律子さん〜♪ 律子さん〜♪ なかや〜ま〜律子さん〜♪」って
歌が浮かんでくるのは昭和の女、私だけか?

(あおさん、どうですか? 笑)

                次はあーちゃんの番です。

f0238562_12363414.jpg


     なっ、なんかフォームがじじくさい。(ごめんあーちゃん!037.gif

f0238562_12375018.jpg


この時もあーちゃんはほとんどのボールがガターに行ってしまい、
イライラ、キーキーしてましたが、私達のアドバイスには聞き耳
もたず、1人でフラストレーションいっぱいで、”やっぱりボーリング
は嫌い!”
と言ってましたが、これも練習しないと上達しないもの
ですし、これから少しずつ練習させるようにしたいと思ってます。

でもやはり数字がでてくるスコア表をみると機嫌がよくなったり
してましたが。

f0238562_12425923.jpg


そしてボーリングの後、あーちゃんは生まれて初めてビリヤード
に挑戦しました。

f0238562_12554321.jpg

f0238562_12584430.jpg


又々パパに指導を受けながら、指図されるのが嫌でカチンときてますが。
(本当に難しい年頃です〜。汗)

f0238562_12583642.jpg

f0238562_1304572.jpg


これって、数学(幾何学?)や物理に関係していそうだから、
あーちゃんやりだしたらうまいんじゃないか?と思うんですが。

でも不器用なんで、手先が思うようにコントロールできないみたい
で、それがとってももどかしそう。

 まっ、何事も練習よっ! 頑張って練習していれば何事も上達する!

f0238562_13133978.jpg


っと言うわけで、こんな風に近場のあまりお金がかからない方法で
夏休みをエンジョイしているあーちゃん一家でありました。


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-06-23 13:09 | Family Life

マジでぶったまげました!(ノ゚ο゚)ノ (SAT編)

あーちゃん本人のリクエストにより、ブログの記事にはしてなかった
のですが、実はこの6月の初め、あーちゃんは初めて
SAT (大学進学適性試験)に挑戦しました!

(本人が言うには、”今回は全く初めての試みなので、とりあえず
試験会場の雰囲気や、試験全体の流れに親しむという意味の
トライアルだから結果は多分期待出来ないと思う。”
という事
だったので、あえてブログでは公表していませんでした。

(結果がボロボロだったら恥ずかしいとの事で。 012.gif

デイビソンアカデミーに(再度)入学の願書を提出する為にはある
一定のSATのスコアが必要とあり、それはこの秋7年生になってから
受験すればいい、と私とパパは考えていたのですが、なんとびっくり
した事にはあーちゃん当人が”今すぐ受けてみたい!”とものすごく
乗り気だったので、夏休み前の学年最後の受験日を狙い、最終
締め切りギリギリの時点で登録をしたのでした。

そして、6月2日の土曜日、最寄りのハイスクール(試験場)で
生まれて初めてのSAT受験に挑戦しました!

緑が多くて素敵なハイスクールでした。

f0238562_9365930.jpg


(実はもし今のチャータースクールに行ってなかったら、この
高校がうちの地域のゾーンとなってるのでここに通う事になります。)

f0238562_9373048.jpg

f0238562_938847.jpg

f0238562_9385164.jpg


私達があーちゃんを試験会場に連れて行ったのが朝の7:30ほど。

そしてそれからあーちゃんは会場に入り、最終的に校舎から出て
来たのがお昼の12:30と、かなり長い時間かかりましたよ。

SATの試験は総合で4時間近くかかるので、(5分休憩が何回かあった
らしいですが)今回こんな長時間のテストを初めて受けるあーちゃん
の集中力が心配でした。

           無事試験が終了し、校舎から出て来るあーちゃん。

f0238562_9511489.jpg


4時間近くのテストを終えたばかりのあーちゃんは疲れている様子
も見せず、結構エネルギー満々といった感じだったのでびっくり!

あーちゃんって、買い物とか連れて行くと5分もしないうちにゾンビ
みたいに生きた屍状態になってしまって、じじばばが座るベンチ
とかにだるそうに腰掛けて全く体力がないんだけど、テストとか
こういった頭を使う活動なんか、本当にスタミナがあるわ〜。

で、本題に入りますと、本日ついに待ちに待った、その試験結果
がわかりました。

結果はといいますと、(ドラムロール、プリ〜ズ! だだだだっ)

★Critical Reading  460

★Mathematics   710

★Writing      590

(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」おおおおおおぉぉぉぉぉぉ〜〜〜!

やった〜!

と言う事で、数学のスコアがデイビソンアカデミーの7年生の
応募基準の
660に達していただけでなく、なんと700以上という
数値は、私達が大きな目標としていたJohn's Hopkins University
CTY
SET(The Study of Exceptional Talent)というプログラム
への入会基準にも達していたではありませんか〜!

(これに関してはこちらの過去記事へ。)

「やはり何か目標があった方がいい」

ちなみにこのThe Study of Exceptional Talent(SET)という
プログラムは、全米の特に秀でた才能を持った生徒達を集め、様々
なサービスを提供しているようです。

f0238562_10211546.jpg


このプログラムへの入会を認められる為には、13歳までにSAT
(大学進学適性試験)のMath Verbal (言語)のいずれかの
スコアが最低700点である事が条件という超難関な道でありました。

このスコアはこのSETの研究文献によると、

”These scores represent approximately the 95th percentile
among college-bound high school seniors. Among 12-years-olds
these scores represent at least the top 1 in 10,000 of the
population."


と言う事で、

大学を目指す高校3年生で95%タイル(上位5%)、12歳だと
同年齢で10,000人に1人(99.99%タイル)の割り合いの数値
との事で、まだ11歳のあーちゃんにしてみれば本当に良く頑張った
数値だと思います!

ちなみにこのサイトによると、

2011 College-bound Seniors Average SAT Scores
(2011年の大学を目指す高校3年生の平均値)

                  あーちゃんのスコア
★Critical Reading   497     460 

★Mathematics    514      710

★Writing       489      590

★Total        1500     1760 


と、やはりリーディングのエリアをまだまだこれから向上
させて行かなくてはなりませんが、”試しに受けてみた”初めて
の結果ですので、これから又頑張って行く予定です。

(まだ11歳の子にしては素晴らしい数値! 049.gif親バカですんません。)

(ちなみにタレントサーチでの7年生Critical Readingの平均値
426だそうで、ギフテッドの7年生よりは上の数値となっています。)

こちらのリンクはDuke TIPのタレントサーチに参加した7年生の
スコアリポートです。

Average Talent Search Score Reported
   (7th graders)           あーちゃんのスコア

★Critical Reading  430      460

★Mathematics    440      710

★Writing      410      590

(尚、タレントサーチに参加する子達は学年の標準テストなどで上位
5%の人口という事で、ギフテッド同士が更に競い合う、非常に
競争の激しい世界であります。)

いつものごとく、他の分野と比較すると、リーディングが凹に見えるの
ですが、こうして1学年上の7年生のスコアと比較してみると、決して
低いわけではないんですよね。

数学の部分が跳び抜けているのでリーディングが低くみえるのですが。

そして今回ちょっとびっくりしたのは、私が想像していた以上に
Writingのスコアが高かったこと。

小論文のスコアも含まれているので、スコアの細かい内訳は公式
のスコアレポートが郵送されてくるのを待つのみですが、(その他の
スコアは電話で聞いた)Writingのセクションはあーちゃんの比較的
得意分野である"文法”や”技法”などが含まれているので、結構
まずまずのスコアが得られたみたいです。

ちなみに590という数値は高校3年生で80%タイル(上位20%)

あ〜、しかしそれにしても最初の一発で数学が700以上とれたので、
よかったです!

はっきり言って本番の試験は”数学”だけじゃなかったので、
(こんな長時間のテストに集中力がもつかな? 体力がもつかな? 
頭が疲れてしまって、最大限の力が出せきれないのではないか?)
と心配してましたが、初めてのテストで、それも13歳までどころか
11歳で700以上というスコアを獲得出来て、これで目標が達成しました。

早速、College Boardにこの数学のスコアを直接SET
送ってもらいましたので、後はSETから連絡を待つのみです!

これでやっとリラックスできます。042.gif

さて、SETではどのようなサービスが受けられるかが楽しみです。

あーちゃん、本当によく頑張ったね!

(凹の部分に落ち込んでいたと思う矢先、いきなりこんないい
ニュースもあったりして、凸凹キッズの育児は本当に終わりのない
ローラーコースターに乗ってる感じです〜〜!汗)



いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-06-22 12:18 | Math(数学)

The Human Body Book by DK

私の大好きなDK出版社からでているこのThe Human Body Book
は、数ある人体や解剖学に関した本や参考書の中でも個人的
にお気に入りの一冊です。

                  The Human Body Book

f0238562_781043.jpg


CGによる3D デジタルアートや鮮明な写真で人体の部分や、仕組み、
そして一般の病気や症状まで細かに説明されていて、見ているだけで
身体の中を旅している”ミクロの決死圏”の医療チームになった感じが
します。 (わー、古い〜!)

f0238562_7165645.jpg


基礎的な人体図鑑を卒業したミドル、ハイスクールの子達にお薦め。
(もちろん大人でも十分参考になります。)

あーちゃんもこうやって、いつも気がむけば本棚からこの本を取り
だし、熱心に読んでいます。

f0238562_7214612.jpg


っても、いつも熱心に見ているのはあーちゃんの専門分野?(笑)の
消化器官系の部分ですが。

             あーちゃんがお気に入りのページ。

f0238562_7231231.jpg

f0238562_7245250.jpg


う○ちができる過程になぜか強く惹かれてしまうらしい。

こういうとこは小さい頃からあまり変わってないな〜。


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-06-22 07:28 | お薦めの本

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧