カテゴリ:ミドルスクール( 42 )

スキー場へのフィールドトリップ

いつも応援のクリックありがとうございます!
本日も↓ ↓ ↓ポチっとよろしくお願いします。 
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

少し前のこちらの記事でもお伝えしましたがが、昨日あーちゃん達の学年(7年生)
は、フィールドトリップとして、地元のスキー場へスキーをしに行って来ました。

先週の金曜日(1週間前)まで一度もスキーを滑った事がなかったあーちゃんですが、
この日の為の予行練習として、ひと足先にスキーを初体験した成果があったようで、
昨日のスキートリップは大成功に終わる事が出来ました!


先週初めてスキーをトライした時、私はうんち(??ではなく運動音痴)のあーちゃん
が、本当にスキーなど滑られるのだろうか?とすごく心配しいたのですが、驚いた事
に、初めてのわりには結構難なく滑れたみたいで、それどころかかなり楽しんでいた
様子でした。


そして2回目の今回、前回よりもかなり慣れた様子で滑る事ができたようで、(付き
添いとして参加したパパの話によると、今回はほとんどこける事もなかったよう)
前回よりもレベルアップしたコースへとチャレンジしていたみたいでした。

f0238562_5112631.jpg


          クラスメートと一緒にスキーリフトに乗るあーちゃん。

f0238562_518596.jpg

f0238562_519375.jpg


      ほんの数年前までは、こんな乗り物も怖がっていたけど今では平気です。

f0238562_521303.jpg


心と身体の準備が出来てたせいか、気持ちもとてもリラックスしていたようで、
お友達との交流も楽しむことができたみたいなのでよかったです。

                 赤い矢印があーちゃん。

f0238562_5263246.jpg


           2回目にしてはなかなかさまになってるじゃない?(笑)

f0238562_5284291.jpg

f0238562_5291185.jpg

f0238562_563095.jpg

f0238562_57250.jpg


              身体を動かした後のスナックはうまい〜!

f0238562_5314015.jpg


どうやら今回のトリップで、あーちゃんはますますスキーの楽しさを発見した
ようであります。

協調運動能力の発達に遅れがあり、全体的に運動が苦手なあーちゃんですが、
なぜかスキーは結構スムーズにできてるみたいで、不思議に思ってちょっと
ネットで調べてみると、スキーって”バランスのスポーツ”って言われている
みたいで、コーディネーションのスキルが必要なサッカーや野球などの球技の
団体スポーツが苦手なアスペルガーの子達でも、スキーは得意だという場合が
以外と多いみたいなんですよね。

で、ふと思ってあーちゃんが以前の小学校で受けた運動能力のアセスメントの
結果を引っぱりだして来てみて見ると...

f0238562_683216.jpg


アセスメントはあーちゃんが8歳10ヵ月の時に行われたもので、結果を見てみると、
各運動能力の項目で、 "Balance”(バランス)の部分の発達が10歳11ヵ月と、実際
の年齢よりも2年も上だったではありませんか!

f0238562_6134353.jpg


身体のコーディネーション(特に上半身)がイマイチのあーちゃんですが、
バランス感覚は以外と発達しているのかもしれませんね。

そういえば赤ちゃんの頃歩き始めたのも9ヵ月くらい、と結構早かったけど
歩くのはバランス感覚に関係しているのか?なんて思ったり。

まだ1歳の誕生日(11月15日)もこないのに、もうちょこまか走りまわって
追いかけるのに大変だったっけ。042.gif

f0238562_647863.jpg


                  逃げ足の速いやつだった。

f0238562_6474580.jpg


思わぬきっかけでスキーの面白さを発見し、これからも又やりたい!という
あーちゃんの為に、我が家はどうやらこれからはスキー場のシーズンパスを
購入する事になりそうです。


リノは近くにスキーリゾート地がわんさかありますので、こういった面でも
私達は本当にラッキーだなって思います。


最後に、こんなサイトを見つけましたので、参考になるかもと思いリンク
しておきます。

「運動やスポーツで自信をつける」



いつもブログを読んで頂きありがとうございます。040.gif

お帰りの際、一日一度、「見たよ〜!」とバナーをポチ
っと押して下さるとポイントが加算され、更新の励みになってます。
どうぞよろしくお願いします。<(_ _*)>
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2013-03-24 06:55 | ミドルスクール

クラスからの独立宣言!

本日もどうぞ応援をよろしくお願いします。
こちらポチっと。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ


月日が立つのは早いもので、あーちゃんが現在の学校に行き始めて丸1年が
過ぎようとしています。

当初私達が期待していた以上に、この学校は学習のレベルや指導法、先生達の質
なども申し分なく、基本的にはあーちゃんも大満足しています。

本当にいい学校に巡り会い、良かったと思ってます。


ただそんな中、最近あーちゃんは、現在所属しているクラスに対してポツポツ
と不満を口ずさむようになっていました。


その不満といいますのが、なんでもあーちゃんのクラスの子達は授業中でも
ぺちゃくちゃと私語が多くらしく、クラスが騒がしくてなかなか授業に専念
できないというものでした。


先生達も頻繁に注意したりしているみたいですが、あーちゃんによりますと、
一時的には静かになっても又すぐにざわざわした状態に戻ってしまい、時には
生徒が先生に対してふざけた態度などを示したりする事もあり、物事に対して
シリアスな姿勢のあーちゃんにとっては、とても耐え難い状況であるようです。


特に科学の実験の時間に”goofing around”(ふざけたりする)している子達
はたまらなく苛立ちを感じるそうです。


(ラボではふざけていると危ないので、そういう子は直ちに退室になるよう
ですが、先生が見ていないところでふざけるsneakyな子もいるらしくて。002.gif


あーちゃんって、遊びと学習(仕事)の区別はきっちりしたい性格なので、
時と場所、状況をわきまえず、ただふざけまくり人に迷惑をかけるタイプの
個人が耐えられないようです。

(基本的にすごく真面目な性格。)

それだけじゃなく、やはり一番苛立たしいのは、”学習の妨げになる”という事
らしく、騒いだりふざけたりして授業の邪魔をする子達が、本当に”学びたい
気持ち”
で学校に来ている者達もいるんだと言う事がなぜ理解出来ないのか、と
不思議でしょうがないみたいです。


あーちゃんのクラスは皆成績優秀、もしくはギフテッドの子達が集まる
Honor's Classと言う事で、なんだかそういう子達がいるのも不思議な感じが
しますが、でもやはり所詮12〜13歳の子供なので、このくらいの歳に結構よく
見られる態度/行動なのかもしれませんが。

f0238562_6215175.jpg



実際この件に関しては、あーちゃんも過去に幾度か先生達にも文句を言ってる
みたいで、(生徒の提案ボックスのようなものに” 懲戒処分”の強化を提案
したらしい。汗)でもあまりきちんとした処分も取られてなくて、それ自体も
イライラの原因になってるみたいです。


そんな中、社会科で現在アメリカ史の独立戦争辺りを学習しているあーちゃん達
に、”Create your own Declaration of Independence”という、実際の
The Declaration of Independence(独立宣言)の文献に基づいた、自ら
オリジナルの”独立宣言”を作成しなさいという課題が出されたようでした。


基本的には自分が所属する団体からの”独立”の意思を表明した文献で、実際
の独立宣言のプロセスを基に再現したもので、多くの子達が”親からの独立”
などをテーマにしてたみたいですが、なんとあーちゃんは”クラスからの独立”
として、オリジナルの独立宣言の文献を作成したのでした!


(自らが所属するクラスに滞在する事が、本来の目的である”教育の追求”
のニーズを満たせなくなったので、”学ぶ権利”を確実なものとする為に、
すでに存在する機関(クラス)から分離し、独立する事を表明したものみたい
です。笑)

(*ブロックしてあるのはあーちゃんの学校名です。)

f0238562_6372511.jpg

f0238562_6374823.jpg

f0238562_6542362.jpg


ちなみにこちらが実際のアメリカ独立宣言の文献です。

「The Declaration of Independence」

日本語訳

「アメリカ独立宣言」

これ読んで、

(マジでやるか〜?)008.gif

っと、ちょっとびっくりしましたよ!

クラスから独立する理由に、生徒の問題行動が赤らさまに箇条書きであげられ
ていて、これを読んだクラスメートから顰蹙かわれるんじゃないかと心配
しましたよ。

中にはあーちゃんの事を、”優等生ぶった態度が気に食わん!”とか言って、
いじめや嫌がらせをする子もでてくるのでは?などとマジで心配しましたよ。


でもビックリした事には、あーちゃんの話ではクラスの中にはあーちゃんと
同じように思っている子達も結構多いらしく、(ほとんどが学習に対して真剣な
態度を持つ、カードホルダー達(GPA4.0)なんとこの子達はあーちゃんに同意
し、この独立宣言にちゃんと署名までしてくれたらしいのです。

(クラス数約20名のうち署名数11名)

なんだか笑えると言うか。

先生はこのあーちゃんの”独立宣言”をかなり気に入ったらしく、なんと100点
120点と、20点もエキストラポイントをくれたそうです!

そしてこの課題を”見本としてキープしときたい”という事で、評価の点だけ
渡され、実際の文献は今でも社会科のMr.Jが持っているらしいです。


その後、他の科目(特に英語)の先生達にそれをみせながら、

「彼は”僕の”生徒だ!」

と自慢していたらしい。

その事を私に話してくれたあーちゃんもまんざらじゃなさそうな顔をしてました。

(*゚.゚)ゞポリポリ


その後、クラスルーム内の環境がどう変わったかは聞いてませんが、
(少しでも状況が改善されているといいのですが)今まで社会科があまり
好きでなかったあーちゃんは確実に、この教科に対しての見方が違って
来ているのが感じられます。


以前よりも興味関心がわいて来ているのは確かであります。


これも”情報や知識丸暗記”のみといった表面的な学習でなく、課題を更に
深く掘り下げた、意味のある学習法やクリエイティブなプロジェクトなどに
より、今までそれほど関心がなかった分野が火をつけられた、と言っても
過言ではないと思います。


後はもう少し生徒達がビへイブしてくれたらこの学校最高なのにね〜。


いつもブログを読んで頂きありがとうございます。040.gif

お帰りの際、一日一度、「見たよ〜!」とバナーをポチ
っと押して下さるとポイントが加算され、更新の励みになってます。
どうぞよろしくお願いします。<(_ _*)>
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2013-02-13 07:29 | ミドルスクール

パパとSpelling Beeの練習

あーちゃん頑張れ〜!っと
こちらポチっと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ


数日前、あーちゃんが学校から父兄宛の手紙を持って帰って来ました。

その手紙は、今回あーちゃんが学校の7年生の代表として地元の 「County
Spelling Bee」
(郡のスペリングビー)に参加することになったという事を
正式に報告したものでした。


手紙の中にはそのイベントに関してや、その他の詳しい情報なども書かれて
いたのですが、その中にこのような部分を見つけ...

f0238562_7595639.jpg


赤のアンダーラインを引いているところなのですが、そこには

”英語の教師が(子供に)渡した、スペリングビーとその勉強法について
の本を読ませて練習させるようにして下さい。もし(子供)が私と一緒に
練習するのを望むようであれば、それもできますので火曜日の放課後、私の
部屋に来て下さい。”


と言ったような内容が書かれてあったので、私の知る限りはそんな本など
もらって来た様子などなかったので、あーちゃんに、


「あーちゃん、Mr. D(あーちゃんの英語の先生)からスペリングビーに
関しての本もらった?」


と聞くと、あーちゃんは困惑した表情で、

「ううん、046.gif そんなものもらってないよ。」

と答えたのでした。

いやね、実はある程度そんなもんじゃないか?と予想はしていたんですよ。

このMr. Dって、かなりい〜じ〜ご〜いんぐっていうか、本当にまったりした
のんびり屋さんで、なんでもかんでも”まっ、いいんじゃな〜い?” 044.gifって
癒し系のタイプなんですよ。


で、普段はまぁそれでも別にいいんですが、この手紙をもらってきたのは
スペリングビーが開催される1週間ちょっと前で、練習するまでそれほど
時間もないのに、本さえも渡されてないの〜?って感じでちょっとイラっと
してしまい、

「あーちゃん、Mr. Dの事などほっておきなさいよ!013.gif それより火曜日
の放課後この先生(手紙の送り主)のとこに寄って、この人と練習しなさいよ!」


と差出人のサインを見ると...

なんと、Mr. D でした。|||(-_-;)||||

あはは...笑えるやら情けないやら...うそみたいなホントの話...


そしてその手紙をもらった後の火曜日の放課後、あーちゃんはMr. Dの
オフィスへ寄り、スペリングビーの練習をしてきたのでした。

その時に(やっと)ε-(ーдー)はあ〜スペリンビーの単語のリスト集ももらうことが
できました。


このカウンティのスペリングビーは1月31日に開催されるとの事で、今から
後1週間もないので、現在毎日パパがあーちゃんを特訓しています。

f0238562_961176.jpg


驚いた事に、あーちゃんはこのリストを初めて見たにもかかわらず、
(っいうか見てなくて、パパが単語を言ってあーちゃんが口頭で綴って
いってるのですが)大人でもふと考えてしまうような単語とかもすらすら
綴ったりして、パパも私もびっくりしています。

フランス語が語源のrendezvous(ランデブー)なんて、咄嗟に綴れと
言われても、私には綴れませんよ。

中にはHemerocallisというような、(なんやそれ?聞いた事もないぞ?)と
言った単語などもあったり。

あーちゃんの言う事には、単語を聞くと頭の中にその単語がビュジュアル化
されるようで、その文字一つ一つを頭の中で読み上げてるみたいです。


記憶力のよいあーちゃんは、聴覚記憶だけでなく(WISC-IV 作業記憶144)
視覚記憶の方も優れているみたいで、一度見たらそれがイメージとして脳に
焼き付いてしまうみたいです。

こういう部分はスペクトラムっ子の強みですよね〜!045.gif

f0238562_9213237.jpg


こういうところも小さい頃から変わっていない能力です。

1歳半~2歳の頃から、絵本で見た単語とかもアルファベットのおもちゃで
綴ってましたし。

関連記事はこちら。

「ハイパーレキシア(過読症)」
「文字フェチ」
「Memories: ハイパーレクシアな日々(Part3)」

f0238562_9385874.jpg


でも今回はあまり時間がなかったんので、たいして練習もできてませんので
あまり期待しないほうがいいかも。


実は数学コンテストのMathCountsの地区大会も2月2日に控えていると
いう事で、そちらの方も準備をしないといけないですし。


(って、もうすでに遅過ぎるって? 008.gif

なんだかいつもお尻に火がつかないと取り組めない私達親子です。

とりあえず残された時間、精一杯頑張って練習しているあーちゃんであります!


いつもブログを読ん頂きありがとうございます。040.gif

お帰りの際、一日一度、「見たよ〜!」とバナーをポチ
っと押して下さるとポイントが加算され、更新の励みになってます。
どうぞよろしくお願いします。<(_ _*)>
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2013-01-27 09:49 | ミドルスクール

本日の学校での出来事

本日、アメリカは12月7日で、パパの誕生日です。

(そして真珠湾攻撃の日でもあります。)

パパ、お誕生日おめでとう。024.gif


そして今日、あーちゃんは学校で2つの重要なイベントがありました。


まず一つは、ライフスキルのクラスで出されていたプロジェクト
発表で、予め与えられたいくつかのトピックの中から一つを選び、
それについてリサーチをし、パワーポイントでスライドを作成して
クラスの前で10~15分のプレゼンテーションを行うというものでした。


私がこの学校を気に入っている理由の一つが、こういった、学習面だけ
でなく、日常で生活して行く上で重要なスキルを学ぶ”ライフスキル”
のカリキュラムもとても充実しているという事で、体育は選択科目だ
と言うに、このライフスキルの授業は6年生の時と同様、7年生でも
基本的必須科目の一つとして組み込まれています。


スライドを使っての口頭によるプレゼンテーションとなると、例え
10~15分と言えど結構思ったより長く、内容的にかなりの情報を
必要とし、ここ数週間と言うものあーちゃんは、毎日の宿題やその他
の課題の合間に情報のリサーチ、パワーポイントの作成、プレゼン
テーションの練習と、日々大忙しの日々を送ってました。


コミュニケーションスキル、偏見、友情、アルコール飲料や麻薬の
危険、
などと言ったトピックの中からあーちゃんが選んだのは、
「いじめ」でした。


あーちゃんはまだ以前の学校に通っていた頃、自分自身も何度か
いじめや嫌がらせにあった経験もあり、このトピックに関しては
かなり個人的な思いがあったようです。


昨日の夜、最終的なリハーサルとしてこのプレゼンテーションを最初
から最後まで私とパパの前で披露してくれたのですが、内容的にも
デリバリー(口頭のデモの部分)もしっかりしていて、まるでTED
プレゼンテーションでも聞いているかのようでした!

(これはかなり親バカ丸出しの褒め過ぎって〜! あははっ。012.gif


そして今日クラスの前でそのプレゼンを披露し、先生からはExcellent job!
と興奮した褒めの言葉をもらったようで、本人もとても満足そうでした。

毎日頑張って練習した甲斐があったというものですね。


こちらがあーちゃんが作成したスライドのいくつかの例です。

               
                「いじめについて」

f0238562_1020571.jpg


f0238562_10231177.jpg


f0238562_10215430.jpg


f0238562_1022207.jpg


この課題ではアカデミックやビジネスの面などに必要な”プレゼンテーション”
のスキルと、いじめや嫌がらせなどといった社会的な問題においての
情報を同時に学ぶ事ができ、まさに一石二鳥の効率よい課題だと
思いました。


そして2つ目の出来事と言うのが...

今日、少し前の記事「Spelling Beeの予選」でも報告しました
「School Spelling Bee Contest」が行われました。


この校内のコンテストでは、各学年のクラス予選を勝ち抜いた生徒達が、
次の段階である”学区(郡)の大会”に進出する選手を決める為に競い
合ったそうで、結果としてあーちゃんが学校の7年生の代表として、来年
2月に行われる「County Spelling Bee」(郡の大会)に出場すること
になったそうです。


この2月の大会では、学区の他の学校の子達と競い合うようで、この
郡の大会で優勝した者が、晴れて次の段階である”ネバダ州大会”
進むようです。


あーちゃんが学校の代表として郡の大会に出場するのは嬉しいのですが、
来年の2月と言えば、ほぼ同じ頃にMathCountsの地区大会も開催
される予定となっており、これからあーちゃんはますます忙しくなり
そうであります。


学校から帰って来たあーちゃんから、”郡の大会に進出することになった”
と言うニュースを聞いたパパは、それはそれはもう大喜びでした。

パパの誕生日にこんな知らせを持って帰って来るとはね〜。


またしても、何と言うグッドタイミング!と言った感じであります。


パパにとっては嬉しいバースデープレゼントとなったみたいです。049.gif



いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ポチっ
をいただけたら更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-12-08 11:02 | ミドルスクール

Spelling Beeの予選

1週間ほど前、あーちゃん達のクラスはEnglishの授業中にいきなり
抜き打ちでスペリングのテストがあったそうなのですが、実はこれ、
どうやら来年の3月に予定されている州のSpelling Beeコンテスト
の参加者を選抜する予選のテストだったようです。


昨日学校から帰宅したあーちゃんは、私にそのテスト(といっても
ノートの紙きれですが)を差し出し、何気なくぽつりと、


「ママ、僕、どうやらスペリング・ビーの予選を通過したらしく、
来週行われる校内のコンテストに進出する事になったみたいなんだ」


と報告して来たのでした。

f0238562_1117283.jpg


この予選ではそれぞれの学年のクラス代表者を選ぶ事になっていたようで、
あーちゃんのクラスからは、あーちゃんが代表として選ばれたようでした。


英語の先生の話によると、40問中37問正解だったあーちゃんが学年
(7年生は全員で95名ほど)でもトップのスコアだったらしく、(平均
は25問正解)どうやら来週行われるスクールコンテストに進出する事に
なったようです。


これを聞き、私はいつもプラスチックのアルファベットを片時も離さず、
家中の至る所に様々な文字や句を綴りまくっていた赤ちゃんの頃の
あーちゃんを思い出し、思わずぷっと吹き出してしまいました。


(3才で何も見ず”metamorphosis”(変態)なんて綴ってるんだから
この子、もしかしたら将来スペリング・ビーに参加出来るかも?などと
冗談で思ったりしてました。笑)


f0238562_11351451.jpg



最近は数学関係のコンテストなどに力をいれてきて、スペリング
など全く頭にもありませんでしたが、こうしてみるとやっぱり
未だにこういった部分もすたれてないんだな〜と笑ってしまう。


そういえば、カリフォルニアの以前の学校でも小学校4年の時に
学区のスペリング・ビーまで進出して、自分より学年が上の子達と
競い合ってたっけね。

             4年生のスペリング・ビー(学区大会)

f0238562_1152359.jpg


f0238562_115258100.jpg



ただ、この州のSpelling Beeは来年の3月に行われる予定で、
実はMathCountsの州大会も同じ時期に開催される為、私と
してはちょっと複雑な気分なんです。


多分スペリングの方はそれほどのレベルまでは行かないと思うの
ですが、私としては時間とエネルギーはMathCountsの用意の為
に費やしてもらいたいなと言う感じですかね〜。

(2つのコンテストを追う物は1つの座も得ずと言う事にもなり
えるんじゃないかと。笑)


でも本人にとっては”7年生の中で一番だった”と知り、数学以外で
他人から評価を受けたと言う事がちょっぴり嬉しかったみたいです。


(同じ英語の分野でも”読解力を測るテスト”であるARは2回連続で
不合格になって以来すっかり自信喪失してしまい、怖くてしばらく
テストを受けてない状態みたいですが...苦笑)


どこまで行けるかわかりませんが、とりあえず”参加する事に意義がある”
で、いけるとこまで頑張っていったらいいのではないかと思います。


いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ポチっ
をいただけたら更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-12-05 12:13 | ミドルスクール

ボランティアに挑戦!


土曜日の昨日、あーちゃんの学校で小学生(4年&5年)を対象に
した算数のコンテストが開催されました。

    
    (ちなみにこれはビデオじゃありません。プライバシーの為写真のみです。)

f0238562_8125235.jpg


AMCMathCountsなどと言った、中学生や高校生対象の数学大会
は色々あるのに比べ、小学生を対象にしたものが数少ないという事で、
低学年のうちから”math”の楽しさ(!)を植え付けようという目的で、
あーちゃんの学校は毎年このイベントを主催しているようです。


この日は学区の多くの小学校から、自らの”math kid”ぶりを披露しよう
と、算数の得意な4年生と5年生がこのコンテストに参加しました。


あーちゃんの数学の先生(代数&MathCounts)が、このイベントの
行事を取り締まる事になっていたらしく、1週間くらい前からクラス
で、このイベントの際先生の手助けをしてくれるボランティアを募集
していたのですが、なんとあーちゃん、


「僕、Mrs. Iのヘルプをしたい!」( ゚д゚ )ノ


とボランティアを申し出て、昨日は土曜日だと言うに普段学校へ行く
のと変わらない時間に家をで、学校に向かったのでした。


(コンテスト自体は10:00am-1:00pmという時間帯だったのですが、
それまでに色々と準備をしなければならない事がたくさんあるという
事で、ボランティア達は学校には朝の8時に集合)


                あーちゃんの学校の通路。
     
      私も今回学校のこんなところまで足を踏み入れたのは初めてで、
      おもわず写真をとってしまった。
          
          (何だかGleeのロッカーのシーンを思い出します。)

f0238562_859054.jpg



           楽しそうに先生のヘルプをするあーちゃん。

f0238562_931764.jpg


             左の方に小さく写っているのがMrs.I

f0238562_95459.jpg


この先生は見た目からすると、多分30代半ばくらいで、性格がとても
穏やかな感じの人で、いつも朗らかに笑っていて話すときはやんわり
と鈴の音のような声で話し、何だかマシュマロのようなほんわりした
雰囲気の先生であります。


あーちゃんに対しての口癖が、

「He is amazing~!」


で、あーちゃんの数学の能力を高く評価しているばかりでなく、
あーちゃんの”穏やかで気だての優しい”性質を気にいってくれている
ようで、あーちゃんはこの先生を信頼、そして尊敬しているようです。


だから”Mrs.Iが助けを必要としてる”と聞くと、

”ぼっ、僕がやります!” (,,゚Д゚)ノ

という気持ちになるんでしょうね〜。


いや〜、微笑ましいじゃないですか。045.gif


以前は誰かが困っているとか、何かを必要としているなど察しも
しなかっただろうし、察したとしても”僕がなんとかしてあげたい”
などと自らわざわざ申しだすような事はなかったので、今回の件で
あーちゃんの精神的な大きな”変化”が伺われたようで、ちょっぴり
嬉しくなってしまいました。


もちろん”数学”に関連した事だったからかもしれませんが。

(社会科の先生だったらしてなかっただろうな〜。026.gif


新しい状況が苦手なあーちゃんですが、それでも大好きな先生の
手助けをしてあげたくて、こういった社会的活動にも積極的に参加
しようと試みる姿勢など、ある意味”社会的認識”が高まって来た
サインなのかもしれません。


この学校はアカデミックな分野だけでなく、こうしてソーシャルな面
でもあーちゃんに”成長を促進する機会”を頻繁に与えてくれ、私達
も感謝の気持ちでいっぱいであります。


ちなみに20数人のMathCountsのクラスからは、あーちゃんを含め
全部で5人がボランティアを申しだてようで、その中には前回の
大会でチームメンバーだった2人もいたようです。


やっぱり数学の好きな子達って、数学に関連した事ならなんでも
携わりたいっていう気持ちが強いのでしょうかね?


休日を(半日)返上してまでヘルプにやって来てくれるという姿勢
が先生としては嬉しいんじゃないかなと思います。


数学仲間達とも楽しい一時が過ごせて、この日はあーちゃんにとって
もとても充実した半日だったようです。



いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 040.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ポチっ
をいただけたら更新の励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-11-19 09:43 | ミドルスクール

フィールドトリップでSix Flagsテーマパークを来訪

はぁ〜! 疲れました〜!042.gif


実は昨日の土曜日の早朝から今日にかけてカリフォルニアを訪れてまして、
長いドライブの末、少し前(夜の7時頃)帰宅したばかりであります。

(皆さんへのコメントの返信が遅れております。すみませんがもう少し
辛抱して下さい。汗)


その理由と言いますのが、土曜日、あーちゃんのクラスがフィールドトリップ
として、カリフォルニア州のVallejoにあるSix Flags Discovery Kingdom
と言うテーマパークを訪れたからでした。


f0238562_13254258.jpg


f0238562_13283994.jpg


あーちゃんの担任の先生はAlgebraI(代数1)の先生でもあるのですが、
どうやら、明日の月曜日に提出予定となっている例の”ローラーコースター
プロジェクト”
にちなんで、このクラストリップを企画したようでした。


”ローラーコースターに関係する物理的コンセプトを学び、独自でモデル
を設計し作成した後は、実際のローラーコースターを体験しよう〜!”
というノリで先生は今回のトリップを企画したみたいでした。


学校時間以外のアクティビティという事で、もちろん自由参加。


このテーマパークのアトラクションのほとんどが絶叫マシン(ものすごく
怖そうなローラーコースターの数々)と言う事で、こういった乗り物が
苦手なあーちゃんに、(まず嫌だと言うだろうな〜)とほぼ確信しながら
も、とりあえず本人に行きたいかどうか聞いたのですが、なんと即座に、

「行きたい!」

とめちゃめちゃ乗り気で答えたのには正直いってビックリしました。005.gif

          
           こんな絶叫マシーンアトラクションがあちらこちらに。

                「ぎゃあ〜〜〜〜!」

f0238562_13311344.jpg


                 「ぎょええ〜〜〜!」

f0238562_13314399.jpg



どうやらあーちゃんはクラスメート達と一緒に楽しい経験をしたいと
いう願望が強かったようで、自分はあまり好きでもない事でも、他の子
との交流の機会を持つ為に積極的に参加するという試みが見られて、
私としてはとても嬉しかったです。

           
           クラスで一番中の良いJ君と色々話をするあーちゃん。

f0238562_13375245.jpg


         二人で楽しそうに遊んでいます。(見ていて微笑ましかったです。)

f0238562_13392511.jpg


            他のクラスメート達とも楽しそうに交流してました。

f0238562_13405732.jpg



親もシャペロン (付き添い)として参加しても良い、という事だったので、
もちろん”金魚の○ンペアレンツ”である私達も付いて行きましたとも! 026.gif 
偉そうに言う事じゃないっ!って?
(笑)


でも今回はあーちゃんにハッキリと、

「パパ、ママ、僕は二人とも大好きだけど、でも今回は僕は他の親達の
グループと一緒に行動したいから、パパとママは付いてこなくていいから。」




っと、言われてしまいました〜!

なんでも”自立心を開拓したい”ようで。(本人の言葉)

おおぉぉぉ〜〜〜〜〜。

何やら悲しい007.gifような、でも嬉しい043.gifような複雑な気分。

いや、あーちゃんの”自立心を開拓しよう”と試みる姿を、これも大きな
成長だと思って喜ぶべきなんですよね。


というわけで、あーちゃんは他の親に頼み、私とパパはパーク内で別行動
する事にしたのでした。

仲良しのJ君のお父さんが引率するグループに混じって行く事にした
ようでした。

f0238562_13455740.jpg


私達はやっぱりちょっと気になってしまい、一番最初のアトラクション
だけあーちゃん達の後を追って付いて行きました。
(ストーカーか? 笑)

           まずはマイルドなローラーコースターからスタート。

f0238562_1348519.jpg


                でてきたところをキャッチ!
           あーちゃん、とっても楽しそうで、安心しました。

f0238562_1351529.jpg


この後は私達も完全に別行動で、この歳でローラーコースターに乗ったら
私もパパも心臓発作でも起こしかねないので、大人しくギフトショップ
に寄ったり、海洋生物のセクションを訪れたりして暇をつぶしました。

            ギフトショップで見た、面白いTーシャツ。

f0238562_13552312.jpg


                   イルカのプールを見物。

f0238562_13565996.jpg


                水槽のガラスごしからみたイルカ。

f0238562_13581710.jpg


         Extreme Close-up! このつぶらな瞳が何ともいえない〜!

f0238562_13594262.jpg



そして4時頃一度グループ全員が集まって、中間報告、確認をしました。

集合地点となった噴水はいつもはイルカのモチーフみたいですが、今月
(10月)はハロウィーンをテーマにした飾り付けになってました。

                スケルトンと血の海のファウンテン

f0238562_1455887.jpg


                あーちゃん、本当に楽しそうでした。

f0238562_1481282.jpg


この日(土曜日)はハロウィーンにちなんで、Fright Festというスペシャル
イベントがあったようで、夕方からは歌や踊りのショーなどもやってました。


f0238562_14133436.jpg


        こんな怖そうなモンスターとかがパーク内をウロウロ歩いてました。

f0238562_1415496.jpg


この日のパークは夜の10時くらいまで開いていたみたいですが、クラスは
7時にお開きしました。

(リノまで帰るのには車で4時間くらいかかりますので。)

                 最後にクラスの皆で記念撮影。

f0238562_14223286.jpg


あーちゃんは、「Best day ever!!!」049.gifとえらく楽しかったようで、
私達もそれを聞きとても嬉しかったです。

(でも大袈裟やな〜、それ。)


朝っぱらから早起きして片道4時間ほどかけてやって来た甲斐があった
というものです。(週末だったので、パーク付近がめちゃめちゃ混んでいた!)

ちなみに、この晩は疲れていたし、どうせここまで来たんだからと言う
事で、日曜日である次の日、サンフランシスコを訪れる事にした為、
この晩はそのままパーク付近のホテルに一泊する事にしたのでした。


サンフランシスコ訪問については長くなりますので、そのときの様子は
次回の記事という事で。


一日中歩き回って疲れましたが、あーちゃんはとっても楽しんだみたい
だったし、クラスメートと仲良くやっている姿を確認する事ができて、
私達にとっても、とても充実した日となりました。



いつもブログをご訪問頂きありがとうございます!<(_ _*)>

にほんブログ村のランキングに参加してます。

下のバナーをポチっとクリックすると
ポイントが加算されるようになってます。

お帰りの際押して頂くと更新の励みになります!
「自由の女神」By あーちゃん
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-10-08 14:35 | ミドルスクール

社会科に悪戦苦闘しています

早いものであーちゃんも今年で7年生となりました。(日本で言うと中1)

ミドルスクール(中学)ともなると、各教科それぞれ学習内容もかなり
難しくなり、質と量のどちらに関してもとてもチャレンジングになって
きているようです。

新学年開始当初心配していたEnglishの先生は、私達が思っていたほど
「熱血コントロールフリーク教師」031.gif ではなかったようで、授業内容や
課題等にもそれほど過酷さは見られず、今のところスムーズにAの評価を
保って行ってるみたいです。

その他の教科も今のところは何とかこなしていってるみたいで、数学関係
(代数I 、MathCounts、高校幾何学)の教科は、余裕のよっちゃんで
高校生の中に混じって受けている幾何学の授業もA+と言う事で、私達の
当初の心配をよそに、なんとかうまくやってるみたいです。)


ただ...ですね〜...

どうやらあーちゃん、新学年が開始したばかりの時はこれといって何とも
思っていなかった社会科のクラスに七転八倒しているようなんですよ〜!

(けっ、今年はアメリカ歴史か。そんなの軽い軽い!044.gif )

と、私も軽く鼻であしらってたとこがあるのですが、なんとこの社会科
の先生、生徒に対する要求もかなり高く、(学習面、自己管理面共々)
”ハイスタンダードの教育を目指す!”とやたら鼻息が荒い「熱血教師」で、
授業内容もハードだし、課題やプロジェクトもよく出して来るし、
(又その内容が込み入っていて、かなり時間を食ってしまう)と、今年は
どうやら社会科がネックになってくるのではないか?と言う気がします。


社会科はあーちゃんの”最も興味のない科目”という事もあり、自分の
興味関心のない分野においては、学習意欲もなく、集中力も維持出来ない
という特質のあーちゃんにとってはかなりキツい状態です。


だから、私も社会科の成績においては(パパのように)テストや課題など
で毎回Aの評価を期待してませんし、苦手な分野に対していかに学習意欲
を高め、いかに学習のプロセスを効果的に遂行していくか、というのを
学んで行ってくれたらいいのだという、ちょっと大らかな態度でみています。


実は昨日、つい最近の記事の原因となった社会科の抜き打ちテストを見たの
ですが、それ見て怒るより大笑いしてしまいましたよ。

               あーちゃんの社会科の抜き打ちテスト

f0238562_3425973.jpg


あれ、何よ!013.gif 
結果はCとか言ってたくせに、65/100っていったらDじゃない! 

思わず笑ってしまったのはこの中の4番の質問で、

f0238562_3495774.jpg


”What did the Comanche Tribe want more than food?"
(コマンチェ族(インディアン部族の一部)が食料よりも望んでいた物とは?)

という質問に対してのあーちゃんの答えが、

"Killing other members of other tribes."
(他の部族の者達を殺す事)

って。 ~(^◇^)/ ぎゃはは〜!

正解は”馬”なんですがね。

どっからそんな発想がでてくるんでしょうね。全く。

あーちゃんによると、

”コマンチェ族は闘争心が激しい031.gif部族だと思った”

と言ってましたが、そんな〜

「わしらは三度のおまんまよりも他の部族を殺す事が好きだぞ〜!」
(/-_・)/D・・・・・------ (;/゜o゜)/ ザク!

って事はないでしょうに。(笑)

後、もうひとつ笑ってしまったのがこの部分、
コロンバスについての文章を書けという事らしいのですが、

f0238562_3585833.jpg


(相変わらず字があまりにも汚くて読めないので、タイプします。汗)

”When Christopher Columbus was going on a voyage seeming to
last an eternity, he finally struck land, "Eureka!" he exclaimed,
and gold he obtained."


(クリストファー・コロンバスが永遠に続くかのように見えた航海の
最中、彼はついに陸に突き当たり、”Eureka!”(何かを発見した時に
叫ぶ言葉)と叫び、金を手に入れた。)

と書いてあるのですが、それに対して先生は、

「いいアイデアだけど間違ってるよ。1849vs1492?」

とコメントしています。

どうやらあーちゃんは1849年の”ゴールドラッシュ”と1492年の
”コロンバスアメリカ大陸発見”という歴史的出来事を混乱してる
みたいって?(汗)

歴史に興味がないっていってもあんまりだわこりゃ〜。008.gif

又、右上の方に単語を書く問題があるのですが、(5問)このエリアが
完璧に無視された状態で、先生から”Where are they?"って聞かれてます。

あ〜、どうせぼ〜としていてテスト用紙もよく見てなかったんだろうな。


この抜き打ちテスト、問題自体は全然難しくなく、授業中先生の話をよく
聞いていればどれも簡単に答えられる質問ばかりなのに。

こういうの見たらあーちゃんが社会科の授業中、何やら他の事考えてるか、
ぼ〜と無心に教室の壁でも眺めてるんじゃないか?って思ってしまう。


興味関心のない事に関しては、相変わらずこんな感じです。

でもそういうところがあーちゃんらしくって、これも学習面で凸凹
が著しいあーちゃんの笑える特徴かな?って。

パパの猛烈教育パパゴン傾向が強まるにつれ、それについて無意識のうち
に何とかバランスをとろうとしているのか、最近の私はあーちゃんの学習面
においてはかなりlaid-backな態度になってきてます。

両親がどちらも鼻息荒くしてたら子供も可哀想ですもんね〜。



いつもブログをご訪問頂きありがとうございます!<(_ _*)>

にほんブログ村のランキングに参加してます。

下のバナーをポチっとクリックすると
ポイントが加算されるようになってます。

お帰りの際押して頂くと更新の励みになります!
「自由の女神」By あーちゃん
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-09-28 04:29 | ミドルスクール

選択教科も半端じゃない

先日、あーちゃんが学校から私達宛にある手紙を持って帰って来ました。

それによると、なんでもあーちゃんはこの学校のA+プログラムという
特別なプログラムに容認されたらしく、この手紙はそれについての
詳しい説明会への案内状でした。

その説明会は昨日の夕方6:00から行われたのですが、又してもパパが
自分から出席すると言ってくれたので、今回もパパに行ってもらいました。


この”A+プログラム”って今回初めて聞いたので、これが一体どういった
プログラムなのか全く検討がつかなかったのですが、夕べ説明会を終えて
帰って来たパパの話によると、これは学校内の”数学””科学”の分野
のみを対象としたギフテッドプログラムのようで、これに受け入れられた
生徒は、学校が提供する特別なコースを受ける事が出来たり、特別な学習
プロブラムに参加できたりするようです。


さすが、STEM(Science, Technology, Engineering, Math)の分野に力
をいれている学校とあって、数学や科学のカリキュラムがかなり強化
されているのが伺われます。


このように”特定科目”のプログラムだと、一般のギフテッドクラス
(Honor's class)の対象外になった生徒達でも、特定の分野が秀でて
いれば(この場合数学と科学)特別なプログラムやコースに参加でき
るので、凸凹ギフテッドの子達に対しての細かな支援が行き届いていて、
大変素晴らしい事だと思います。


現在あーちゃんがElective(選択教科)として取っているMathCounts
のクラスも、実はこのA+プログラムの一環のようで、プログラムに
受け入れられた子達だけが取れるようになってます。

(*MathCountsは、中学生対象の数学コンテストです。)

このクラスは、MathCounts対象の学年である、6,7,8年生の中から
選りすぐられたmath kid達18人で構成されていて、選択教科と言えど、
毎日1時間、週5時間あり、宿題も毎日欠かさず出されますし、宿題や
課題の提出を3回怠ってしまうと即このクラスから席を排除されると
言うくらいかなり真剣なプログラムであります。


めちゃめちゃ厳しい〜!002.gif


ちなみにこのクラスには前回の州大会の時チームメンバーだったR君と
Cさんも参加していて、既にこの二人と顔見知りのあーちゃんは、たま
に話を交わしたりして交流を楽しんでいるとの事です。
(二人とも8年生)

            前回のMathCounts出場チームメンバー。

       左から、コーチのMr.G、あーちゃん、M君(現在9年生)R君、Cさん。

f0238562_5462689.jpg



前年度はMathCountsは選択教科ではなく、練習は週2回ほど放課後の
”クラブ活動”として行われていただけなので、今年は学校としても、
このコンテストに随分力を入れているみたいですね。

         
          (私も前回はちょっと熱くなってしまいました。笑)

f0238562_526284.jpg


パパの話だと、今回新しくMathCountsの先生/コーチを担当する事
になったI先生は、”今年は是非とも全国大会に参加するわよ!”
かなり熱くなって意気込んでいるようで、毎日の授業以外にも月一度
の割合で、(多分土曜日)朝9時から5時までの”週末一日数学キャンプ”
を計画しているとの事です。005.gif


しっかし、すごいですよね〜。

この全部で18人のクラスの中から、実際大会に出場出来る人数は
限られているので、(たしかチームメンバーは4人)先生の話では
最終的には”試験”によって選抜されると言う事で、あーちゃん、
今年はうかうかしていられません!


前回はめちゃめちゃラッキーだったけどね。

前回のMathCountsについての関連記事はこちら。

「げ〜!又もやいきなりの展開」

「初めての数学コンテストに参加!」

「数学コンテストでのちょっとほろ苦い裏話」


前回は何かと色々ありましたが、今年度はこれだけ学校も力をいれて
いるし、あーちゃん自身これだけコンテストの準備の機会に恵まれて
いるのですから、今年こそは是非とも頑張って全国大会出場の夢を
実現させてもらいたいものです。




いつもブログをご訪問頂きありがとうございます!<(_ _*)>

にほんブログ村のランキングに参加してます。

下のバナーをポチっとクリックすると
ポイントが加算されるようになってます。

お帰りの際押して頂くと更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-09-08 06:17 | ミドルスクール

Back to school nightと折り鶴

昨日はあーちゃんの学校のBack to school nightの日でした。

このBack to school nightというのは、毎年新学年が始まって1週間
くらいした頃に催される、保護者の為の「学校とクラスの説明会」
みたいなものです。

学校によってその内容なども多少違って来るとは思いますが、基本的
には校長先生から学校の教育方針などの説明、そして担任・教科担当
の先生からは、大まかな学習内容や評価方法、指導法、課題予定など
といった、クラスに関係した様々な項目についての説明があります。


まだあーちゃんがカリフォルニアの小学校に行っていた頃は、毎年
私がこの行事に参加していたのですが、今回はなんとパパが自分から
行くと申し出てくれたので、昨日はパパに参加してもらいました。


(定年退職後のパパはあーちゃんの学習分野の面にかなり携わって
くれ、私も本当に助かっています。)

f0238562_4314421.jpg



パパの話によると、昨日はあーちゃんの各教科の先生一人一人と
直接話をする事が出来たそうで、どの先生もあーちゃんの事を
すごく褒めていたそうです。


特に数学(代数1、MathCounts)担当のMrs. Iはあーちゃんの数学の
才能と知識にとても感心していた様子で、特にあーちゃんの数学に
対してのパッション(情熱)を大いに評価していたそうです。


今年度のMathCountsの大会は、このMrs.Iがコーチを担当するらしく
(残念な事に以前のコーチは別の学校に移動してしまった。涙)
”今年は絶対全国大会に行きますよ!”と大きな目をキラキラと輝かせ
ながら言っていたそうです。


そして飛び級としてとっている高校の幾何学の先生とも個人的に
話をする事が出来ました。

実はこの先生、この夏にあーちゃんが参加した”数学キャンプ”担当の
先生だったので、私達もすでに面識がありましたし、6日間あーちゃん
を見て来たこともあり、あーちゃんの特質や数学の才能などについて
もある程度すでに認識がありました。


私達が学院長に高校のクラスに飛び級をリクエストした際、学院長は
この高校の数学の先生に相談したのですが、その先生は最初あーちゃん
を10年生のクラスに入れるのを躊躇していたようだったので、私達は
先生が学習についていけるか心配していると思っていたのですが、先生は
”このクラスはA君(あーちゃん)には簡単過ぎて、彼が退屈するんじゃ
ないかと心配だ”
ってなわけだったんですよ。

でもどちみち最終的には単位を修得しないといけないコースですので
退屈やらなにやら言ってる場合じゃありませんので、「とにかくクラス
には迷惑をかけないようにしますので」と承諾してもらったのでした。


で、パパの話によるとその先生が言うには「今のところ全く問題なし!」
だと言う事で、それどころか「彼は素晴らしい生徒だ!」と褒めて
頂いたそうで。


色々と心配しましたが、やっぱり思い切って”数学キャンプ”に参加
させて本当に良かったと思いました。

この先生がキャンプであーちゃんの数学の能力を垣間みるチャンスが
あったからこそ、3学年もの飛び級と言う、この学校始まって以来初
の試みを承諾してくれたのですから。

何事も機会があるならば”種を植えとく”べきだな〜と思いましたよ。


そしてパパはあーちゃんの関心度が一番低いSocial Studies(社会科)
の先生と暫くのあいだ話をしたようで、私達はあーちゃんが授業中
ボケ〜として学習に集中していないのではないか?と少し心配して
いたのですが、先生の話では”授業も集中して聞いているし、クラス
の活動にも積極的に参加して、本当に素晴らしい生徒だ”
と言う事
らしいんです。

おお〜! So far, so good! 038.gif

この状態がいつまで続くかは定かではありませんが、(いつも新しい
物事とかはすぐ熱くなってしまうのですが、そのわりには飽きっぽく、
すぐにその熱が覚めてしまう傾向があるので...)とりあえず今のところ
はなんとかうまくやっていっているようで、安心しました。


又、パパの話ではこの社会科の先生、あーちゃんがGeography(地理)
とかに興味があるか聞いて来たらしいのですが、先生が言うにはあーちゃん
は優れた記憶力をもっているので、National Geographic Beeのコンテスト
に出場させたいとの事ですが、あーちゃんは地理とかあまり興味がない
ようですし、コンテストはMathCountsAMCなどで忙しくなると思う
ので、パパは先生に丁重にお断りしたそうでした。


パパは各教科の先生方と話をした際、あーちゃんの診断と”特質”に
ついてもきちんと伝えて来たようで、先生や学校側が対処できない
問題などがあったらすぐにメールを送ってもらうように設定してきた
そうです。

(パパもGood Job~! 038.gif)

と言うわけで、昨日のBack to school nightは、とても充実した
ものとなったようです。

Meanwhile,.....

私は、あーちゃんの幾何学のクラスで出された課題をヘルプ...

その課題と言うのが、「折り鶴」を折ってくる事というもの。

折り方はYou Tubeなどを参考にしてもよい、と言う事で、まず
私は一切手を貸さず、本人自身でやらせてみる事にしました。

         
          You Tubeを観ながら一生懸命鶴を折っているあーちゃん。

f0238562_615396.jpg


       何度も何度もビデオをプレーバックし、説明通り折ろうとしてるん
       だけど図形が苦手なあーちゃんには複雑過ぎる作業みたい。

f0238562_6191824.jpg


              
             へっ??? なんでそうなるの????

f0238562_621520.jpg


           かなり長〜〜〜い時間かかってやっと完成しました!
                あーちゃん、本当に嬉しそう!

f0238562_6244949.jpg


(しっかし、四苦八苦しながら鶴を折っているのを見ていると、やっぱり
あーちゃんの視覚空間能力ってかなり凹なのがわかります。008.gif
これからもっとこういった活動などもさせないと。)


f0238562_6251974.jpg


            提出物はちゃんと名前を書く事を忘れないようにね!

f0238562_6275290.jpg


昨日はパパもあーちゃんも、本当にお疲れさまでした〜! 038.gif


いつもブログをご訪問頂きありがとうございます!<(_ _*)>

にほんブログ村のランキングに参加してます。

下のバナーをポチっとクリックすると
ポイントが加算されるようになってます。

お帰りの際押して頂くと更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-09-01 06:35 | ミドルスクール

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧