「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧

エクスプロラトリアム(Exploratorium)科学博物館 in SF

あーちゃんは随分小さい頃から科学に興味を示していました。

パパも私もサイエンスが好きだった事もあり、私達はよく小さな
あーちゃんを連れて、地元、もしくは少し遠出をして、色々な
科学博物館などを訪れました。

サンフランシスコサンノゼなどのベイエリアには結構色んな
博物館が豊富なのですが、その中でも私達が特に気に入って
何回も訪れていたのがサンフランシスコにあるこのエクスプロラトリアム
(Exploratorium)
という科学博物館でした。


f0238562_13591125.jpg


(最後に訪れたのは2年ほど前でしょうか...10歳のあーちゃんは、
そろそろこういった博物館は卒業かな?という感じですね。)

この科学博物館は、あのマンハッタン計画でも有名な物理学者、
フランク・オッペンハイマー(Frank Oppenheimer)によって設立
され、1985年に亡くなるまで、彼が館長も勤めていたそうです。

この博物館のユニークなところは、従来の”観察”する博物館プラス、
”科学を知識だけでなく体験によって理解する”という事が重視された
ハンズオン展示であるという事でしょう。

又、この博物館は「科学」のみならず、ビジュアルアートや
パフォーミングアートなどの展示も見られ、スローガンである、
「科学、芸術、そして人間の知覚のミュージアム」
(Museum of science,art and human perception)で示される通り、
サイエンスミュージアムであり、同時に体験型アート、メディアアートの
ミュージアムとしての特徴も併せ持っている素晴らしい博物館であります。

以下はあーちゃんが7歳の頃の写真です。

(あーちゃんの顔がまだ幼い!)

これはPhysics(物理学)のエリア。磁性(magnetism)についての
デモンストレーションのようです。

f0238562_1440826.jpg


               水の竜巻を見つめるパパとあーちゃん。

f0238562_14455253.jpg


        リトルサイエンティスト。 顕微鏡で何かを熱心に観察しています。

f0238562_14483466.jpg


        突然変異(mutation)した色んな種類のハエのDNAを比較
          しています。

f0238562_1521598.jpg


             音波(sonic)について探検するエリアです。
                   なんかの楽器みたい。
 
f0238562_1593346.jpg


f0238562_15105934.jpg


                  すごい長〜いトンネル。

f0238562_15132969.jpg


             真剣な顔つきで何やら熱心に耳を傾けています。

f0238562_15144112.jpg


               パパも結構マジになってない? emoticon-0136-giggle.gif

f0238562_15154415.jpg


        これは一体何だったんだろう? 写真を撮るのに夢中になって
        展示の横の説明書きを良く読まなかった私。

f0238562_1521177.jpg


               あーちゃん、なかなか男前でしょ?

f0238562_15222234.jpg


              立体パズルを組み立ててるみたいですね。

f0238562_15245095.jpg


       これはジャイロスコープ、(gyroscope–回転体の慣性を利用した装置)
       のデモンストレーション。

f0238562_15323449.jpg


            父と子でジャイアントシャボン玉を作っています。

f0238562_15345576.jpg


            何だかパパの方が断然楽しんでる感じがしますが...
            (パパ、子供のように目が輝いてる!)

f0238562_1538264.jpg


        煙の実験の展示物。 あーちゃんもすごく楽しんだようでした。

f0238562_15423913.jpg


小さい頃からとにかくいつも”why?, why?, why?”と好奇心が旺盛
だったあーちゃんは、遊園地とかよりも(乗り物とか極端に怖がっていた)
こういったミュージアムを訪れるのが大好きでした。

こういった経験を通して、謎が解けたかと思うと又更に新たな謎が
わきあがり、あーちゃんの好奇心とlove of scienceemoticon-0152-heart.gifの気持ちを又
一層促進したのではないかと思います。

本当に楽しみながら学ぶという事が一番ですね!

いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-09-30 16:00 | Field trips

あったら怖いファーストフードの店!

少し前のこの記事を書いていてふと思い出したのですが、数年前、
地元の新聞を読んでいて、思わず飲んでいたお茶が emoticon-0162-coffee.gif ぶっ
と鼻から出そうになった事があります!

(下品ですみません。でもホントに...)emoticon-0111-blush.gif

私が思わずお茶を鼻から吹き出しそうになった新聞の記事とは。

”不況にも関わらず、ハイウェー付近にいくつかのファーストフード
の店を開店する計画は進んでいる”


といったような内容の記事だったのですが、読んでいると...

f0238562_11201312.jpg



Kentucky Fried Childrenって!!!!!!!emoticon-0104-surprised.gif

Kentucky Fried Chikenじゃなくって????

こんなファーストフードのお店があったら怖いですね〜!

あーちゃんだけでなくて、ママも間違いを見つけましたよ〜ん♪

(って、こんなすごい間違い、気がつかない方が怖い...)

あーちゃんは、

「ママ、子供がKentucky Fried Childrenの商品食べたら、
cannibalism(共食い)になるね!」

って。

それにしても笑えてしまいました。emoticon-0140-rofl.gif

いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-09-30 11:02 | あーちゃんのママ

久しぶりにパパとボードゲーム

いつも自由時間はコンピューターやビデオゲームなどをして過ごす
あーちゃんですが、昨日の晩は何やら久々にパパとボードゲームを
して遊びました。

二人はチェスも大好きなのですが、この日はちょっとリラックス
して、オセロの勝負となったようです。

f0238562_13332964.jpg


あーちゃんは今でもそうですが、小さい頃からとにかくものすごく
競争心が強く、大の負けず嫌い

まだセラピーを始めて間もない頃、セラピストとゲームをしていても
自分が負けようものなら、悔しくて仕方がないのか、いつも大泣きemoticon-0106-crying.gif
癇癪を起こして大変でした。

f0238562_13385153.jpg


セラピーの中では”望ましい行動を増やす”(癇癪を起こさない)為に、
自分が負けた時に癇癪を起こさなかったら次のゲームが選べたり、自分
が選んだ好みの活動をしたり出来るようになっていました。

f0238562_14595086.jpg


プリスクールに通い始めた頃(4歳)にはそういった大きな癇癪
はほぼ無くなってましたが、たまに椅子取りゲームなどをやったり
する時など、”勝つ事”に全神経が集中してしまい、周りが全く
見えなくなり、椅子に座ろうとしている子を跳ね飛ばしてしまった
事などもありました。

(そんな時は、あーちゃんのシャドーエイドとして付き添っていた
ABAセラピストがすかさず介入して指導してました。)

とにかくセラピスト達の間でも、あーちゃんの”負けず嫌い”はかなり
有名だったようです。

その後も家族や友達とゲームをしていて負けた時など、目に見えて
”機嫌が悪くなる”事もありましたが、本人自身そういう態度をとる
と、ゲームの対戦相手捕獲が困難となるという事を学び、自らの
望ましくない行動を自制する努力はしているようです。

私はいつもあーちゃんに、「フラストレーションや悔しさ、怒りを
感じるなとは言わない。 それは本人の意思とは関係なく”感じる”
ものだから。 でもその感情が基となって起こる”行動”はある程度
自分でコントロール出来るものだから、そうする努力はしないと
いけないのよ!」と言ってます。

負けず嫌いの子は負けた時”悔しい”という思いを強烈に感じ、
そうでない子よりも”否定的な行動”に走りやすい事でしょう。

だからこそ余計に「自らの行動をコントロールするスキル」は非常に
大切だと思います。

昨日のパパとの対戦は、最終的にパパに軍配が上がったようでした。

f0238562_1565424.jpg


でも昨日はぶちぶち言い訳もせず、文句も言わず、潔く負け
を認めたようでした。

(心の中ではキイ〜emoticon-0132-envy.gifとなってたとは思いますが。)

ここでミニ癇癪を起こすと、次からパパはなかなかゲームの相手
をしてくれなくなる、ってことを承知だからです。

こうやって少しずつ学んでいってるんだな〜、と何だか昨日は
あーちゃんの心の成長にちょっぴり嬉しくなったのでした。

いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-09-29 15:20 | 日々の出来事

知識のマップをナビゲートしながら数学の練習

以前このブログで紹介した事もある、あの素晴らしきKhan Academyに、
数学のエクセサイズが出来るセクションが加わったみたいです。


                    Khan Academy
         
f0238562_9132923.jpg


Practice with an exerciseという部分をクリックすると、このような
Knowledge Map (知識のマップ)が現れ、スタート地点は一桁の
足し算から始まり、ずっとマップを辿っていくと(現在の時点では)
微分積分くらいのレベルまで練習する事が出来るみたいです。

                 Knowledge Map

f0238562_1153984.jpg


試しに少しあーちゃんにやらせてみたのですが、最初の一桁足し算
から”クリアしていかなくてはならない”というわけでなく、自分の
レベルの項目の問題をする事が出来るようです。

(あーちゃんは代数の問題をやってましたが、自分の自由時間に
簡単な問題もやり、(あーちゃん曰く、”雑魚問題”!)この
マップにある星を全て終了させる!とかなり意気込んでおります。

まあ、自分の自由時間をどう過ごそうと本人の勝手ですが、最初の
方の問題はかなり基礎的なんで、退屈なんじゃ?と思うのですが。

でもあーちゃんには”何でも完璧に終了しないと気が済まない”
いうこだわりがあるので、あちらこちらに”未終了の穴”があるのが
耐えられないんでしょう。

まっ、頑張ってみればいいでしょう!

問題は英語ですが、公式問題が多いみたいなので、数学って
コンセプトは万国共通なので、日本のお子さんも楽しめるの
ではないかと思います。

Happy Learning!

いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-09-29 09:46 | Resources

ホームスクールのカリキュラム:(文法)

同じLanguage Arts(国語にあたる)の教科のなかでも、長文読解
あーちゃんの苦手な分野ですが、文法は比較的得意なようです。

英文法は基本的には「一定のルールに従っている」ので覚えやすい
というのがあるのでしょう。

”理解力”よりも”記憶力”を要す、という感じで。)

とは言え、前年度(5年生)使っていたPLATOというオンライン学習
プログラム(English8−中学2年生)では、様々なLanguage Arts
スキルの学習にはなりましたが、”文法”の部分が少し疎かになっている
ように思えました。

そこで6年生に入って、何度かあーちゃんに文法のテストなどを
させて見ると... やはり文法用語なども忘れている箇所もボチボチ
あり、少し”錆びついてきてる?”様子が見られたのです。

これはやはりもう一度基礎からきっちりと文法をやっておく必要が
あると思い、今年はリーディングと並行して”英文法”も集中して
やって行く事にしました。

そこで私が所属する Homeschool Buyers Co-op(ホームスクール
バイヤー協同組合)から購入したのが、(それも通常の半額の値で!)
このGrammarlogues®と言う文法のカリキュラム。

                   Grammarlogues®

f0238562_11394748.jpg


学年ごとに”必須な”文法のスキルのロードマップがきっちりと
しかれていて、各項目ごとのレッスンを学習し、最終的にはテスト
を受け、学習内容が把握出来たか見ていきます。

              6年生で必要な文法のロードマップ

f0238562_11443831.jpg


6年生と言えど、ちゃーんとsubject (主語) noun(名詞)など
みっちり基礎からおさらいし、自分のペースに合わせてどんどん
進んでいけるので、あーちゃんにぴったりです。

嬉しい事に、このカリキュラムはG6−12(小6から高3)とレベル
の幅も広く、更にSATの文法や単語まで出来るみたいで、1年間と
いう契約期間にどのコースでも自由に利用する事が出来るという、
とても融通が利くプログラムなのです。

あーちゃんのようにスキルの凸凹の範囲が広く、学習ペースの予測
がつきにくい子にはなかかなあったプログラムですね。

後、補佐的にこんな“楽しい”文法の本を読んだりしてます。

      Woe is I Jr.: The Younger Grammarphobe's Guide to Better English
            in Plain English


f0238562_1242921.jpg


従来の堅苦しい文法のテキストと違い、とても興味深い説明で
子供達の関心を惹き付けるなかなか優れものの本なんです。

ちらっと中を覗いてみると...

例えば、Hide-And-Seekというセクションではまずこんな問題が。

これらの2つの文章のうち、どちらが文法的に正しいでしょう?

★ Derek and I never miss batting practice.

★  Derek and me never miss batting practice.

(これは結構わりと誰でもわかりますよね。)

もしどちらか迷った場合は”隠れんぼ”のテクを使ってみましょう。

Iにすべきか、それとも me か?と言う事なので、Derekは問題外
として隠してみましょう。 すると、

★ ...I never miss batting practice.

...me never miss batting practice.(原始人が話してるみたい!)emoticon-0136-giggle.gif

という事で、当然Iの方が正しいという事がわかりますよね。

ではこちらはどうでしょう?

Count Olaf is mean to you and I.

Count Olaf is mean to you and me.

Hide-And-Seekのテクを応用しますと、

Count Olaf is mean to (you and) I.

Count Olaf is mean to (you and) me.

という事で、

Count Olaf is mean to me. の方が自然に聞こえ、

Count Olaf is mean to you and me. が正解となるわけです。

このように、この本には(なるほどね〜!)とうなずける文法のtip
が満載されてます。

という事で、話をホームスクーリングにもどしますが、こうやって
必要に応じて復習したり、既にマスターしている部分はドリルの短縮、
又は全体的にスキップしたり、再度もどって復習したりと、臨機応変に
学習を進めていけるのは本当にありがたい事だと思います。

(まあ、いい時ばかりじゃありませんが...emoticon-0141-whew.gif

いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-09-28 13:38 | ホームスクール(自宅学習)

言語や思考力の発達に役立つ自閉症教育アプリ

カテゴリーや物事の関係などといったコンセプトを学ぶのは
言語、又は思考能力の発達にとっても重要です。

あーちゃんもまだ言葉がない時に、ABAセラピーでこれらの
コンセプト習得のプログラムをやってました。

当時はカードや小さな玩具などを使って学習していましたが、
最近はこんな風にiPadiPhoneのアプリがあり、大変便利に
なったというものです。

                  Clean Up: Category Sorting
                    
                   (カテゴリー分け)

f0238562_8402744.jpg


                    What Goes Together?

                     (関係、関連)

f0238562_844559.jpg


これらのアプリは写真、又は絵なので、日本のお子さん達にも
使っていただけるんじゃないか?と思います。

両方とも無料というのが嬉しいです。 emoticon-0148-yes.gif

Happy Learning!

いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-09-28 08:51 | iPad

ギフテッド(AS?) のキャラクターを含むドラマ

いえ〜い!emoticon-0169-dance.gif

先日アマゾンでオーダーしていた、私の大好きなドラマのDVD
がやっと届きました〜!

f0238562_9215353.jpg


(左から)

Criminal Minds (クリミナル・マインド FBI行動分析課)

House M.D. (Dr.HOUSE)

The Big Bang Theory (ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則)

                     ↑
             (日本語のタイトルがすごい...汗)

普段、こういう番組が放送されている時間帯(7〜10時)は
あーちゃんの学習を見たり、(空手の練習のある日は時間に余裕
がないので、ついつい夕方まで食い込む)夕飯の支度、片付けや
その他もろもろの雑用で、ゆっくり腰を落ち着けてテレビを観る
暇がないので、いつも全てのシーズンが終わった後、こうして
まとめてDVDを買って観ています。

ちょっと高くついてしまいますが、ファッションやメイク、
ジュエリー等に興味のない私は、こういった物にはほとんどお金
を使いませんので、決して贅沢してるとは思わないのですが...

う〜ん! 今晩から又夜更かししそうだな〜。

秋の夜長を大好きなドラマで更かすっていうのもいいものです。

これらのお気に入りのドラマ、ふと気がついて良く見ると、なんと
それぞれにギフテッド、もしくはギフテッド&アスペルガーとも
思われるキャラクターが存在するではありませんか!

まず、かなりダークな話題がテーマのこの「Criminal Minds」

”FBIの行動分析課(Behavioral Analysis Unit、BAU)のメンバー
たちが、犯罪者たちをプロファイリングし、犯罪心理を読み解き、
事件の解決に挑む。”

という内容のドラマですが、かなり前から犯罪やそれを犯す者達の
心理や行動分析に興味があった私は、このドラマにどっぷりと
ハマってしまいました。

この中に出てくる行動分析課のエージェントの一人、Dr.スペンサー・
リード
は間違いなくギフテッドであるのですが、番組の中での彼の
特徴や行動を観ていると、どうもアスペルガーの香りも漂ってくる
ように思えて仕方がありません。

(まあ、でもギフテッド、科学者、アスペルガーの人たちは一般に
良く似た特徴を見せますので、重なった部分が多くて適切な判断が
難しいようにも思えます。)

           Dr.スペンサー・リード

f0238562_1015314.jpg


ウェキペディアのキャラクター紹介によると、

”カルティック(カリフォルニア工科大)の出身で22歳でBAUに
入った。IQ187、「数学・化学・工学」の博士号を持つ天才であり、
その幅広い知識を生かして犯罪捜査にあたる。
二重人格者の犯人に麻薬を使った拷問を受け、その後は後遺症で
言動が不安定になっていたが、麻薬依存症を克服しつつ成長して
いく。母ダイアナ(声:蓬莱照子)が統合失調症で、遺伝的要素
に怯えている。プレンティスがおかしいと指摘していたが、父
ウィリアムの記憶が全く無かった。スタートレックのファン。”

観ていて(守ってあげたい)と母性本能がくすぐられるギフテッドの
キャラですね。

次はこのブログでも以前とりあげた事がある「House M.D.」
Dr. グレゴリー・ハウス

f0238562_10305469.jpg


彼は私にとっては典型的な”万年反抗期の不良ギフテッド”
という感じがします。

性格的にはシニカルで理屈っぽく人嫌いなパパとそっくり!

会話の中であちこちに皮肉をちりばめるとこなんかも良く似てる!

とは言え、彼の鋭い観察力、分析力、推論能力、洞察力は紛れもない
ギフテッド、それもかなり高度なギフテッドと言えるでしょう。

各エピソードで彼が披露する、これらの優れた能力を観ていると
気持ちがスカッとします。

(病気、症状の原因を解明するのに、ソクラテス式問答法を用いて
いるのもなかなか面白い。)

又その能力に、ギフテッドならではとも言える強度のOEも重なり、
かなり強烈な感情を対処しようと苦悩する姿も又リアリスティック
な描写だと思います。

そしてピアノを弾いたり、と音楽的才能にも恵まれていて、まさに
ギフテッド&タレンテッドですね。

そして、last but not leastはこの「The Big Bang Theory」
(ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則)
という
コメディドラマ。

この番組は何も深く考えず、とにかく面白くてお腹の底からけらけら
大笑いさせてくれます。emoticon-0140-rofl.gif

        The Big Bang Theory

f0238562_1114974.jpg


”2人合わせたIQが360という二十代の仲良しオタクコンビ、レナード
とシェルドンはカリフォルニア工科大学の物理学者
カリフォルニア州パサデナにあるアパートで同じ部屋に住む
ルームメイト同士でもある。

2人揃って頭脳は明晰で、博士号を得るほど賢いが、どうも世間から
ズレていて友人はみんな変わり者。しかもルックスがイマイチなので
女性にモテる気配もない。そんな2人の部屋の向かいにある日、キュート
なブロンドの独身美女が引っ越してきたことから始まるコメディ・ドラマ。”

(ウェキペディアより)

ルームメイト同士のレナード(IQ173)とシェルドン(IQ187)
どちらとも頭脳明晰なギフテッドなのですが、私が特にお気に入り
なのが、アスペルガーの匂いをプンプンさせているシェルドン。

(公式にはシェルダンがアスペルガーという発表はありません。)

”カリフォルニア工科大学の物理学博士。専門はひも理論。
テキサス東部出身で、小学校に5年生まで居た後、11歳で大学に
飛び入学した。さらにそのあとドイツに留学し、ツイスター理論を
研究していた16歳の時に博士号を取得。並み外れた頭脳の持ち主で、
幼少時は神童とされていた。”

というズバ抜けたアカデミック、知能面での業績を修めたわりには
人の気持ちなど関係なしで、思った事をずけずけ言い、頑固で融通
が利かず、神経質で、又自分で車の運転ができないので、ルーム
メートのレナードやその他の友人に頼らなければならない等、日常
生活ではかなり周りのヘルプによって、何とか機能しているという
面があったりして、かなりアスペ臭い。

いつもレナードに運転してもらい、二人の職場であるカルテックへ
出勤するのですが、彼とけんかした時など公共の交通機関(バス)
を利用しないといけなくなり、そんな時は、潔癖性のシェルドンは
他の人が座っていた椅子が座れるよう、きちんと”バス用ズボン”
を着用し、仕事場に着いたら着替える、という徹底ぶり!

           潔癖性のシェルダン

f0238562_11364834.jpg


リビングのカウチにはきちんと”自分の場所”を指定して、そこ
には誰も座る事ができないし、シリアルなんかも食物繊維の量順に
よって、きちんと棚に並べられてたり、又曜日によって着る服や
食べる物もきちんと決めれていて、そのルールは徹底している。

異常なまでにばい菌を恐れ、友達でも身体の接触を避け、やむを
得ない場合の時など(けんかしていて仲直りのハイファイブをした
後、)本人の目の前で即座に殺菌用のジェルを手に塗りまくったり。

(失礼ね〜!)emoticon-0114-dull.gif

話し方もロボットが話しているようにモノトーンで、普段一般の人
は会話では使わないような単語(科学的単語)を使って話すところ
など、笑えます。

シェルダンを観ていると、あーちゃんに似たところがいっぱいあり、
(あーちゃんも将来あんな感じになるのかな?)なんて想像したり
しますが、でもシェルダンとあーちゃんの違うところは、シニカル
で人を見下げた物の言い方をするシェルダンと違い、まだあーちゃん
はそういった刺のある言い方をしないというところです。

(あっ、でも最近ちょっとそういう言い方が現れてますが。)

いつもシェルダンを観ながら、こうして何とか”自分の得意分野
を職業として追求”していけるのも、レナードとかまわりの友達の
(仕方なさそうにいやいやだけど)支援があるからこそなんだな〜
と、個人の環境(人間関係)の大切さをひしひし感じられずには
いられません。

あーちゃんも将来、シェルドンみたいにあーちゃんの事を理解して
くれる人たちに囲まれて、あーちゃんならではの能力を社会で存分
に発揮出来ればいいな〜なんて思います。

でもやはり「いい人間関係、友情関係」を築きあげる為には、他人
に要求するだけでなく、自らが供給出来る人間としてのクオリティー
を磨き上げていく必要があると思います。

シェルダンの友達はきっと、シェルダンのそういった部分も見えて
全体のパッケージとして彼を受け入れているんでしょう。

何だか微笑ましいです。

という事で、これから毎晩寝る前が楽しみです〜!

(寝不足には気をつけないといけませんが!)emoticon-0113-sleepy.gif

ちなみに、テーマ曲も面白いです!一緒に歌えるかな?



いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-09-27 12:23 | ギフテッド/2E

今回は残念だったね

今日のお昼、いきなりパパが、

「ケンタッキーフライドチキンが食べたい!」emoticon-0110-tongueout.gif

と叫び、そのまま車をとばして最寄りのKFCから大きなバケツ(!)
に入ったチキンやポテトなどを買って帰ってきました。

ランチの途中、又あのあーちゃん特有のキャタキャタemoticon-0140-rofl.gif
という笑い声とともに、

「ママ〜!KFCがスペリングを間違えているよ〜!」

という(間違いを見つけて)誇らし気な叫び声が聞こえてきたので
行ってみると、

「ママ、ほら〜! KFC が間違えてKGCになってるよ〜!」と。

f0238562_8292846.jpg


(ほんとだ! え〜、でもいくら何でも、こんな基本的な間違い
するかしら〜?)と思っていたら、テーブルでガツガツチキンに
噛りついていたパパがポロっと一言、

「あっ、それはKentucky Grilled Chickenの事だよ。だから
KGCであってるんだよ!」って。

あーちゃん 「あ〜あ なるほど〜!」

そしてその箱の反対側を見ると、

f0238562_8375413.jpg


ちゃーんとKFCとなってました。

う〜ん。 いつもスペルミスとか文法ミスとが見つけるのが得意な
あーちゃんですが、(もうほとんど見つけるのが快感という感じ!)
今回は残念でした。(チャン チャン ♪というサウンドエフェクト挿入)

私達は(あーちゃんと私)あまりこういったファーストフードのもの
は普段食べないので、(アメリカ生まれ、アメリカ育ちのパパはこう
いうの大好き)馴染みがないわよね〜。

まっ、たまには空振りもあるわよね?あーちゃん。

いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-09-27 08:48 | あーちゃん

先生に知ってもらいたいギフテッドの特徴

ギフテッドという言葉を耳にすると、即座に”学業が優秀な子”
もしくは”秀でた認知能力を所持する者”といったイメージ
が湧く方も決して少なくないのではないかと思います。

もちろん、「優れた認知能力」は、ギフテッドの定義の一部
としても顕著な要素ではありますが、ギフテッドの人達、特に
”Highly gifted ”と呼ばれる人達は、そういった認知能力
やIQ指数、又は創作性など、典型的なギフテッドを象徴する要素
とは一見して関連がないかのようにも思える、独特の
”personality traits”(性格の特徴)を持っています。

これらの特徴は、彼らが持つ”強烈な感情や強い感受性”が大いに
関連していると言われているようです。

Gifted People and their Problemsという文献には、
ギフテッドが示す典型的な性格の特徴と、それらがもたらす
であろうと予想されるべき様々な“問題点”などが
まとめて(あるいは箇条書きで)書かれています。

(英語ではありますが、わりと簡単な単語や文章で書かれて
いますのでわかりやすいです。)

その中で私が、(これは是非学校の先生に知ってもらいたい!)
と思ったのが、Behaviors Associated with Giftedness
(Webb, 1993)
という箇所で、その中にはギフテッドの子達
(認識されていない隠れギフテッドも含む)がよく見せる、
”否定的な態度、行動”があげられていました。

こちらがそのリストです。

★ギフテッドによく見られる行動

・集中力の欠如、退屈、ある一定の状況においての
 デイドリーミング傾向

・(その子にとって)趣旨の見えない繰り返し作業に対しての
 忍耐のなさ

・知能の発達と比べて遅れている(というか平均でも知能の方が
 進んでいるので比較すると遅れているように見える)判断力

・気の強さ、感情の強烈さから生じる、教育者や親などといった
 目上の者との衝突

・いつもエネルギーに溢れ(多動ととられる)あまり睡眠を要しない

・ルールや習慣、又伝統などに疑問を持つ


問題となりやすいギフテッドの認知、行動パターン

ギフテッドによく見られる特徴  → 考えられる問題

・情報の宝庫。 優れた長期記憶 → 授業中にての退屈感、
                  イライラ。

・頭の回転が速く、すぐ学ぶ。→ 思考に時間がかかる
               (頭の回転が鈍い)人に対して
                イライラして短気になったりする。
                

・高度なレベルの理解力 →  丸暗記を嫌い、学校での学習方法の
               レベル(の低さ)に苛立ちを感じて
               しまう。
               

・クリエイティブ思考 →  規律を乱す、破壊的だと見られる
              恐れも。

・興味関心分野においての長期集中力 → 邪魔されるのを嫌がる。
                    聞かない場合も。

・好奇心旺盛で、多くの事に興味を持つ→ 様々なプロジェクトを
               始めるが、コンセプトが尽き、
               作業が退屈になってくると、
               途中でやめてしまう傾向にある。
                   
               グループ学習に向かないかも。
              

・非常に高い集団基準意識 →自分と他人を比較する行動。
             自分の能力とマッチしたグループに
             混じる機会がない場合、エリート意識
             又は傲慢な態度になる恐れが。

             自尊心の誇張。他人に対して寛容や
             忍耐に欠け、罵る行為も見せたりする。
             又同時に自らの能力を隠す為に、わざと
             レベルの低いパフォーマンスを装う事も。
               
・優れた言語能力 → 会話を支配する傾向にある。                
          時には難関な作業をさける為に、このスキルを
            利用する事も。

(これはあーちゃんもよくやります!)

・高度な言葉の使用 → 同年代の子を遠避けてしまう恐れがある。

・オリジナリティに溢れた発想 → 論争的、理屈っぽい、人の考えを
               受けつけず、協調性に憤りを感じる。
               

・奇想天外な問題解決法を発想したり、突飛な意見を言ったりする。
 
 → 自分を理解してもらえず苛立たしく思う。               
   他の子供他達から“変なやつ”と思われる恐れがある。

・根気強く、目標指向である →頑固で協調性がないと見られるかも。

・幼い頃から抽象的な思考をみせる → ”死”や”人生の意味”など
                 と言った概念に固執するかも。

                 多くの子が詳細よりも概念を
                 好み、それが他人からみると
                 無礼に見える恐れがある。

・深く物事を考える → 締め切りやタイムリミットを嫌い、それゆえ
            中途半端で終わるよりましだ、とタスクを
            一切 避けてしまう傾向がある。
           

(Gifted People and their Problemsより)

以上、もちろんこれらの特徴/行動を見せる全ての子供が
”ギフテッド”と言っているわけではありませんが、これら
多くの、教育者側からみると”態度の悪さ””問題行動”
とネガティブに捉われてしまいがちな要素が、実はギフテッドの
特徴が別の形となって現れているのです。

学校の先生やコーチ、習い事の先生など、こういった子供達の教育、
生活に関わる者達が、こうしたギフテッドの特徴への理解、認識を
深めていく事によって、子供自身をとがめるのではなく「望ましく
ない態度、行動」の改善の対策を試み、こういった子供達の能力を
更に伸ばしてあげる支援をしていって欲しいものだと願います。

まだまだ知識、情報が幅広く知られていないギフテッドに関しては、
まずは教育者を教育する事から始まるでしょう。

学校でこんなかっこでやってたら「姿勢が悪い!」って
怒られちゃうね!


f0238562_1630731.jpg


いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-09-26 16:42 | ギフテッド/2E

やっぱり親子だな〜!

                おでこや口元がそっくり!emoticon-0136-giggle.gif


f0238562_11143529.jpg


いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-09-25 11:16 | その他もろもろ

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧