「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧

今学期のProgress Report

おとといの金曜日、あーちゃんが学校からReport Card(成績表)
を持って帰って来ました。

と言っても今学期が終わるまであと3週間ほどありますので、これは
Progress Report(プログレスレポート)ではあります。

前学期は学期の途中から編入したという事もあり、成績表には完全
な期間の評価がのってなかったのですが、今回はちゃんと4学期
からの全ての科目の評価が記録されてました。

そして、その結果といいますと、
 
            やった〜!emoticon-0169-dance.gif

f0238562_6332494.jpg

今のところ、全ての科目がA(中には A+)で、念願の
GPA4.0であります!

             (今学期はT4(Term4)であります。)
f0238562_552010.jpg


(ちなみにMathは Independent study(オンラインコース)で高校
の幾何学をやってますので、6年生の科目の対象にはなってません。)

このカードを持って帰り、私達に堂々と見せるあーちゃんの顔は
超嬉しそうで、誇らしげでした。emoticon-0142-happy.gif

この学校に行き始めて以来、学習面だけでなく、実行機能や社会性
など色々な面で随分頑張って来たあーちゃん。

その努力が遂に実ったようですね。

全学期(T3)ではA-だった「Science Issues」(アドバンスサイエンス)
では、人体のパーツの模型がうまく作成出来なくて(手先が不器用なんで
時間がかかったり、雑だったりした)なかながAの評価がもらえなかった
ようですが、今学期はその作業も念入りに行ったようで、

「ママ、今回やった、Urinary system(泌尿器)のモデルはAの評価
だったよ!」

と嬉しそうに語ってました。

GPA4.0にこだわっているあーちゃんは、もう嬉しくて仕方がない
といった感じです。emoticon-0169-dance.gif emoticon-0159-music.gif

もちろん、学年(今学期)が終了するまで後3週間ほどありますので、
この先も油断は禁物で、この調子で頑張り続けなくてはいけないの
ですが、あーちゃんはこのプログレスカードの結果にますます
モチベーションが高まったようですので、これから先も頑張って
この成績を維持していってくれるんじゃないかと思います。

尚、以前あーちゃんが言っていた、GPA4.0の子達はその報酬として
カジノのホテルの食べ放題のブッフェレストランに連れて行って
もらえる、というのは1学期だけじゃなく、1セメスター(1,2学期)
続けてその成績を得ないといけないらしいので、正味4学期から
始まったあーちゃんは、今学期が4.0でもその報酬には該当しない
そうです。emoticon-0106-crying.gif

(って、偏食魔のあーちゃんには別にそれほど嬉しいといった
報酬ではないようですが。)

でも全く新しい環境の中、学校生活や仲間に慣れながらも、高度な
学習に挑んでいかなければならなかったわけですので、私として
みれば、

(おお〜、でかした、でかした! 快挙じゃ!)emoticon-0137-clapping.gif

という思いでした。

そんなわけでその晩、今回はパパと私がご褒美として、「食べ放題」
ではないけど、シーフードが大好物のあーちゃんを、同じホテル内
にある「FAIRCHILD'S OYSTER BAR」というシーフードレストラン
に連れて行ってあげたのでした。

              何だかすっかりおすまし気味のあーちゃん。
f0238562_6391042.jpg

f0238562_6405626.jpg

オープンカフェスタイルのレストランからは、カジノの様子とか
も見え(聞こえ)雰囲気的にはちょっとうるさくてイマイチだった
けど、料理はおいしかったです!
f0238562_642971.jpg


     こんな感じで、植木鉢のようなポットに色んな焼きたてのパンが
     さされて出て来た!

f0238562_6484051.jpg


私とパパはこのレストランのお薦めである、The Ultimate combination
Pan Roast
という、カニ、帆立貝、ムール貝、あさり、牡蠣、海老
などが混ざった魚介類のシチューをオーダーしました。
f0238562_6515178.jpg


見た目はそうみえないのですが、ラーメンの丼くらいでかい器の
トマトとワインクリームベースのシチューの底にはかなりの量
の上記にあげたシーフードがわんさか沈んでいて、美味しかった〜!

f0238562_742841.jpg


シーフードは大好きだけど、オレンジとか色のついたものを酷く警戒
していっさい手をださないあーちゃんは、ごくシンプルでありきたり
Fish'n Chipsをオーダーしました。

f0238562_773780.jpg


    料理が熱くて、「ho, ho hot!」って言いながら食べてます。
f0238562_710295.jpg


そしてもちろん、お祝いのデザートを忘れてはいけません。
あーちゃんとパパはBoston cream pieをオーダー。
f0238562_7134518.jpg


このBoston cream pieは普通のと比べると、ちょっとファンシー
な感じ。普通はケーキの真ん中にカスタードクリームがはさまれ
てて、トップにはチョコレートがアイシングされているんだけど。

このデザートを見てパパは、

「これはケーキじゃないか。 このどこがパイなんだ?」emoticon-0112-wondering.gif

と相変わらず気難しいじじいの口調と顔つきで、ウィトレスに
いちゃもんつけてたんで、テーブルの下でパパのすねを
蹴りましたよ。全く。emoticon-0114-dull.gif

             そして私は大好きなKey lime Pie!
f0238562_7251081.jpg


甘さ控えめで丁度程よく酸っぱくて、最高に美味しかったです〜!emoticon-0115-inlove.gif

あーちゃん、本当によく頑張ったね!

念願のGPA4.0おめでとう!emoticon-0123-party.gif


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-04-30 07:37 | ミドルスクール

そこまでやるか〜?この親!

って、学校関係の人達に思われそうですが...

いや、この際どんなふうに思われても気にしません!

昨日の記事に引き続き、又もやキャンプの話になりますが、本日の
土曜日は数学クラブのウィークエンド集会の日だったので、今朝
あーちゃんを学校まで連れて行ったパパが、そのついでに数学
キャンプ
の責任者であるコーチのMr. Gと色々話をして来ました。

(尚、今日も出席者はあーちゃんだけで、又もや1時間半もの間
コーチからみっちりプライベートで指導をしてもらったようです!emoticon-0148-yes.gif

昨日このサマーキャンプについて色々考えていたのですが、あーちゃん
自身がすごく乗り気と言う事もあり、私達としても是非ともこの”新しい
経験”を体験させてあげたい気持ちは強いのですが、とは言え、”全く
未知の環境”に対応するのが苦手なあーちゃんが、私達から離れ見知らぬ
土地で、見知らぬ人達と慣れていない住まい環境で一週間も生活するという
のはかなりのチャレンジであり、そのチャレンジに挑ませるのであれば、
私達が前もってある程度”準備”をしてあげる必要があると思ったのです。


(全く新しい環境なのに、私が事前の準備を怠った事から起こった
過去の出来事が私にとってのいい教訓になりましたので。)
   
詳しくはこちらの過去記事へ。
    
「数学コンテストでのちょっとほろ苦い裏話」

というわけで、あーちゃんがこのキャンプに参加する前に、実際前
もってあーちゃんと一緒にこの場所(寝泊まりするキャビン)を訪れ、
下見してもいいかというのをMr. Gに聞いてみたのです。

あーちゃんの事情(自閉症の診断がある)について認識のあるMr.G
からは、「もちろん!」と快い返事が返ってきたばかりではなく、
パパがあーちゃんの偏食について相談したところ、「キッチンに
ある冷蔵庫に予めあーちゃんの食べ物を持って来て置いていって
もいい」
とまで言ってくれたのでした。

実際、Mr. Gは心の中では、

(そこまでやるか〜? この両親!)emoticon-0104-surprised.gif

と思っているかもしれませんが、この際、人にどう思われようが、
気にしている場合ではありません。

あーちゃんがNT (Neurotypical-定型)Worldの波をスムーズに
のり渡って行く為には、時にはここまでやる必要があるのです。

(いや、この先生はあーちゃんの事をすごく気に入ってくれてますし、
前回の数学コンテストでの出来事の一部始終を見てますので、多分
充分理解してくれてると思います。)

以前の小学校に行っていた時は、IEPなども作成され、正式に
「特別教育」に所属していたあーちゃんですが、この新しい学校
では、あくまでも完全なメインストリームで、そういった法的な
処置もとっていません。

もちろん学校側には「自閉症」の診断について伝えてますし、最初の
ミーティングの際に、「様子を見ながら必要に応じて対応して行く」
という事で合意をしてますので、必要性がでてくればすぐに法的処置
も期待出来るので、そのへんは安心してます。

私としては出来る限りあーちゃんには学校だけでなく、最終的には
社会にも”メインストリーム化”してもらい、法的に「自閉症の診断」
をもちださなくてもいい状態で機能していってくれたらと思ってます。

でもそれまでにはやはりかなりの「移行の過程」があり、その移行
のプロセスを少しでもスムーズにしてあげる為には、時には私達が
こうやってちょっとした工夫や考慮をしてあげる必要があるんですよね。

前回の数学コンテストでは、全く新しいイベント、環境だった
にもかかわらず、完璧にあーちゃんのニーズに無頓着で、泳ぎ方
も教えず準備体操もさせないままに、いきなりプールに投げ込んだ
みたいな事をしてしまった感じがし、後悔の念に苦しめられました。

今回はあーちゃんにとってこれまで過去にない”大きなイベント”で
ありますので、それなりにじっくり”準備”をしてあげ、この最大
のチャレンジに挑ませてあげたいな、と私自身腹をくくりました。

私も事前にどういう環境かわかっていれば、不安も少なくなると
思いますし。

という事で、キャンプが始まる何日か前に、あーちゃんを連れて
下見に言って来ます!

この学校の柔軟性あふれた姿勢には、いつも大いに感謝しています。

この夏はあーちゃんにとって初めての経験に溢れた、素晴らしい
夏になる事でしょう。

根性無しの私を励ましてくださった皆さん、本当にどうもありがとう
ございました。emoticon-0139-bow.gif


って、多分キャンプが近くなったら又不安感に襲われ、情けない事
ばかり言いだすんではないかという感じがしますが。(あははっ...苦笑)


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-04-29 07:26 | 育児

数学クラブのサマーキャンプ

今日、ちょっとした事情により、(これについては又後日ブログ
で説明したいと思いますが、)パパと共にあーちゃんの学校の
Dean of Academics - High School(高校の学部長)に会って
話をして来たのですが、その時、学校のオフィスの壁に貼られて
いるポスターがふと目入り、よく見てみると...

f0238562_9231282.jpg


な、なんと! 学校が提供しているサマーキャンプ emoticon-0157-sun.gifのポスター
だったではありませんか!

え〜??? こんなのあったの?

全然知らなかった。emoticon-0104-surprised.gif

学校のホームページにもそんな情報はなかったし、連絡のプリント
とかももらってこなかったし。

ポスターを見て、オフィスの人に更に詳しい情報を聞いてみたら、
大まかな説明がのったパンフレットをくれたので、それをみたら
どうやらこの7日間のサマーキャンプ、テーマによって分かれて
いて、なんとその中にはあーちゃんの数学クラブのコーチが引率
する「数学クラブ」(MathCounts)のキャンプもあるじゃないですか!

f0238562_9361950.jpg

場所はあの美しきリゾート地Lake Tahoe(タホ湖)で、寝泊まりは
リゾート地内の家具付きのキャビンだという事らしい。

f0238562_941334.jpg

f0238562_9423470.jpg


数学クラブやLego ロボット工学、サイエンスオリンピックなどと
いったメインのアクティビティ以外にも、仲間と一緒に夜は映画
を観たり、ハイキングしたり、マウンテンバイク乗りしたり、と
色んなサマーアクティビティが体験出来るみたいなんです。

このキャンプの事を知ったパパは、えらく興奮して、

「パーフェクト! 是非、あーちゃんに行かせたい!」

とえらく興奮して言うじゃありませんか!

普段はあーちゃんの事を極端に心配して、いつも超過保護のパパ
なので、7日間も私達から離れ、自然の中で他人と暮らすといった
考えなどもってのほかと、行かせるのを断固拒否するかと思ったのに。

「It's good for him!」

と、詳細を聞く為に早速関係者にメールを送り始めたパパの反応に
ちょっとびっくりしてしまいましたよ!emoticon-0104-surprised.gif

もっとびっくりしたのはこのキャンプについてのあーちゃんの
反応で、

「是非行きたい〜!」

ってマジでいきたがってるじゃないですか〜!

これまでベビーシッターとかにも預けた事もなく、よその家にも
外泊した事もないし、私達から一日たりとも離れた事がなかった
あーちゃんが、いきなり7日間丸っきり私達から離れ、知らない
土地で、他の人達と生活するのも気にならないどころか、経験
したがってるなんて。

あーちゃんに、

「ママの”お休み前の読み聞かせ”がなくてもちゃんと寝られる?」

と聞くと、

「寝られるよ!」emoticon-0114-dull.gif

って。

はっきり言って、私の方が心の準備ができてないといった感じ。emoticon-0106-crying.gif

あーちゃん、どんくさいから湖でボートに乗ってて落っこちてしまうん
じゃないかとか、ハイキングしてて滑って転げ落ちてしまうんじゃ
ないかとか、夜中に目を覚まし、見慣れない部屋にパニック状態に
陥ってしまうんじゃないかとか...emoticon-0107-sweating.gif

心配性の私は、またもやこんな感じで頭の中で色んな状況を想像
してしまい、心配のあまり息がし難くなり自らがパニック状態に
陥りそうです。

(実際、このキャンプ期間にキャンプ地をひっそりと訪れ、あーちゃん
にわからないようにひっそりと観察しようかなとマジで思ってます。)

ああ〜、 私がこんな事言ってると、いつまでたってもあーちゃんが
自立せず、あーちゃんの為に良くないというのはわかっているん
だけどね〜。

いい加減、ヘリコプターペアレンツから卒業しないとダメですね。

とにかくあーちゃんがこれだけ積極的に興味を示している事もあり、
そろそろ年齢的にも自立が必要となって来る頃ではありますので、
経験させてやらねば、とは思ってます。

すぐに極度な不安感に陥り、日常生活に支障をきたすほどになって
しまう私ですので、この7日間は多分「針のむしろ」的拷問状態を
耐えなければならなくなるとは思いますが、これも私自身の試練
ですね。

子供が精神的に親離れする為には、まず親が子離れをしないと
いけないのかもしれません。

幸い、キャンプの責任者が数学クラブのコーチのMr.Gで、あーちゃん
の診断の事も心得ていますのでその辺は少し安心出来ます。

というわけで多分この夏、あーちゃんは生まれて初めて私達から
離れ、サマーキャンプに参加する事になると思います。

あーちゃんが素晴らしいキャンプを体験出来るよう、私も頑張って
自らの問題に直面しようと思います。

(大袈裟に聞こえますが、ホント考えただけでのどがつまる思い
なんですよ〜。 多分私には不安障害があるんではないかと思う
ほど時には身体的に苦しむくらい酷い不安感に襲われます。emoticon-0107-sweating.gif

ああ〜、夏、早く終わって欲しい....

いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-04-28 10:41 | 育児

春休みの宿題の評価

又お天気の話ですみません。

ここ2〜3日の間、”春を通り越して夏到来!”emoticon-0157-sun.gifというくらい暑い日
が続いてたかと思うと、今日は最高でも14℃くらいで、その上雨も
ポツリポツリemoticon-0156-rain.gifと降り、又肌寒い気候に逆もどりしてしまいました。

何だか最近のったり、ったりの気温は、パパのムードemoticon-0132-envy.gifemoticon-0140-rofl.gifみたい
で私はついていけませ〜ん!emoticon-0101-sadsmile.gif

今朝、いつものようにあーちゃんを学校まで送っていって帰宅途中、
小雨の降る中少しだけお日様の光が差し、うっすらとがかかって
いました。

f0238562_9205040.jpg

f0238562_9225783.jpg


虹っていつみても子供のようにちょっとワクワクしてしまい、(私だけ?)
この日は何だかいい事が起こりそうな予感がしました。

あーちゃんの学校から家へ帰る途中の道路から、丘にNのイニシャル
が見えるのですが、これってやっぱりNevada Nかしら?と考え
をめぐらしたり。
(見え難いですが、よく見ると赤い矢印の下に白いNの字が。)
f0238562_9312628.jpg


リノというところは本当に山や丘が多いです。
f0238562_934518.jpg


カリフォルニアのセントラルバレーはとにかくフラットで、山や丘
など見なかったので、こういった景色はとっても新鮮な感じがします。



さて本題に入りますが、今週の始め、英語のクラスで春休みの課題
として出されていた「A History of Weapons」(武器の歴史)
のオーラルプレゼンテーションの発表があったようで、どうやら
あーちゃんもクラスの皆の前で、作成した文章レポートと、
パワーポイントを使って、プリゼンテーションしたようでした。

この宿題についてはこちらの過去記事へ。

「春休みの宿題にとりかかる」

私が知る限りでは、これまで人前に出てスピーチなどした事など
一度もなかったあーちゃんなので、(小学校低学年のshow&tell
くらい)ナーバスにならずにちゃんと皆の前で話せたのかな?と
心配していたのですが、本人の話では

”調べた事を全て憶えていたので、レポートを見なくてもパワー
ポイント
(正確にはキーノートと言い張る)を見ながらきちっと
説明出来た!”

と言ってて、ちょっとほっとしました。emoticon-0141-whew.gif

気になって、

「クラスメートや先生の反応はどうだった?」

と聞くと、

興奮気味に、

「”テーマの内容がすごく興味深い”と、プレゼンテーションの後、
クラスの子達から色んな質問攻めにあったよ!」

って言ってたので、

「それらにちゃんと答えられた?」

と聞くと、嬉しそうに「うん!」と言ってました。

その後、英語の先生もあーちゃんの説明とパワーポイント
(キーノート)を見て、

「Excellent!」emoticon-0137-clapping.gif

と歓喜の声をあげたそうで、あーちゃんもとっても満足そうでした。

尚、その課題は全部で40ポイントだったのですが、先生はその言葉
に忠実に、あーちゃんの作品とパフォーマンス(プレゼンテーション)
40ポイントのパーフェクトスコアを与えていました。

それにあーちゃんは大喜び!

いや〜、実に頑張った甲斐がありました!

       あーちゃんが作成したキーノートプリゼンテーションの一部
f0238562_10155971.jpg

f0238562_1018359.jpg


(それにしても、いくら戦争とは言え黒死病に感染した死体を
町や水源などに投げ込んで、病原菌を繁殖させたりって、何だか
随分コソク手を使った物だわね〜。)

尚、あーちゃんからの詳しい話によると、クラスの子供それぞれ
違ったテーマの課題が与えられたようで、(でも全てはその「歴史」
についてという事らしい)コンピューターの歴史や、音楽の歴史、
コーヒーメーカーの歴史(?)など、様々な物の歴史についての
プレゼンテーションが行われ、あーちゃん自身も、「すごく興味
深かった」
と顔を活き活きさせてました。

その中でも特にあーちゃん自身すごく印象的だと思ったのが、
”ヘリコプターの歴史”だそうで、(ヘリコプターなんか全然興味
ないはずなのに何でまた?と不思議に思っていたら、)プリゼンター
はヘリコプターの進化を”ミリタリー””民間”のタイプに分け
説明していたそうで、そのプリゼンテーションの仕方と内容が
すごく評価ができるものだった、という事でした。

(おお〜、いっちょまえの評価をしてるわ〜。何だかこういう”
作品の分析”とかも自然に出来るようになっていってるのね。)

あーちゃんにとってこのクラスは、知的、学習的にとっても刺激的
なようで、インテレクチュアルピア(知的仲間)の存在は、学習の
モチベーションを大いに刺激するようです。

今学年も残りわずかになりましたが、(あと1ヶ月ほど)

「まだ夏休みに入って欲しくない。もっと長い間学校に行きたい!」

と文句を言ってるあーちゃんです。

それにしても満点だったとは!

Good Job! あーちゃん!emoticon-0148-yes.gif

その調子で頑張れ!


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-04-27 10:52 | ミドルスクール

「いいね!」そのTシャツ

YouTube Facebookに出て来るこの指のサイン
  
f0238562_836471.jpg


がとにかく異様に大好きなあーちゃんなのですが、(やっぱり
昔からシンボル好きだったからな〜)先日こんなTシャツを
見つけたので、あーちゃんに買ってあげました。

f0238562_8432297.jpg


Facebookのパロディーで、ちょっと意地悪なジョークのシャツなんで、
家の中だけで着るようにしたのですが、もちろんあーちゃんには 

ばかウケ!emoticon-0148-yes.gif

ママはあーちゃんから「いいね!」の評価をもらいました。

f0238562_849613.jpg

(なんだか随分ぎこちない「いいね!」ですが...emoticon-0105-wink.gif


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-04-27 08:52 | あーちゃん

セラピーでコスプレ

久々のABAセラピー回想録です。

(あーちゃんが集中的にセラピーをやっていたのは3~6歳の間で、
もう随分昔の話になるので、私の記憶から抹消される前に、ここに
記録として残しておきたいと思います。最近歳のせいで物忘れが
酷くなっているので。)

これは当時、「職業のプログラム」をしている時の写真です。

当時4歳のあーちゃん。消防士のコスチュームを身につけてます。

f0238562_1133367.jpg


学校の先生,お医者さん、消防士に警察官と言った基礎的な職業の
名称と、その働き(どういう事をするのか)というのを学習して
いました。

大抵は絵カードや写真などを使ってレッスンをしていましたが、
たま〜にこんな風に様々な職業のコスチュームを着て、実際その
仕事のロールプレーなどもしていました。

二階のセラピールームからよく、セラピストの声で、

「火事だわ〜! 火事だわ〜! 助けて〜!」

と助けを呼ぶ声の後、何だかたどたどしい話し方で、

「 Ma'am、 Where is the fire?
Don't worry, I'll put out the fire right away!」


「しゅう〜〜〜〜〜」emoticon-0156-rain.gif

とか言いながら、おもちゃのホースで水をまき散らすまねしていた
のがとっても可愛かったです。

いつも私はそのプログラムの時、

(おお〜、コスプレしてんな〜!emoticon-0136-giggle.gif

と、時々セラピールームにショーを観に行ったものでした。

でもたまにセラピストが上の写真のようにコスチュームを見せに
来てくれたりして、ファッションショーみたいでした。

あの頃がなつかしいです。

おまけ

この写真はインディアンみたいですが、職業のプログラムではない
ですよね〜? (笑)

            (この時も相変わらずひきつりスマイルだわ!)

f0238562_11511092.jpg


ロールプレーする時、やっぱ英語でも、

「インディアン、嘘つかない。」

って言うのかしら?


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-04-26 11:55 | ABA回想録

興味深いサイトがいっぱい! Hoagies' Kids and Teens Links

ギフテッドに関してあらゆる情報に溢れた
Hoagies' Gifted Education Pageというサイト内ある、
Hoagies' Kids and Teens Links(子供とティーンの為のリンク)
の紹介です。

各カテゴリーをクリックすると様々な興味深いサイトがリストアップ
されていて、一つ一つチェックをしていたらあっという間に時間を
忘れてしまいそうです。

          Hoagies' Kids and Teens Links

f0238562_1043175.jpg


英語のサイトですが、言葉がわからなくても楽しめるアクティビティ
などもたくさんあるので、(Art, Theater, Musicなど)日本の
お子さん達もチェックしてみると何か見つかるかも?

後、英語の学習をされている方にもぴったりだと思います。

Enjoy! emoticon-0100-smile.gif

いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-04-26 10:13 | Resources

ADHD、自閉症、ギフテッドと誤診について

ギフテッド関連書物の出版社、Great Potential Pressのサイトで、
この先数週間にわたって、ADHD、自閉症、そしてギフテッド誤診
について語ったブログ記事のシリーズがポストされるようです。

ADHD, Autism, and Giftedness: An Invitation To A Conversation

このシリーズの第一弾記事を読んでいると、(なるほどね〜)と
思ってしまうようなポイントが書かれてました。


この数字はアメリカのみのものとなりますが、ごく最近
Northwestern Universityが発表した報告によりますと、過去
10年間でADHDの有病率が66%も上昇したという事らしいのです。

その報告後まもなく、米疾病管理センター(CDC)が同時期内に
自閉症78%上昇したことを報告しています。

これらの著しい上昇は、診断の改善や医療のアクセスが向上した
ことによる部分も大きいとは思いますが、(もちろん実際のケース
も増えているでしょう。)しかしこういった中にはover-diagnosed,
(過剰診断)
されたり、又逆に実際未診断、未治療のままだったり
という子も存在するという事なのです。


ギフテッド関連に携わっている者達にとっては、学校などの一般の
教育機関の中で、ギフテッドの子が適切な教育環境に置かされて
いない場合、彼らが見せる典型的な”ギフテッドの特徴”ADHD
自閉症と誤解されやすい、というのはよく知られた話で、実際
あーちゃんも(既に自閉症の診断があるにもかかわらず)学校側
からADHDの疑いを持ちあげられ、検診を薦められました。


(一応ADHDの検診を受けましたが、結果は”未確定”もしくは
”グレーゾーン”と出ましたが、その後すぐギフテッドの専門家に
アセスメントをしてもらい、当時の教育環境がマッチしていない
という事がわかりました。)


「The Misdiagnosis of Gifted Children」というビデオの中にも
述べられていましたが、ギフテッドの子達がADHDなどの”誤診”
を受け、実際その子に必要な学習のチャンスが与えられなかったり
と、教育のニーズが満たされないのも残念な事ですが、投薬をされた
場合など、薬の作用が脳や気分”に大きく影響を施し、時には子供の
IQの数値も極端に下がってしまう事も決して少なくないというのは
本当に腹立たしい話だと思います。

(その場合、後のIQテストでは”ギフテッドの数値”を表しません
ので、その認識、判定がますます困難になってくることでしょう。)






医者や学校側は、子供に投薬する事により、問題の”quick fix"を期待
しているのかもしれませんが、(もちろん正式なADHDの診断がある
場合は投薬が効果的な療法である場合もあります。ここでは”実際
ADHDではなくギフテッドの子”
について言ってます。)精神医や
学校の先生の”観察”やチェックリストだけで、比較的簡単に診断を下し、
時にはシリアスな副作用とかもでたりする薬を投与するというのは
大変危険な行為だと思います。


ギフテッド先進国と言われているアメリカでさえ、一般の医師や
精神科医、学校関係者の間ではこういった部分の認識はまだまだ
薄く、これから更なる啓蒙が必要となってくるのは明らかであります。


もしも子供が学校や医師から「ADHDもしくは自閉症の疑いがある」
と持ちかけられ、例えその子がそれらの典型的なサインを見せていた
にしても、同時に”ギフテッドのサイン”も見せているならば、診断
が下され、投薬を考慮する前に念のために”ちょっと待った!”emoticon-0133-wait.gif
”こういうケースもあると聞いたんですが。”と精神科や医師を
チャレンジするのも妥当ではないかと思います。

もし彼らにギフテッドについての知識や情報が備わってないので
あれば、(多くの場合がそうだと思いますが)それが(その人達
の)自己の知識向上のきっかけとなり、こういった分野のプロ
フェッショナルの間にギフテッドについての認識が普及していく
なら”全く、うるさい母親だな〜”emoticon-0120-doh.gif と煙たがられてもそれ
相当の価値はあるかもしれませんね。

尚、このブログの記事は毎週木曜日に更新されるみたいですので、
興味のある方は是非チェックしてみて下さい。

最後に、私があーちゃんのギフテッド/2Eについての疑問を
解決するのに非常に参考になった本です。

Misdiagnosis and Dual Diagnoses of Gifted Children and Adults:
ADHD, Bipolar, Ocd, Asperger's, Depression, and Other Disorders


f0238562_114314100.jpg


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-04-25 11:38 | ギフテッド/2E

色んな親がいるもんだね〜

アメリカのケーブルネットワーク、TLC「Toddlers & Tiaras」
という番組がある。

(私は観た事ないんですが。)

child beauty pageants(子供のビューティコンテスト)の出場者
とその家族の、コンテストや家での様子などが描写された
”リアリティ番組”のようですが...

子供の才能を見いだし、開発してあげたいと思う気持ちはどの親も
同じなんでしょうが、これもその”才能”のひとつなんでしょうかね〜?



子供の為、というより母親自身の夢を子供に重ねてるような気も...


それにしてもお母さん、すごい。(汗)

いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-04-25 06:34 | 育児

まさにAnimal Face-Off(動物・真剣勝負)の瞬間!

最近めっきり暖かくなったリノ。(暖かいというより暑い!emoticon-0141-whew.gif

冬の間は芝生も枯れて、黄土色一色と言った感じだったわが家の
裏庭にもようやく緑の草が生え始め、今度こそ本当に冬に別れ
を告げた感じがします。

一番喜んでいるのは、うちの裏庭の石垣のくぼみに巣を作って
住んでいる野うさぎさん(達?一匹なのかそれ以上いるのか、同じ
ような色とサイズなんでよくわからない。)ではないでしょうか。

              
               この赤いのくぼみから出入りしている。
       
         (ちなみにこれは4月12日の様子。寒くてまだ雪がちらついていた。)
f0238562_10303041.jpg


この頃は穴から出て来てもあまり食べる雑草とかも生えてなくて、
その上あまりにも寒かったので、ただこうして固まってました。

f0238562_1037344.jpg


最近では緑の草がワサワサと生え、まさにAll-You-Can-Eat Salad Bar
(食べ放題のサラダバー、やはりRenoですから。emoticon-0144-nod.gif)と言った感じで、
ウサギさんもハッピーそう。

              先日も穴から出て来て一生懸命草を食べていると...

f0238562_10411778.jpg


                  何やら近付く物体が!

f0238562_10474933.jpg


ウサギが一生懸命草を食べているところへ、小さな鳥(鳩と思う)が
やって来たのですが、その鳩、最初はウサギと少し距離を置いたところ
からウサギを観察していたのですが、そのうち徐々にウサギの方向へ
向かって歩き始めたんです。

それまでごちそうを楽しんでいたウサギはそんな鳩の動きを察し、食べる
のを中断して頭をあげ、そんな鳩の行動に警戒心を示しているようでした。

(でもなぜか頭の方向はそのまま。 どうして体勢を変えて鳩を真っ向
から見ないんだろう? と思いましたが。)

この鳩、ウサギより身体は小さいのに結構アグレッシブで、横目で
警戒するウサギの方向へどんどん進んで行き、かなりウサギに近い
ところまで行ったんです。

その鳩の攻撃的な様子から、ウサギを突っつくんじゃないかと
思いましたよ。

それでもウサギも横目のままで、じっと鳩の動きをチェックして
いました。

そんな光景をリビングの窓越しから見ていた私は咄嗟に、

(おお〜、これって、マジでAnimal Face-Offみたい!)emoticon-0104-surprised.gif

と思ってしまいました!

このAnimal Face-Offというのは Discovery Channel で放映
されていた番組で、”2種類の異なった動物の能力を、機械を用いた
シミュレーションで測定し、その結果に基づき、その2種が実際に
闘ったらどうなるのかを推定したコンピューターグラフィックス
アニメを制作して、どちらの動物が強いのかを調べる”とい趣旨の
ものであります。

f0238562_11265077.jpg

f0238562_1127492.jpg

              (discovery Channelより画像拝借)

通常、動物関係とか全くと言っていいほど興味のないあーちゃん
ですが、この番組は大好きで、いつも私と一緒にこの番組を見ながら、

「ライオンとクロコダイル、どっちが勝つと思う?」

などと、予想し合ってました。

私が、

「あーちゃん普通動物とかあまり興味ないのに、なんでこの番組が
好きなの?」

と聞くと、

「各動物のStats(Statistics-統計値)とぎこちない動きのチープな
CGがなぜかたまらない〜!emoticon-0142-happy.gif

という事らしい。

                   ライオンのstats。
f0238562_11461039.jpg


あっ、そう。 相変わらず数値ね。

この番組、日本でもやってたみたいですね。
(日本題名”動物・真剣勝負”だそうです。)

面白くて学習の為になるので、皆さんももし機会があれば見てみて
ください。

話はうさぎと鳩の Face-Offに戻りますが、首をのばすとウサギを
突っつけるくらいまでウサギのスペースに侵入して行った鳩でしたが、
結局ウサギの周りをゆっくりまわり、挑発にのってこないので面白く
ないと思ったのか、すぐ諦めてどこかへ飛び立ってしまいました。

その後、うっとうしいものが消え、ウサギちゃんは再度、食べ放題
のサラダバーをエンジョイしたのでした。

実際、うさぎVS鳩の Face-Offは見られなかったけども、自宅の裏庭
で自然界のドラマを垣間見たようで、何だか得した気分になりました。

(かなり大袈裟って?)

いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-04-24 12:03 | 日々の出来事

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧