「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:目指せデイビソンアカデミー( 26 )

デイビソンアカデミー再受験の可能性?

本日もどうぞ応援をよろしくお願いします。 
こちら↓ ↓ ↓ポチっと。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

昨日は風邪でダウンしてしまい、(ちょこっとブログを更新した以外は)一日中
ベッドの中で寝て過ごしました。

(晩ご飯はパパがあーちゃんのARML(高校の数学コンテスト)の練習の後、
そのまま二人でどこかへ寄って外食してくれましたので、のんびりできました。)


そのせいか今日は風邪の症状も和らぎ、昨日よりは遥かましな状態に回復しました。

皆さん、私の体調を心配して下さりありがとうございました。emoticon-0139-bow.gif


インフルの時は数日間もがき苦しんでましたが、やはりただの風邪は比較にも
ならないくらい症状が軽く、一日寝ただけでどうやら回復に向かっているよう
なのでよかったです〜!


あーちゃんの方もすっかり気分がよくなったみたいで、昨日の数学の練習も嬉し
そうに、いそいそε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛と出かけて行きました。


練習の際、メンバー達の間では、昨日のMathcountsの話で盛り上がったようで、
あーちゃんは、デイビソンアカデミーの子達に”是非ともデイビソンアカデミーに
来る(入学する)べきだ、そして最強のチームを組んで、来年の大会でもH校
(べガスにある理数系の強敵学校)を打ちのめそう!”
と誘われた、って嬉しそう
に話してくれました。



でもね〜。 その子達も充分承知だとは思うんですが、デイビソンアカデミー
転校するっていっても、いくらこちらがしたくてもそう簡単にできるわけでは
ないんですよね〜。


この学校は特別な学校で、デイビソンに入学希望をするには、まずSATのスコア
が上位99.9パーセンタイルの数値、又はIQ145以上である事が応募の条件と
なっていて、そして第一次審査合格の後、一番難関である入学アセスメント
(一日アカデミーに体験入学し、実際に授業についていけるかを細かく審査する)
に合格しないといけないんだから。



あーちゃんは一昨年、この入学アセスメントで不合格になってますので、まあ、
その時と比べると、確かにライティングやその他のアカデミックなスキルとかも
幾分向上してるとは思いますが、全てのクラスが最低でも通常の学年より3学年
レベルが上だという、スーパーギフテッド学校のデイビソンアカデミーのクラス
にはついて行けそうにないと思うんですよね。



(あーちゃんのデイビソンアカデミー入学アセスメントの件についての
 詳しい記事はこちらへ。)


■ とりあえず全て終了 
■ アセスメントの結果報告が来ました


デイビソンアカデミーの生徒達って、Mathcounts(数学の才能)だけでなく、
同じ子がスペリングビーで学区や州で1位になったり、その他のコンテストに
おいても優勝な成績を収めたり、と”どの分野でもかなりのギフテッド”の子達が
多く、正直言ってあーちゃんは数学以外はデイビソンのレベルではないと思うん
ですよね。


(現在7年生のあーちゃんが、英語やその他の科目で10年生レベルを学習するなど
想像出来ません。)


あーちゃんもその事を充分心得ているみたいで、”デイビソンアカデミーの再受験
を考えるのなら、まず苦手の読解力、それも批判的読解力のスキルを向上させない
といけないと思う”と言ってました。


そしてもう一つは、現在デイビソンアカデミーに願書を提出する為に必要なSAT
スコアはあるものの、あーちゃんの考えでは、もう少しCritical Readingの数値
をあげたいという事らしく、とりあえずこの先更にSAT受験に挑みながら様子を
見て行きたいと言う事でした。


パパはあーちゃんに来年度(8年生)からデイビソンに行かせたいみたいですが、
私としてはあーちゃん個人の意見も尊重してあげたいと思いますし、実際今焦って
締め切り(4月1日だったと思う)前に応募したにしても、すぐにアセスメント
を受ける準備もできてませんし。


(あーちゃんは、”それにもう今の学校に、"intend to return"(来学年も通学する
意思を伝える申請書)用紙も提出してしまったし〜!”と又もやあーちゃんらしい
事言ってますが。)


さて、どうなる事でしょう。


とりあえず、今のところはあーちゃんの言う通り、学業で苦手科目や部分を上達
させていきながら、SATのスコアもあげていき、様子を見るのがよいのではないか
と思います。


いずれにせよ、近くに色々な教育のオプションがあるというのはいい事ですね。emoticon-0100-smile.gif

        
          いつかはデイビソンアカデミーへ行ける日が来るだろうか?

f0238562_6511523.jpg




いつもブログを読んで頂きありがとうございます。emoticon-0139-bow.gif

お帰りの際、一日一度、「見たよ〜!」とバナーをポチ
っと押して下さるとポイントが加算され、更新の励みになってます。
どうぞよろしくお願いします。<(_ _*)>
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2013-03-12 06:59 | 目指せデイビソンアカデミー

とりあえずのこれからの進路

数ヶ月前、ギフテッドのタレント開発などのプログラムでお馴染み
The University of Iowa The Belin-Blank Centerという機関から
あーちゃんが、タレントサーチで最優秀賞(上位1%)を受賞した
という知らせを受け、そろそろその表彰状が郵送されてくる頃では
ないか?と思っていた矢先の事、先日郵便受けを覗くと案の定、
Belin-Blank Centerからの少し大きめの封筒が入ってました。

受賞に関しての詳しい情報はこちらの過去記事を。

「タレントサーチで最優秀賞(上位1%)を受賞」

              
                送られて来た手紙と表彰状。

f0238562_4145797.jpg


                    表彰状

f0238562_4172970.jpg


この賞、この機関のタレントサーチに参加した全米の上位5%(学力テスト)
の中から、更にその上位1%の数値を得た者達に与えられるという特別
最優秀賞らしいのですが、賞状だけ見るとなんともお粗末なデザインで、
何だかあーちゃんがキンダー(幼稚園)の時によくもらって来ていた、
”100まで数える事ができましたで賞”といった表彰状とあまり変わらない
ようで、ちょっとガックリ。emoticon-0124-worried.gif

(あのバカでかいスターがいかんわな!)

とりあえず、もらえるものはありがたくもらっておきますが...


それにしても月日が経つのは早いもので、(なんか最近このセリフ
ばっかり言ってる気がしますが。)あーちゃんがこの賞を受賞する
事になったEXPLOREというテストを受けてから、早や1年以上が
経ちました。


もともとこのテストを受けた理由というのが、当時入学を目指して
いたギフテッド専門の学校、「デイビソンアカデミー」への応募の
為に必要だったのですが、数値的にはデイビソンの応募資格基準に
達していたものの、最終的には面接、そして入学試験で不合格と
なり、残念ながら第一志望校であったデイビソンには入学する事が
できませんでした。


デイビソンがダメだった時点では、(去年の12月)今回はダメだった
けど、諦めずにこれから1年間更に学力をつけ、来年又新たに挑戦
するぞ!
という意気込みでした。


その数ヶ月後(今年の2月)には現在の学校に通い始める事になった
わけですが、正直言いますと、当時はあくまでもデイビソンへ入学
するまでの”一時的な滞在”というくらいにしか思っていませんでした。


が、この学校は全ての面において(特にアカデミックの分野)私達が
期待していた以上に素晴らしい学校であるという事に気付いたのです。


この学校は公式には”ギフテッドプログラム”がありませんが、各
学年で学業優秀な生徒が集められ、内容的には約1〜2学年ほどの
レベルが促進された”Honor's Class"というクラスが設けられている
ので、そこに所属する事ができれば学業的にはかなりのチャレンジ
が与えられ、知的、学業面でのニーズを満たしてくれる事ができます。


全ての教科において、その学習内容レベルが最低でも3学年は促進
されているというデイビソンアカデミーでは、はっきりいって現在の
あーちゃんでは、数学や科学ははまだしも、英語や社会科などの科目
についていくにはかなり無理があるというのは明らかであります。


今の時点のあーちゃんは、多分デイビソンの過酷な授業についていける
だけの学術的スキルも備わってないでしょうし、数学、科学以外の科目
においては、能力的にも不十分ではないかと思います。


特にEnglish、その中でもリーディングの分野など、はっきりいって
デイビソンが要求するレベルにはかなりほど遠く、仮に万が一入学試験
に合格したとしても、過酷な授業内容をこなして行くだけの読解力や
文章作成力が未熟であるというのは否定出来ません。


それらはこの6月に受験したSATの数値でも明らかであります。


デイビソンアカデミーへの応募基準として、現在7年生のあーちゃんが
必要なSATのスコアが、MATH660VERBAL/CRITICAL READING
が、640
なのですが、あーちゃんの6月のスコアはMATHが710、と
デイビソンの基準に達しているどころかかなり上回っているのに対し、
VERBAL/CRITICAL READINGが460とかなり下回っていて、その差は
非常に極端であります。(汗)


もちろんこれから数ヶ月の間SATを特訓し、リーディングの数値を
向上させる事も可能だとは思いますが、学校での毎日の学習や課題
に追われている現在では、それに費やす時間も限られて来ます。


そして、例え数値が幾分向上したにしても、460から640へといった
大幅なジャンプはまず期待出来ないだろうと思うのです。



又、数値的にはかろうじて640取れたにしても、最終的にはやはり
それだけの短期間で、デイビソンの過酷な授業について行けるだけ
のレベルに達するというのはかなり無理に等しいと思うのです。



現在のあーちゃんは、1〜2学年上のレベルでさえひ〜ひ〜言っている
状態なので、これが最低でも3学年も上となると、学習面だけでなく、
それらがあーちゃんの精神面、感情面にどういった影響を及ぼすかなど
と考えると、かなり不安がよぎってくるのです。


私としては、英語や社会科などといった科目に大量の時間とエネルギー
や労力を費やし、あーちゃんの得意分野である数学や科学の学習が
疎かになってしまうという状況だけは避けたいと思うのです。



Zone of proximal development(発達の最近接領域)の概念から
考えてみても、デイビソンでは学習のレベルや内容が”習得しにくい”
位置にあり、長期的にこういった”達成できないゴール”に曝される
と、本人も自らに対して自信を失い、更に学習意欲の沈下なども
予想されるのではないかと思ったりするのです。


(特にあーちゃんは不安症ですし、外界のあらゆる刺激やストレスに
対して弱いという面をもってますので。)


それに対し、現在の学校は数学以外の教科は”熱過ぎず、ぬる過ぎず、
ちょうどいい湯加減のあーちゃんにピッタリあった、”ラーニングゾーン”
にあり、又数学においてもこれ又あーちゃんの個人のレベルを考慮して
複数学年の飛び級などの機会も与えてくれるという、絶好の学習環境に
身を置く事ができ、こういった好条件に恵まれた現在の状態を諦める
というのは間違った動きだと思ったのです。


こういった私の考えを、”何が何でもデイビソン命”と、とにかく
デイビソンを崇拝してやまないパパに、長期間に渡って何度も気長に
説明し続けたところ、最終的にはパパも私の意見に同意し、結局今年
はデイビソンの受験を見送る事に決めました。


(もちろんあーちゃん本人の意見が一番大切なので、本人の意思を
確かめたところ、現在の学校に居たい!という事でした!)



この先、あーちゃんがずっとこの学校に滞在するか、はたまた高校から
デイビソンを目指すかはいまのところ定かではありませんが、今の所は
とりあえず、ミドルスクールいっぱい(7年生、8年生)は現在の学校
で頑張る事にしました。


            いつかはここで勉強する事になるかもね?

f0238562_721223.jpg


という事で、もともとはデイビソン入学が目的でこの地に引っ越しして
きましたが、デイビソンはダメだったけど結果的には素晴らしい教育
環境に恵まれる事になったので、やはり思い切ってリノにやって来て
本当に良かったなと思っています。


人生、一つのドアが閉じれば別のドアが開かれるという感じで、先の
予想はつき難いものですが、でも大切な事は開かれたドアは躊躇せず
とりあえず足を踏み入れてみるということかもしれませんね〜。




いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ポチっ
をいただけたら更新の励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-11-04 07:06 | 目指せデイビソンアカデミー

SATスコアレポートの分析

昨日いつものように郵便受けを覗くと、予期してなかったものが
入っていてびっくり!

暫く待たないといけないだろうな〜と思っていた公式のSAT
Student Score Reportがもう郵送されて来ていたのです!

College Boardのカスタマーサービスの人の話では結果発表
の日(6/21)から少なくとも2~4週間はかかると言っていたので。)

各科目の数値は結果発表の当日直接College Boardに電話をして
聞いていたのでわかっていたのですが、スコアについてのその他
の詳しい情報が得られるだろうと期待してイソイソと封筒を開けた
のですが...

f0238562_935329.jpg


へっ? こんだけ???emoticon-0120-doh.gif

スコアレポートといっても、各セクションの数値と全国、州における
ランキング(パーセンタイル)と言った、ごく基本的な情報のみ!


f0238562_9412170.jpg


スコア表の下に、ごく簡単に2011年の高校3年生の平均スコアが
書かれてありましたが。

f0238562_947462.jpg


こうして見ると、アメリカの高校3年生のSAT平均値って、あまり
大した事ないんだな〜。

っていってもこれはあくまでも全ての数値を”平均”したものなんで、
学区の教育水準や、個人の教育環境に大きな差があるアメリカでは
多分SATの数値にも大きな差があるんだろうな〜なんて思ったり。

上のスコア表からはあーちゃんがどの分野の問題を間違ったか、
と言った詳しい情報は得られないのですが、各セクションのスコア
(数値)から各問題に対してどのくらい間違っているか、と言った
事などがかなり推測できました。

College Boardから出版されているこの問題集のスコア換算表を
参考にしてみたところ...

f0238562_10322076.jpg


数学の710というスコアをとる為には49というraw scoreが必要で、
数学のセクション全54問のうちこの49というスコアをとるには、
1問不正解ごとの0.25ポイントの減点を含め、54問中4問間違った
という計算になります。

(54(全問題数)–4(実際に間違った数)–(4x0.25)(減点)=49)

f0238562_1094364.jpg

まあ、減点の対象とならない”書き込み式”の問題も10問あります
ので、ざっと推定してみて今回あーちゃんは数学においては54問中
4~5問間違ったとみるのが妥当だと思います。

こうして見ると、11歳で高校生レベルの数学の問題54問中、4〜5問
しか間違わなかったというのは、初めての試みにしては上出来きでは
ないかと思います。

又、ライティングのセクションもはっきりしたraw scoreがわかり、
同じくスコア換算表を参考にし、具体的な情報が掴めました。

f0238562_10345175.jpg


f0238562_10353461.jpg


あーちゃんがスコアを見るのを楽しみにしていたエッセイ(25分間
の小論文)のセクションも、1-12という範囲の中、6というスコア
が得られていて、本人はまずまず満足していた様子でした。

Multiple Choice(多肢選択式)の数値64を参考に減点も含めて
計算すると、ライティング全問題数49問中、42問正解と言う事で
7問しか間違わなかった事になります!

数学がいい数値がでるのはある程度予想していた事ですが、
ライティング(といっても文法や技巧がほとんどですが)の
セクションが期待以上に良く出来ていたのにはびっくりしました。

(そして小論文も! 出題されたテーマが高校生レベルで結構
難しいのであーちゃんには”とりあえず何でも書いておけ!”と
言っておいたくらいなので、中間のスコアにはびっくりしました!)

と、これらのセクションは思わぬ好結果に本人も私達も満足している
のですが、やはり問題はCritical Readingのセクションなんですよね〜。

リーディングにおいては細かく割り出してませんが、あーちゃん
の言うところでは、多分半分くらいしか正解してないらしいです。

これがやはりあーちゃんにとって大きなネックとなってる部分
で、今回数学においては余裕でデイビソンアカデミーの応募基準
である660に達しているものの、リーディングの方が460という
数値ではかなりデイビソンの基準を下回り、”数学だけできても
学習に大変重要な要素であるリーディングがこれだけ弱ければ、
デイビソンの授業にはついていけないだろう!”
って言われるのは
目に見えています。

(実際去年の入学アセスメントでもそのような結果報告でしたので。)

もし来年度デイビソンに入学を目指すのであれば、この先リーディング
のスコアを大幅に向上する必要があると考えています。

(最低でも550は欲しい!)

と言うわけで、どうやらこの分野がこれからのあーちゃんの大きな
課題になりそうです。

まあ、でも今回の受験は締め切り前の咄嗟に決めたもので、ろくに
試験準備する暇もなかった事もありますし、これから少し受験勉強
をしていけば、次回はもっとスコアも向上するのでは?と期待して
います。

デイビソンアカデミーに再応募するかどうかもまだはっきりと
決めたわけではありませんが、とりあえずある程度のスコアだけ
は確保しておいた方がいいですもんね。

現在の学校もあーちゃんに合っていて今は満足していますが、これから
先はどうなるかわかりませんし。

あーちゃんの教育環境に関してはまだまだ落ち着いてない状態で、
いつも常に模索の状態であります。

あ〜、早く落ち着いてくれたらいいんだけど。

         デイビソンアカデミー、来年は行けるかな? それとも...

f0238562_1119257.jpg


とりあえず今回の受験はあーちゃん、よくがんばりました。



いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-06-28 11:23 | 目指せデイビソンアカデミー

2012年はあーちゃんの年だ〜!

数日前ふと気がついたのですが、2012年の今年は辰年なんですね。

2000年に生まれたあーちゃんは辰年生まれで、今年は年男という
ことになります。

月日が経つのは本当に早いものです。

普段は占いとかホロスコープとかあまり信じないタイプの私では
ありますが、Year of the dragonの今年は”あーちゃんの年
なんだか素晴らしい年になるような予感がしてなりません。

あーちゃんが生まれた時、至福に満ちたパパはあーちゃんの誕生を
記念して、私にSwarovskiのクリスタルドラゴンをプレゼントして
くれました。

辰年である今年、そのドラゴンを暖炉のアルコーブに飾ろうと思い、
まだガレージに積み重ねられてるダンボール箱を探すけど、どこにも
見あたらないじゃありませんか!

どうやらまだカリフォルニアの家に残っている箱の中に詰められて
いるようです。emoticon-0106-crying.gif

            これとまったく同じのクリスタルのドラゴン

f0238562_1411017.jpg


お正月が明けた今週末、又カリフォルニアの家へあと残りわずかと
なった荷物を取りに行く予定にしていますので、その時このドラゴン
を持って帰ってきます!


さて、去年の後半は私達家族にとって変化の連続の日々となり、毎日
が目まぐるしいスピードで過ぎて行きました。

素晴らしい出来事もたくさん経験しましたし、デイビソン入学試験
にパス出来なかったなど、ちょっとがっくりする事もありました。

デイビソンに関してはひき続き、今年も頑張って一から出直しです。

というわけで新年2日目の今日、今年度のあーちゃんのアカデミック
ゴールについて検討してみました。

まず、最終的なゴールとしてはもちろん”デイビソンアカデミーに
入学が受け入れられる事”なのですが、その為には願書提出に必要な
テストのスコアを得る事から始まります。

来年7年のあーちゃんがデイビソンに入学願書を提出する為には
SATである一定のスコアを獲得しなければなりません。

          デイビソンのアプリケーションに必要なSATのスコア

f0238562_1416871.jpg


このスコアはデイビソンのサイトによると、 99.9th パーセンタイル
(上位0.1%)に当たる数値らしいので、まずこの時点でかなりの
難関であります。

でも、全てのカテがこの数値でなくてはいけないというのではなく、
Verbal 、Math もしくはCombined(両方)のいずれかの数値が
達していればよいとのことなので、もちろんあーちゃんはMathの
スコアをターゲットにしています。

とは言え、言語の方もアセスメントですごく大切になってきますので
Verval/Critical Readingにも力をいれていくつもりです。

このSAT、通常はハイスクールの子達が大学進学の為受ける試験
ですので、あーちゃんの学年で受験するのはちょっとややこしい
のですが、この学年で受験する場合は通常地域のアカデミック
タレントサーチなどを通して受験する事が出来ます。

あーちゃんがExplore受験の際利用したBESTS というタレントサーチ
を調べてみたところ、どうやらSATは最低7年生からとなっていて、
まだ6年生である今年は受験出来ないらしい。

あれこれ色々とリサーチの結果、ネバダ州で6年生でもSATが
受験出来るアカデミックタレントサーチの機関を見つけました!

Center for Bright KidsWATS(WESTERN ACADEMIC
TALENT SEARCH)というタレントサーチです。

ここだと今年の3月に予定されているSATを受験する事が可能
なので、とりあえず全く未知のこのテストを実際受け、まずは
ベースラインを測る事から始めようと思っています。

それからデイビソンのスコアに達する為の対策を立て、それを
実行していく予定であります。

とりあえずSATは年に何度も受験出来る試験ではないので、
目標とする数値を得る為には、慎重に学習計画を立てて行く
必要があります。

という事で、今年も通常のホームスクールのカリキュラムを続け
ながら、それ以上に試験勉強に取り組んでいかなければいけない
ので、あーちゃんは又々大忙しですが、本人の”デイビソンに
行きたい”
という願望は健在のようなので、学習にも力が
入るんじゃないかと思います。

そして日々の努力と年男の秘めたパワーで、今年は確実に

”あーちゃんの年”

になるぞ〜と確信しています。

今年も親子ともども頑張りたいと思います。

いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-01-03 14:53 | 目指せデイビソンアカデミー

アセスメントの結果報告が来ました

デイビソンアカデミーのアセスメントの結果報告が今日
届きました。

まず結果から言うと、残念な事に今回は合格する事が
出来ませんでした。

合否の通知の手紙を読んでいる間も、不思議な事に私の気持ちは
何故だかすごく落ち着いていて、(思った以上にドキドキ感も
感じなかった)結果を確認した後も、”ショック”というより、
(ああ、やっぱり思った通りだったか)という気持ちの方が大き
かったです。

通知の手紙と共に送られてきたのは、詳しいアセスメントの結果と、
そして足りないスキルを向上するのに役立つ情報が含まれていて、
デイビソンの細かな配慮が感じられました。

結果を詳しく見ると、やはり私が思った通り、現在のあーちゃん
にはデイビソンの過酷なカリキュラムをこなしていくだけの
アカデミックスキルが備わっていないというのが一目瞭然でした。

特に批判的読解力、推論能力、そして分析、論理的文章力の部分
のスキルが、デイビソンが要求するレベルに達してなかったよう
でした。

このような高度なスキルは、たがが2週間やそこらでそう簡単に
培えるものではない、というのは百も承知だったのですが、
アカデミーが望んでいるレベルが全く検討がつかなかったので
とりあえずやってみるしかないかな? なんて軽い気持ちで
ありました。

この辺は私自身の準備が足りていなかった部分で、もう少し前から
アセスメントの傾向を把握して、じっくりと時間をかけてこういった
スキルの指導をすべきだったと反省してます。

ここ3ヶ月間の間、全く予期もしていなかったExplore受験に
入学申し込み、そしてアセスメントと、多分あーちゃん自身も
準備が整っていなかったのを、あれよあれよと、とにかく
無我夢中に駆け足で突っ走ってきた感じがします。

でも今回ここまでくる事が出来たのは、あーちゃんの日々の
絶え間ない努力の賜だと、その辺は大きく評価しています。

毎日苦手な分野を、文句一つ言わずによく頑張りました。

今回のアセスメントは、あーちゃんにとっても素晴らしい経験
になったのではないかと思います。

パパと私から報告結果を受けたあーちゃんは、さほどショックを
受けている様子もなく、

”アセスメントの詳細をみせて! どこがどうダメだったのか知りたい!”

っと真っ先に自分の結果分析に目を向けるとこなど、なんだか
あーちゃんらしくてほっとしました。

そして私自身、不合格の結果報告を目の当たりにして、変に冷静で
感情的にならず、すぐさま結果の分析、これからの対策にフォーカス
している自分に気がつき、(あ〜、こういう時は感情的にならず、
物事を冷静に客観的にみる傾向って役に立つわ)と思ってしまった
のでした。

私の人生って、何度も崖っぷちにたたされ、絶望状態を経験した事
がありますので、少しくらいのセットバックにはあまり動じなく
なっているのかも? (笑)

だから私のモットーは”七転び八起き”です。

(はっきり言ってパパの方が随分しょげてます。やっぱりショック
だったようです。 なんだかんだ言っても、パパにはあーちゃんの
凸凹部分が完全に把握できてないようなんで。)

あーちゃんが3歳で中度〜重度の自閉症で、このままノンバーバル
の可能性も高いし、普通の生活を営んで行けるか定かではない、
(あまり期待しない方がいいですよ)と告知された時の事を思えば
少々の事ではへこたれない根性がつきましたし。

そして今回のアセスメントは、私にとってあーちゃんのアカデミック
スキルの凸凹を客観的に分析できる、最高のツールとなりました。

これを元に、これからどのような対策を練って行けばいいのかが
見えてきました。

ちなみに数学に関してはほどんどパーフェクトスコアで(30ポイント
の内29)このテストは選択式でなく、全ての問題を計算機なしで、
公式を記入しなければいけない、という”数学的論理思考”を探る
テストで、デイビソンが言うには”ほとんどの子が、一般の標準テスト
よりもかなり低いスコアがでる”という事だったので、それが完璧
に近いスコアをだしたあーちゃんは、やっぱりMath kidだわ〜!
と、改めてあーちゃんの数学的才能を確認する事ができたのでした。

あーちゃんの話では微分積分など、高校数学のトップレベルの問題
も出ていたようです。

かなり難しい問題ばかりだったと言ってましたが、やはり数学に
関しては”習ってない事でも応用を利かして解く能力”が備わって
いるようで、数学に関しては”余裕でデイビソンレベル!”って
親バカ丸出しで叫びたいくらいです!(笑)

とりあえず、手紙にも書いてありましたが、アカデミーの多くの
生徒が2回目、3回目と受験して受け入れられてますので、まだまだ
諦めるのは早いです。

これからの1年、またみっちり学習に励み、再度挑戦する予定で
あります。

あ〜、その前に今度はまずSATのスコアをクリアする事から始まり
ますが...

何だか又もやゴールがいっぱいできて、これから更に忙しく
なりそうです。

今まで私達と一緒にこの”目指せデイビソンアカデミー”
冒険に付きあって、いつも応援してくださった皆様、本当に
ありがとうございました。

皆さんの暖かい励ましのおかげで、私達家族はここまでくる事が
出来ました。

これからも頑張りますので、どうぞ又応援頼みます〜!

              又来年受験しにもどってくるよ〜!

f0238562_1128076.jpg


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

Happy Holidays!emoticon-0171-star.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-12-22 11:28 | 目指せデイビソンアカデミー

アセスメントでのちょっと笑えるお話

デイビソンアカデミーのアセスメントの後、あーちゃんから聞いた
アセスメントの様子で、思わず笑えてしまったお話をちょっと
シェアしたいと思います。

アセスメントの大半は、エッセイを書いたり、質問に答えたりと
言った”ライティング”のタスクに重点を置いたものだったようで、
受験者達には各自アカデミーからノートパソコンが配給されていた
ようでした。

面白いのが、あーちゃんによると、

”ママ、デイビソンのノートパソコンは、まだWindows XPなんだよ!
それでもって、パソコンが古いのか、立ち上がりも思いっきり遅いし、
マイクロソフトワードもなかなか開けなくて、イライラして何度も
ダブルクリックしてしまったら、最終的には10個くらいファイル
が開いちゃって、一つづつ閉じなきゃいけなくなったんだよ〜!”

って、笑いながら話してくれました。

あーちゃんのノートパソコンのオペレーションシステムはWindows 7
そしてプロセッサーはインテルCore i3ということで、一応それなりに
操作もスムーズにできるので、それに慣れてるあーちゃんにとっては、
デイビソンのパソコンは、”カタツムリのペース”だったようです。emoticon-0104-surprised.gif

そして更に”タッチパッドの反応が鈍く、とっても非効率的だった!”
って。

「デイビソンとあろう物が...C学校に負けてるよ。」
って首を横に振りながらつぶやいている姿が笑えました。

C学校はあーちゃんが4年生まで通った小学校で、これまで
古〜くてすぐにクラッシュしてしまうコンピュータばかり置いて
あったのですが、つい最近地元の匿名の人物が、$50,000
相当のiMacを寄付して、コンピューターラボが大幅にアップ
グレードされたのでした。)

      地元の新聞に載っていた、C学校のコンピューターラボの様子。
            あーちゃんと同級生の子達(6年生)

f0238562_17153380.jpg


なんだかんだ言ってもデイビソンも公立の学校だからね〜...

それにしても、そんな”カタツムリペース”のパソコンだと、
”ハヤブサ”並に頭の回転の速いデイビソンの生徒達にとっては
苛立たしくなってしまうのではないか?と思ったりするのですが。

何だかちょっと笑えてしまうアセスメントでの”裏話”でありました。emoticon-0136-giggle.gif

いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

Happy Holidays!emoticon-0171-star.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-12-21 17:27 | 目指せデイビソンアカデミー

とりあえず全て終了

10月末のExplore受験から始まったデイビソンアカデミー
入学申し込み手続きが、昨日のアセスメントが終わった時点で
とりあえず全て終了しました。

後は結果を待つのみです。

結果がどちらにでようとも、あーちゃんは毎日この日の為に最善の
努力を尽くしてきたので、決して悔いはありません。

本当によく頑張ったものだと思います。

昨日のアセスメントは朝8時から午後4時までという、ほぼ1日
がかりの行事で、子供達が試験を受けている間、親の方も学校案内
や面接などがありました。

子供達が検査の為に別室に呼ばれていった後、親達はアカデミーの
理事長からアカデミーについての案内がありました。

理事長の話では、”(子供が)この最終段階(アセスメント)に
達したというだけでも非常に誉れ高い事であり、例え今回入学が
受け入れられなかったにしても、それは決してその子がデイビソン
の基準に達していなかったのではなく、現在の時点では学習面、
精神面においての準備が万全に整いきれてない、という事であって、
多くの志願者が準備をし直して再度申し込みをし、その後受け入れ
られている場合が多いので諦めてしまわないように!”

という事でした。

(何だかダメだった場合、前もって親の精神的ダメージを少しでも
和らげようとする考慮が感じられて、(さすがデイビソン、親の
感情のフォローまで考えてるんだな〜!)なんて思ってしまいました。emoticon-0144-nod.gif

そして不合格だった場合は、どの部分のスキルが欠けているか、
又、どうすればそれらを向上できるかなどといった結果の分析や
学習法、教材の推薦などもしてくれるという事で、後のサポート
も期待でき、本当に頼もしい限りであります。

(実用的な私にとっては、こっちの具体的なサポートの方が
嬉しかったりして〜!)

そして学校案内のスピーチの後は、デイビソンのスタッフによる、
University of Nevada, Reno(ネバダ大学リノ校)のキャンパスツアー
に参加しました。

(デイビソンアカデミーはこの大学のキャンパス内に位置します。)

f0238562_11425693.jpg


大学内のミュージアムやコンピューターラボ、図書館などを見学。

f0238562_11443876.jpg

f0238562_11485232.jpg


詳しい事はわからないのですが、デイビソンアカデミーはこの
大学の”付属部門”か何かに値するようで、学校のスケジュール
も全て大学と一致されていて、デイビソンの生徒は大学が供給する
サービスを利用できるとの事なんです。

だからデイビソンで、”上級の化学”のコースをとってる生徒は
大学の化学ラボを利用できるらしい。

こんなにもリソースに恵まれた中学/高校があるでしょうか!

f0238562_1158981.jpg


キャンパスツアーの後は、アカデミーのスタッフによる父兄面接
が行われました。

私達はアカデミーの理事長との面接でした。

約30分間ほどの間、あーちゃんの気質や人格、物事に対しての
見方や態度などといった質問に応じた後、私達、親側からの教育面
においての具体的なゴールやプラン、要望などについて話し合いました。

その際、あーちゃんの”診断”についての話も持ち上がったの
ですが、理事長は”必要ならばIEP、もしくは504プラン
(1973年のリハビリテーション法。社会に完全に参加する
障害を持つすべての人の権利を保護する公民権法のセクション504
の規定で、障碍者に対しての”accommodation(適応、調節、収容)
を保証するとする規定)を設定する事も出来るが、アカデミーでは
既に生徒各自、個人のニーズに合わせた Personalized Learning Plan
(PLP–個人学習計画)
が作成されるので、これだけで十分でしょう。”
との事でした。

確かに。

この計画書は学習面だけでなく、その他感情面、精神面、セルフヘルプ
など、全ての分野が含まれているという事らしいので、言わばIEPと
同じような物ですね。

そういう点も確認でき、非常に安心しました。

ちなみに理事長の話によると、現在アカデミーの生徒のうち、
約10%がこの504プランを受けているという事らしいです。

という事は、最低でも生徒の10%は2Eという事なんですね。

何だか以外に少ないんだな〜って思いましたよ。

父兄面接の後は親達はアカデミーより退散。

地元に住む私達は、”4時にアセスメントが終わりますので、
それまでに子供を迎えに戻ってきて下さい。”と言われた後、
自宅に帰ってきて待機してました。

そして3時半くらいにアカデミーに到着して入り口のドアを開くと、
なんとすでにあーちゃんはアセスメントを終えてドアの近くまで
出てきており、見ると2〜3人のアカデミーの生徒達と楽しそうに
会話に花を咲かせていたではありませんか!

私達の存在を察し、こちらを振り返った時のあーちゃんの
嬉しそうな顔といったら!

この顔を見て私は涙があふれそうになるほど感動して嬉しかった
ですよ〜!emoticon-0106-crying.gif

やっぱりこれなんですよ!

高度なレベルのカリキュラムや、個人に合わせた学習方法云々も
もちろん魅力ではありますが、やはり私にとってデイビソンの一番の
魅力というのはあーちゃんが心からつながり合える友達を見つけられる
場所ではないかという事。

すごくフレンドリーに、

「See you next year!」
(来学年度会おうぜ〜!)

っといって笑顔であーちゃんに手を振る生徒達の顔は本当に素敵で、
毎日の生活が充実してて、ハッピーである事を物語っているようでした。

あーちゃんもすっかり合格した気分になって、(爆笑)

「See you next year!」

と手を振りながらお別れを言ってました。

            アセスメント終了直後、アカデミーの前で。

f0238562_1363878.jpg


その後アセスメントの感想を聞くと、もうすごく嬉しそうに、

「とっても楽しかった! 先生は優しく指導してくれたし、内容は
難しかったけど、先生がきちっとヘルプしてくれるので効果的に
学べたよ〜!」

って、ものすごい早口で話してくれました。

何だかあーちゃんがこんなに興奮して嬉しそうなのを見るのは
久しぶりでしたよ〜!

あーちゃんに、

「デイビソンに行きたい?」

っと聞くと、即座に、

「うん!!!!」

って大きな声で返事が返ってきました。

今回このアセスメント兼一日体験入学を経験して、あーちゃんの
デイビソンに対しての入学願望が一層高まったようでした。

「もし今回ダメでも、この1年一生懸命勉強して、又来年トライすれば
いいんだからね!」

と言ったら、

「うん!」

と意欲満々にうなずいてました。

あーちゃんにとってはいいモチベーションになったみたいです。

とにかく全てが終了し、今は家族全員ほっと一息ついています。

結果は2週間ほど先、という事なのですが、さてどうなりますか?

この年の締めくくりに素晴らしいニュースが聞ける事を祈るばかりです。

いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-12-18 13:24 | 目指せデイビソンアカデミー

ただ今アセスメントの真っ最中!

現在アメリカは16日金曜日、お昼の12時過ぎ。

あーちゃんはデイビソンアカデミーのアセスメントを受けている
真っ最中であります。

アセスメントは朝の8時から午後4時、とほとんど丸一日ががり!

ちゃんとやってるかな〜?

とそわそわして落ち着かないママであります。

今朝、デイビソンアカデミーに到着するまで、車の中で大好きな
ゲームをして心を落ち着かせていました。

f0238562_529157.jpg


          アセスメント開始前。ちょっと緊張気味で待ってます。

f0238562_532452.jpg


ちゃんとやっててくれたらいいのですが...

         私の胃の中は今こんな感じ!emoticon-0124-worried.gif

          アカデミーのクラスルームに掛けてあった時計!

f0238562_5373857.jpg


いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-12-17 05:40 | 目指せデイビソンアカデミー

いよいよ明日はアセスメント

デイビソンアカデミーの入学応募審査の最終段階であるアセスメント
の日がいよいよ明日に迫りました。

第一次審査に合格したと知らせを受けてからの2週間というもの、
あーちゃんも毎日頑張って、学習に取り組んできました。

ただやはり、検査の一日前に思う事といえば、(もっとスキルアップ
する為の時間が欲しかった〜!)という事でしょう。

デイビソンが公開しているアセスメントのサンプル内容(実際のアカデミー
のカリキュラムに基いている)を参考にしていて思ったのは、さすが
ギフテッド、それも高度なギフテッドのレベルの学校だけあって、
授業内容はかなりの高度なレベルの思考スキルとアカデミックスキル
が必要とされるという事。

Language Arts(国語)の文学の学習にしても、批判的思考を用いた
分析を口頭で論じ合ったり、文章で表現したり、まるで見えない
ものをとことん引き出して、そこから又更に思考を広げていって
深く分析していく、という感じで、大変高度な推論能力も必要と
なってきます。
(そして深い洞察力も!)

この推論能力の部分が凹であるあーちゃんは、こういった学習
メソッドにかなり手こずっているのがわかります。

ここ数日間ほど、私がネットで得た8年生レベルの文学分析の練習
プリントをさせているのですが、(ショートエッセイを読んで、問い
に文章で答えるという形式)これがまずほどんどお手上げ状態!

あーちゃんにとっては質問自体があまりにも抽象的で漠然とし過ぎ
ており、どこから手をつけてよいやら全くわからないと言った感じ
なんです。

例えば、「透明人間」の抜粋された文章に対して、

There is one main turning point in the passage.

A) Describe the main turning point in the passage.
 
B) Explain how the turning point described in Part A affects
  the plot of the passage. Use details from the passage to
  support your response.

というような、物語の方向を転換する地点を認識し、それが全体の
筋立てにどう影響してくるかを、文中の詳細から自分の考えを
サポートする部分を使って説明しなさい、っといったような課題
なのです。

私でもへっ???って言いたくなりますよ。

現在の段階では、私の解説、分析のヘルプがなければスタートに
苦しんでいる状態です。

        苦しみながらも頑張ってエッセイ回答をするあーちゃん。

f0238562_8204521.jpg

f0238562_8211599.jpg


私が口頭である一定の方向へ導いていってあげ、要点を述べ、それを
あーちゃんがまとめ、最終的にエッセイを書き上げていくという
形態で練習をしています。

本日の時点では、この方法で徐々にですが、成果は上がってきています。

正直言って、今のあーちゃんの”批判的作文能力”が評価されると
なれば、まずはっきり言ってデイビソンが要求するレベルに満たして
なくて、結果は思わしくないでしょう。

でもデイビソンが、あーちゃんの”学習においての習得速度”を
評価してくれるのであれば、指導さえきちっとすれば”飲み込みが
早い”あーちゃんの能力を認めてくれるのであれば、などとつい淡い
期待を胸に浮かべているのであります。


本当にもう少し時間があればな〜と残念です。

まあ、もちろんこういったスキルだけが評価の対象ではない
のですが、思った以上に数学の評価の割合が低く、全体の25%
くらいにしか値しないんです。

その他の対象である”感情特質”(社会性、協調性、順応性等)
が約20%と、(えっ、?こんなに割合高いの?)っと、ちょっと
こちらも心配です。

デイビソンの考え方としては”学力があるだけではダメ、アカデミー
の厳しい学業をこなしていく為には、社会性や実行機能、そして
精神的成熟といった部分が大切である”みたいなんですよね。

それもよ〜〜〜くわかります。

この部分が凹であるあーちゃん、何だか本当に心配です。

数学の能力だけ評価してくれるんだったら、何とか希望もあるものの...

でもまあ確かに、こういった特殊な学校でやっていくには、
アカデミックな部分だけでなく、いやそれ以上に精神的な成熟
や感情面の安定が大切な要素だというのが理解出来ます。

とりあえず、こうやって自分の視点からだけみて、あれやこれや
憶測を巡らしていても仕方がないです。

今の時点では、一応出来る限りの事は全てやったので、明日は
あーちゃんに全力を尽くして、持ってる物をすべて出し尽くして
頑張ってもらうしかないですね。

あーちゃんも私もパパも(面接の練習など特訓してくれた)
結果はどうであれ、悔い無しです!


これまであーちゃんの事応援していただいた皆さん、本当に
ありがとうございました。
emoticon-0139-bow.gif



では、明日は一日中頑張っていってきます〜!

いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-12-16 09:11 | 目指せデイビソンアカデミー

ライティングの練習

デイビソンアカデミーの学力検査まで、いよいよ後5日に
迫ってしまいました〜! (汗)

アカデミーから送られてきたメールの説明によると、この
検査はリーディングライティングに重点が置かれている
ようで、これらの分野が必ずしも”得意”と言えないあーちゃん
にとってはかなりしんどいです。

でも毎日がんばってます。

リーディングの練習としてやっているSATも、正解率も確実に
向上していってますし、試験の一部であるScience Reasoning
も、お馴染みのSpectrum Science (Grade 8)の問題集を
こなしていってます。

f0238562_10415924.jpg


このシリーズは回答、又は自分の考えを書き込んでいく形式となって
いるので、自らの思考やアイデアを発生する練習になります。

そしてライティングの練習は、今年度から開始したオンラインの
ライティングプログラムを利用しながら、デイビソンが重視する
「論理的思考エッセイ」やexpository writing(解説文)のスキル
を磨いていってます。

      オンラインプログラムでライティングの練習をするあーちゃん。

f0238562_1037329.jpg


本人は「文章書くのは苦手だよ〜」と言ってますが、一度アイデア
が頭の中に浮かぶと、調子がついてきて、結構キーボードを叩く
指がカタカタと早くなり、一挙に仕上げてしまうんですがね〜。

内容もつい最近11歳になったばかりの子の文章にしては、
(親バカながら)なかなかのもんじゃないかと思うんですが。

             あーちゃんが先日書き上げたエッセー。

f0238562_1055257.jpg


             Spending Money
   
   If children could receive money by either doing chores
or by allowance, which would you choose? I think children should
get an allowance. Children are doing their job by going to school
and learning. Thus, I think they should get some money for their
effort, albeit a relatively small amount.
   While at school, children have to be receptive to their
teachers, do schoolwork and homework, turn in all the assignments
on time, and take numerous tests. There is, indeed, much pressure
in a child's school life.
   One could state that children get long recesses, not much
school time, and an extensive summer break. While I may agree
that the recess time should be shortened a bit, the amount of
studying required in the classroom, makes up for this.
   I also think that there are other beneficial tasks a child
may have to do. For example, kids may already be doing chores,
or have some after-school or extra-curricular activities. In such
cases, I believe the child should get a bit more money for what
they are doing.
  Some people think chores are part of a child's responsibilities
(depends on age), or that the activities are not that intensive
anyway.  Still, a child may spend upwards of a few hours with
homework, sports, and possibly detention.
   In addition, kids can do some extraordinary feats or be part
of an important project. Once a child gets older, they can start
a mini-business, be in an advanced program, or even get straight A's
on a report card and obtain some extra money.
   To people who have the opinion that children should not
get money automatically in the first place, the children are not
just sitting around the whole time. They are, in fact, practicing
for a preliminary version of the life ahead of them.
   In my opinion, kids should get an allowance for doing their
job, and their parents can lessen the amount if children are not
up to standards.  A child could also get money from their
accomplishments in life such as after-school/extra-curricular
/advanced programs and school.
   Overall, it's reasonable to let kids have an allowance,
scaling up as they go up in life.


”親によっては”子供は家のお手伝いをしたりして、自分で自分の
おこづかいを稼ぐべきだ”、という考えと”別に特別な事をして
稼ぐ必要がない”という考え方があるが、あなたの意見を両親に
説得させる内容のエッセイを書きなさい。”

というような課題なのですが、あーちゃんの意見としては、子供
は学業、そしてその他もろもろの特別な活動が仕事なのだから
(それも学校生活はかなりストレスが伴うらしい。笑)おこづかい
は”与えられるべきだ”ってことらしいです。

(ものすごい大まかなまとめですが。 汗)

課題を提出して採点してもらうと、おお〜!

       全体的にアドバンス(上級)のレベルの得点をもらいました!
              (ぎりぎりですが! 笑)

f0238562_11233660.jpg


11歳になった時点で、課題のレベルも(11−14歳レベル)
に切り替えたので、このスコアは11歳から14歳レベルの子に
対しての評価ですので、決して悪くはありませんよね。

ただ、デイビソンが11歳の子にどの程度のライティングレベル
を要求するのかが全く検討がつかないので、(おそらく9th grade
レベル?)やはり心配ではありますが。

でもここ1週間ほど、私もあーちゃんも出来る限りの事はやって
来てますので、例え結果がどうであれ悔いはないです。

現在のあーちゃんに、デイビソンアカデミーの授業に対応して
いけるだけの学力スキルが備わってないのであれば、入学した
ところで学業がかなり困難になり、あーちゃんにとっても大きな
ストレスになるでしょうし。

私としては、あーちゃん自身が率先してやりたい、チャレンジ
したい!と思わないようであれば、親の気持ちだけ先走りしても
最終的にいい結果は生まれてこないと思いますし。

とりあえず、本人はこの小規模だけど他の学校と違ったユニーク
な学校で学ぶ事に好奇心がいっぱいという感じではあります。

何はともあれ、デイビソンの判断を信頼して、当日は体調には
充分気をつけ、全力を尽くすのみですね。

いつも応援のクリックありがとうございます! emoticon-0139-bow.gif
「にほんブログ村」のランキングに参加してます。 

お帰りの際、ポチッと押していただけると励みになります。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2011-12-12 11:59 | 目指せデイビソンアカデミー

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧