カテゴリ:脳について( 25 )

「マリオ」ゲームで脳の特定の部位が発達

こんな記事を見つけました。




「スーパーマリオ64」をプレイさせた実験で、記憶形成、空間的定位、
戦略的計画、微細運動技能に関連する脳の領域が増大する事が明らか
になった。 アルツハイマーなど、脳の特定の領域が萎縮する精神疾患
の治療に役立つ可能性もある。


との事ですが、これ、あーちゃんが知ったら言い訳に使われそう。

「ママ、僕は脳に刺激を与えているんよ!」って。

                  父子で脳を活性化って?

f0238562_11210479.jpg



でもこれ、マリオとかだと脳を刺激していいかもしれないですが、
Dead Rising 3』とかだったら逆にトラウマ化してPTSDになりそう。



f0238562_11291737.jpg



ランキングに参加してます。
お帰りの際にポチとクリックをして頂けると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2013-11-08 11:34 | 脳について

寝ている間に脳の掃除

本日もどうぞ応援をよろしくお願いします。 
こちら↓ ↓ ↓ポチっと。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


睡眠と脳に関する興味深い記事を見つけました。

「Brains flush toxic waste in sleep, including Alzheimer's
 -linked protein, study of mice finds」



”A new study has found that the cleanup system in the brain,
responsible for flushing out toxic waste products that cells
produce with daily use, goes into overdrive in mice that are
asleep. The cells even shrink in size to make for easier cleaning
of the spaces around them.”


“Sleep puts the brain in another state where we clean out all the
byproducts of activity during the daytime,
” said study author and
University of Rochester neurosurgeon Maiken Nedergaard. Those
byproducts include beta-amyloid protein, clumps of which form
plaques found in the brains of Alzheimer’s patients.”



私達の脳は、眠っている間にその日一日中たまった、身体に害になる
老廃物を一生懸命掃除しているんですねぇ。


その有害廃棄物質の中には、アルツハイマー病患者の脳内に蓄積が見ら
れるというβアミロイドタンパク質なども含まれているとのことで、やはり
睡眠時間が短いと、これらの有害物質が充分に排除されず蓄積して行き
そうで、やはり脳によくなさそうですよね。

自閉症の子達の中には睡眠障害の子とかも少なくないこともあり、
(あーちゃんも小さい頃は睡眠障害がひどく、あまり寝ない子でした。)
脳への影響を考えてしまいます。


この結果報告は現在の時点ではまだ「動物」での実験段階にて得た情報の
ようですが、でも私達自身の経験からも、たかが一日徹夜しただけでも
頭がぼぉ〜として思考活動がままらない状態になる事を考えると、やはり
「睡眠」は「休息」だけでなく、生理的に重要な機能として必須のものだ
というのがわかりますよね。


最近では育ち盛りの子供達も睡眠不足の場合が多いみたいですし、(テレビ
みたりパソコンやゲームなどしたりして?)身体的な面でなく、学業とか
にも大きな影響を与えるのは確実なので、睡眠時間には充分気をつけてあげ
るべきだと再認識しました。


幸いもうすぐ13歳になるあーちゃんは、思春期のせいか最近では眠たくて
どれだけ寝て寝たりない、といわんばかりによく寝てるのでなによりです。

          いくつになってもたっぷり睡眠をとることは大切ですね。

f0238562_13342548.jpg

f0238562_1336339.jpg



いつもブログを読んで頂きありがとうございます。040.gif

お帰りの際、一日一度、「見たよ〜!」とバナーをポチ
っと押して下さるとポイントが加算され、更新の励みになってます。
どうぞよろしくお願いします。<(_ _*)>
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

[PR]
by mathkid | 2013-11-03 13:37 | 脳について

脳に関する9つの迷信、Busted!

いつもユニークなあーちゃんを応援して頂きありがとうございます!040.gif

本日もぽちっとひとつ、よろしゅう頼みます。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ



去年の6月にAmerican MENSA(メンサ)の会員となった
あーちゃんですが、実は未だにメンサ関連の活動やメンバー同士
の集いなどに参加したことがないんですよね。


去年は学校関係の行事や活動で何かと忙しかった事もあり、そう
いった交流活動は後回しになってしまってましたが、今年はあーちゃん
もそれらを通して、更に新しい分野の活動に挑戦したり、新たな友好
関係を築いていってくれるといいな、なんて思ってます。


メンサの会員になった利点の一つとして私自身がとてもエンジョイ
している事の一つが、この機関から毎週メンバーに送られてくる
「Mensa Weekly Brainwave」と言う”知能”や”脳科学””心理学”
などといった話題に関した情報やニュースのリンクがまとめられて
いるニュースレターを読む事であります。


その中で、脳に関したなかなか面白い記事のリンクがありましたので、
そういった分野に興味のある方と情報のお裾分けしたいと思います。


こちらは英語版です。

「Nine Stubborn Brain Myths That Just Won't Die,
Debunked by Science」


そしてこちらが日本語版。

「科学的に偽りであることが証明された脳に関する9つの迷信」

f0238562_844643.jpg

              (Lifehacker日本語版のサイトより)


(このライフハッカーのサイトは、英語の原文と日本語訳とどちらも
読める記事も多く、英語を学習している人にも最適なサイトですよね!)


右脳、左脳についてや、”私たちは普段脳の10%しか使っていない”
などと言った、結構よく聞く”伝説”を科学的にdebunk(真実を
明らかにする)しているようです。


いつもあーちゃんをガミガミ怒鳴りつけて、”プレッシャーの元で、
脳はより良く働く”
という伝説を信じているパパなど、この部分を
是非読んで欲しい。034.gif


「プレッシャーの元で、脳はより良く働く」 Busted!

ちなみに、ストレスは脳の働きを悪くするそうです。



いつもブログを読ん頂きありがとうございます。040.gif

お帰りの際、一日一度、「見たよ〜!」とバナーをポチ
っと押して下さるとポイントが加算され、更新の励みになってます。
どうぞよろしくお願いします。<(_ _*)>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by mathkid | 2013-01-07 08:26 | 脳について

本当の意味での「賢さ」とは何だろう?

あーちゃんは周りの人達や学校の先生、クラスメート達からよく、

「You are so smart!」

と言われるらしいのですが、それを聞くたびに私はこのsmart(賢い)
という言葉の意味を色々考えてしまいます。

私達は結構気軽に”賢いとか””頭脳明晰”という表現を使ってますが、
これらの具体的な”定義”とは?


「知能」「知性」といったものを客観的に正確に測定する方法は存在
するのだろうか?

それ以前に、 真の”intelligence”(知能)の定義とは一体なんだろう?


「ギフテッド」と同じように、これも又目に見えない抽象的な概念
というだけあって、その定義も人によって違ってくるのではないかと
思うし、定義がはっきりしてないと、それを測定したり証明するのも
困難になってくるのではないか? なんて思ったりします。


もちろん基本的な知能を測る方法として知能検査がありますが、私の
見方としは、基本的には「多重知能理論」(Theory Multiple Intelligence)
でお馴染みのハワード・ガードナーの考え方と重なる部分が多いので、
あーちゃんの検査の結果は、あくまでも”知能検査で測定出来る分野の
能力のみの参考数値”
と見ています。


あーちゃんの場合、言語理解能力、数能力、推論能力や作業記憶、
そして処理速度などと言った、”IQテストの数値として出やすい部分”
が優位である事から高い数値となって表れてますが、でもそれは
まさに人間のあらゆる能力の”一部分”であり、それだけでは個人の
本当の意味での”賢さ”は語りきれないのではないかと思っています。


又、IQテストは確かに個人の”能力”や”一般より発達したスキル”を
示すのに役に立つツールかもしれませんが、私の考え方としてはやはり
”持っている才能の可能性”を実用的に”応用させていく能力”が大切
になって来ると思うのです。


あーちゃんは、たまに(こんな事わかっているはずなのに!)と言った
少し考えれば察しがつくような事もし損ねたり、やらなかったりする
ので私が注意したり、提案したりすると、いつも

「I knew that! 」もしくは、「I know that!」013.gif

と、反撃してくるのですが、私はいつも

「わかっているだけでは駄目なのよ! わかっているんだったら
ちゃんとそのコンセプトを実践的に”応用”しないと!」


って言ってます。

もちろん”知識や情報がある”というのもそれはそれで価値がある事
なのですが、その有益な情報を、実際の状況を見極め判断しながら、
”適用”して行く”アプリケーション”の能力と行動力がもっと大切
になってくるのではないかと思うのです。


このプロセスはあらゆる「問題解決」に大変重要なスキルといえる
でしょう。


あらゆるアカデミックな試験やコンテストではいつも著しい功績を
あげているあーちゃんではありますが、こういった能力がかなり
欠けている部分があり、ちょっと心配ではあります。


又、学力面とはまた違った、感情的、社会的知性の部分の発達も
まだまだ未熟な部分があり、やはりそういった部分も含めて総合的
に見て考えると、個人の真の知性(賢さ)ってなかなか一言で表現
し難いものではないか?なんて考えたりします。


あーちゃんにとってこれからの課題は、いかに持っている能力やスキル
を実際の状況に”応用させて行くか”というところではないかと思います。


最後に、私のお気に入りのサイトLifehackerの日本語版で、知能に
関したなかなか面白い記事を見つけましたので興味のある方は読んで
みてください。

「現在の科学では「賢さ」は証明できないらしい」


いつもブログに遊びに来て頂きありがとうございます。040.gif

お帰りの際、一日一度、どちらかのバナーをポチっと押して
下さるとポイントが加算され、更新の励みになってます。
どうぞよろしくお願いします。<(_ _*)>


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2013-01-04 06:53 | 脳について

色んなBeeがあるもんだ

スペリングビー(Spelling bee )とか、ジオビー(National Geographic Bee)
とかって言うのは知ってたけれど、「 Brain Bee 」というのがあったとはね〜。

この Brain Bee とは、世界各国の高校生(9年生~12年生)を対象とした、
「脳科学の知識」を競いあうコンテストのようです。

このコンテストは、生徒達の脳科学への関心を高め、その分野の学習意欲を
向上させたり、将来的には、”生物脳医学の研究”などの分野への道へ進む事
を激励するなどを目的としているようです。

まっ、言ってみれば、「未来の脳神経学者を育成する環境作り」の設定
みたいなもんでしょうか。

とっても素晴らしい試みだと思います。

(それにしてもアメリカ人って、こういった”コンペティション”とか
いった、競い合う事が好きだわ〜。 こういう”闘争心”の強さとかって
やっぱりお国柄、又は人種的要素とかもあるのかしら?)


私もあーちゃんが自閉症と診断される以前は「脳」に関してなど全く無関心
だったのですが、診断後はあーちゃんの特質や行動を理解したいという思い
が強くなり、脳神経科学についての関心が高まりました。

現在の高校生達がこういったコンテストをきっかけに、脳科学の分野に興味、
関心を抱き、将来は現代ではまだ未解明とされている、ありとあらゆる脳の
病気やコンディションなどの原因や治療法の解明に貢献していってくれたら
大変嬉しいななんて思います。


尚、このコンテストでカバーされているトピックはかなり幅広く、脳の
解剖学的構造や機能といった分野に加え、知能、感情、記憶、睡眠、視覚、
聴覚、感覚、アルツハイマー病やパーキンソン病、統合失調症、自閉症
などの障害についてや、依存症や脳の研究一般などといった、あらゆる
分野からの問題が出題されるようです。005.gif


ちなみにこちらが問題のサンプルです。

1Approximately how many neurons does the brain contain?
2Name the device that measures brain waves.
3Stargazer mice are experimental models for which type of epilepsy?
4Prozac relieves symptoms of depression by affecting which
 neurotransmitter?
5The Greek word for the branches of a tree give us the name of what
 part of a neuron?

答え

1 100 billion
2Electroencephalograph (EEG)
3Petit mal epilepsy
4Serotonin
5Dendrites

Brain Bee Sample Questionsのサイトより)

これ、日本語でも知ってる人とか少ないんでないか?と思いますが。008.gif

ちなみにこのBrainFact.orgと言うサイトでは、このコンテストに役立つリソース
として、この「Brain Facts」というブックレット(PDF)が無料でダウンロード
出来るようになってます。

f0238562_5485361.jpg


英語ですが、興味のある方はチェックしてみて下さい。
(英語の学習にもなりますし。)



いつもブログをご訪問頂きありがとうございます!<(_ _*)>

にほんブログ村のランキングに参加してます。

下のバナーをポチっとクリックすると
ポイントが加算されるようになってます。

お帰りの際押して頂くと更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-09-24 05:54 | 脳について

バイリンガルは脳にもいいらしい

先日家族で外食をしていた時の話。

パパとの会話中、日本とアメリカのレストランの違いなどの話となり、
その時に私がふと、

「日本の喫茶店やレストランとかは、おしぼりがでるから
いいわよね〜!」

と言うと、なんとそれまでいつものごとく、私達の会話には無関心で、
iPadに夢中になっていたあーちゃんが即座に顔をあげ、ちょっと
恥ずかしげな顔をして私に、

「ママったら! もう〜!こんな所で大きな声でそんな事言っちゃ
ダメだよ〜!」
012.gif

と言って来たんです。

(ちなみに”おしぼり”は英語じゃなくて日本語でした。)

私は(へっ??? 私、なんかヤバい事でも言ったっけ???)039.gif

とあーちゃんが言ってる意味がわからなかったのですが、本人に
聞いてみたところ、なんとあーちゃんは「おしぼり」という言葉を、
おしりをぼりぼり掻く」の省略語と思ったらしいんですよ〜!

あはははっ〜!041.gif

いや〜、確かに日本語って、「スマートフォン」が「スマフォ」とか
「コピー&ペースト」が「コピペ」になったりしますもんね。

そう言うところはしっかりわかっているあーちゃん。

そして、私があーちゃんが小さい頃からよく使ってる”おしりを
ボリボリかく”
とか”おしりがカリカリにならないようにちゃんと
拭きなさい”
とか、”憎たらしいやっちゃ〜”とか言ったような
日本語はちゃんとわかってるみたいなんですよね〜。(苦笑)

3歳で言葉が全くなかった時、ABAセラピストさんから、

「とりあえず今は本人を混乱させない為に、一つの言語(英語)に
集中しましょう。」

と言われてから、日本語と英語のバイリンガルへの道が遠くなって
しまいましたが、こういった”へんな日本語だけはちゃんと身について
いるのに笑ってしまいます。

あーちゃんは現在11歳ですので、今からバイリンガルを目指すのは
かなり難しいのではないかと思いますが、(最近では日本語の発音も
かなり”外人っぽく”なってきてるし。)下記の記事などを読みますと、
バイリンガルであると言う事はかなり色んな面で有益らしいですので、
まだまだ諦めるのは早いかもですね。


★「バイリンガルはキャリアアップだけでなく脳にもいいらしい」

★「Bilingualism May Boost Your Brain and Stall Alzheimer's
  Symptoms」
(英語版)



バイリンガルの子供は問題解決力や創作力やにも優れているらしい。

★「Study: Bilingual children excel at problem-solving,
  creative thinking」



確かに2つの言語を頻繁にスイッチしながら話したりするのは
脳がしんどいものですね。

(通訳さんとかすごいな〜と思う。)

私なんか未だにブログの記事書く時も、英語の単語は出てくるのだけど
日本語がでなくて、英語→日本語辞典にお世話になってます。(恥)

で、言葉を見ると、

「ああ〜、そうだった! そうだった!」

と思い出すんですがね〜。

リノには日本人ママ友達もいないので、ますます日本語を話さなく
なってしまった今、やっぱり私もボケ防止の為にこれからもブログを
続けるべきだな〜、なんて思いました。


         いくらなんでもレストランでおしりボリボリはダメだわね〜。

       アメリカでは日本食レストランでもおしぼりがでてくる所が少ない。

f0238562_1043373.jpg



いつもブログをご訪問頂きありがとうございます!<(_ _*)>

にほんブログ村のランキングに参加してます。

下のバナーをポチっとクリックすると
ポイントが加算されるようになってます。

お帰りの際押して頂くと更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-09-13 10:46 | 脳について

情熱はどこからくるのだろうか?

私のまわりの人達を見ていつも不思議に思う事があります。

それは、個人の中には何事に対してもこれといって別にたいして強い興味
や関心を示すでもなく、感情的にも冷めていて、刺激に対して無感動、
精神的、身体的にも惰性気味といった人がいると思えば、中には何かに
対して人並みならぬ情熱をもち、目をキラキラ輝かせその情熱に導かれる
まま、凄まじいエネルギーで自らの興味、関心分野を追求していく人もいる。


これらの違いはどうして存在するのだろうか?

何かに対してわきでる情熱というものは、一体どこから来るのだろうか?

生まれ持った性質?

それも確かにあるような気がするけれど、”情熱”って”意欲”とか
”モチベーション”とかいった心理状態と似ている感じがして、それらは
環境的な要因に大きく影響されているような気もするし。

あーちゃんを見ている限りでは、あーちゃんの数学に対しての情熱
かなり幼い頃から明確に観察する事ができて、環境によって培われた
ものというよりも、”それらを既に兼ね備えて生まれて来た”といった
感じがしました。

         
           1歳5ヶ月のあーちゃん。この頃既に数字の虜だった。

f0238562_8241340.jpg


              数字のあるものにとにかく惹かれてた。

f0238562_12103593.jpg



もちろんその後、その情熱が環境とのポジティブな相互関係により
更に強化されていったのだとは思いますが。


私自身はあーちゃんとは違い、子供の頃から物事に対して”強い情熱”
など感じた事もなく、興味や関心などもその時によってコロコロ変わり、
執着する事もなく、自分が心から喜びを感じて魂を打ち込める活動
も見つける事もできず、なんだか生温いお湯につかったような人生を
送ってきたように思います。

だから何かに対して凄まじいパッション、情熱をぶつけている人達を
みると、本当に羨ましくて仕方がありません。

情熱は偉大な達成の原動力の一要因とも言えるでしょうから、この
”情熱”というものが一体どこからやってくるのだろうか?”という
事に非常に興味を持っていたのです。

そんな時、先日この記事を読んで、(な〜るほどね〜)と納得出来る
部分がかなりあったのでした。

「Where Does Passion Come From?」

まず個人が偉大なアチーブメント(業績)を成就する為には、人並み
ならぬ固執心と莫大な時間と努力を投資する姿勢が必要と言う事は
言わずと知れた事なのですが、この記事によるとそれらを実行可能
にする”情熱”はある程度遺伝子が関連しているようです。


遺伝子はかなりのレベルで学習の速度を容易にすることを可能にし、
ある特定の分野(学業やスポーツ、音楽など)において遺伝的に有利
である場合、その分野で必要な知識やスキルを一般の人達よりも早く
習得する事ができる為、偉大な業績をあげる為にはそれなりの時間と
努力の投資が必要である事に変わりはないとは言え、遺伝子的要因が
知識やスキルの習得の速度を更に加速させるとの事。


重要なのは、この習得の速度を援助する”小さな遺伝的利点”は
長期にわたってみるとかなり重要な要因となるようです。

個人がある分野においてのスキルが優れている場合、人と較べて
優れたパフォーマンスに満足感を得るでしょう。

この満足感から更なる向上心が芽生え、練習の時間を増やしたり、
専門的なコーチやインストラクターを雇ったり、試合やコンテスト
へ積極的に参加したりと、その才能やスキルが更に磨かれる豊な
環境に身を置く事により、そのスキルが更に向上して行くわけで、
こういった最初は一見体した事がない要因が、長期間に渡って
次から次へと影響が増加して行くのであろうとの事でした。


”好きこそ物の上手なれ”と言いますが、”上手だからこそ好きに
なり、好きだからもっと上手になる”
と言う感じで、得意である事
(遺伝的利点)は習得を楽にし、結果も現れやすいとあり、よって
満足感、充実感、達成感、喜びといった強化子が作用し、更にその
才能やスキルが強化されるというポジティブな相関関係が設立される
のかもしれませんね。

情熱というのはこういった要因から発展して行くのかもしれません。

          
            コンテストの後とか更に情熱の炎が燃えるあーちゃん。
                 う〜ん、満足じゃ〜!

f0238562_10341558.jpg



もちろん遺伝子的利点だけがこのような乗数効果を保証するもの
ではないとは思いますが、非常に興味深いセオリーですね。

又この記事にはもうひとつの興味深い点が書かれていたのですが、
ヴァンダービルト大学のマイケル·トレッドウェイとDavid Zaldに
よって行なわれた研究によると、個人のタスク(作業)と報酬
の意欲や選択には神経伝達物質であるドーパミンの活動が関連
しているようであるとの事でした。


実験者は研究参加者達に2つのタイプの作業と金銭的報酬の選択
を与えました。

一つは簡単な作業で1ドルの報酬、もう一つは困難な作業で4ドルの
報酬という設定で、そして次に参加者は高、中、低の確率でそれら
の報酬が支払われると告げられました。

参加者が各自作業をしている間、研究者達は(PET)と呼ばれる
脳マッピング技術を使用して、彼らのドーパミンニューロンの活動
を測定したらしいのですが、それからの発見によると、大きな報酬
と引き換えに懸命な作業に挑んでいる者達の”報酬と動機に関連付
けられている脳の領域”で、ドーパミンの活動が活発だったようです。

更に、ドーパミンの活動と” laziness(怠慢)”に関連付けられて
いる”島皮質”という脳の部分(なんやそれ?って思いましたが)
との間には反比例の関係が発見されたとの事でした。

この事から、なぜ偉業を成し遂げる者達があらゆる痛みを耐え抜いて
いけるのか理解できます。

それは、実は彼らにとってはそれらは”痛み”でなく、”快感”
なのです。

こういった人達の脳では”懸命に働く事、練習する事”で
ドーパミンの活動が活発になり、”快感”と感じるのでしょうね。

情熱とは、もしかしたらドーパミンの放出により精神的に”ハイ”
な状態なのかもしれませんね〜。

実際この個人の脳内の神経伝達物質の活動の違いが、個人の意欲や
モチベーション、又は情熱の度合いなどに大きく関連してくると
するならば、今度は”その違いはどこから来るのだろうか?”
遺伝?それとも環境?と又々思考が広がって行きそうで、なかなか
考えさせられるコンセプトであります。

とりあえず、親としては早くから積極的に将来の”情熱”の元と
なるかもしれない子供の興味や関心、又は得意分野などを見つけ
だしていってあげ、それらを育んでいく環境を与えてあげたい
ものですね。


いつもブログをご訪問頂きありがとうございます!<(_ _*)>

にほんブログ村のランキングに参加してます。

下のバナーをポチっとクリックすると
ポイントが加算されるようになってます。

お帰りの際押して頂くと更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-07-30 12:11 | 脳について

脳への刺激でサヴァン症候群の潜在能力を引き出す?

Wiredで面白い記事を見つけました。

「Unlock Your Inner Rain Man by Electrically Zapping Your Brain」

日本語版、WIRED.jpはこちら

「脳への刺激で「サヴァン症候群」の潜在能力を解き放てるか」

”サヴァン症候群と呼ばれる症状の人々に見られるような潜在的な認知力
が、あらゆる人のなかに眠っており、脳にちょっとした電気ショックを
与えるだけで、この潜在能力を引き出せる可能性があるという。”

これが実用化されるとしたらすごいですね。

”あらゆる人々の中にサヴァン症候群の人のような能力が眠っているが、
サヴァン症候群の人は「比較的処理されていない下位レベルの情報に
特権的にアクセスできる」点がそうでない人と違うところだという。
通常の脳では、取り入れる大量の生のデータを脳中枢が抑制し、人々
が全体像により集中できるようにしている。”

(Wired.jpより引用)


と言う事らしいのですが、私の脳の中にもなにやら潜在的能力が
眠っているのかしら。

別にサヴァンのような特別な能力でなくていいから、ごく普通に
いい加減自分の携帯の番号くらい覚えられるくらいにはなりたいものです。

(いつもあーちゃんに聞いて教えてもらっている。汗)

いつもブログをご訪問頂きありがとうございます!<(_ _*)>

にほんブログ村のランキングに参加してます。

下のバナーをポチっとクリックすると
ポイントが加算されるようになってます。

お帰りの際押して頂くと更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-07-25 12:24 | 脳について

不思議〜!

どうしてこうなるのはわかりませんが、とにかく不思議です。

写真の左側の女の人の鼻の上にある黄色の点を15秒見つめて
ください。

その後、右側の白い部分を見てください。


f0238562_1064182.jpg



面白い〜。

どうしてこう見えるのか、そのメカニズムが知りたいです!



いつもブログをご訪問頂きありがとうございます!<(_ _*)>

にほんブログ村のランキングに参加してます。

下のバナーをポチっとクリックすると
ポイントが加算されるようになってます。

お帰りの際押して頂くと更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-07-23 10:11 | 脳について

ガムを噛むとメンタルパワーがアップする

私はチューイングガムを噛むのはあまり好きではありませんが、
(あごが疲れる)パパとあーちゃんは日頃よく噛んでます。

パパはもう子供の頃からの癖らしく、家にガムが無い時には素材が
ガムに似た噛みごたえのある”非食品”アイテムなども噛んでいた
そうな...(汗)

(具体的に何か知りたくもないですが。)008.gif

パパが言うにはガムを噛むと”神経が落ち着いて物事に集中でき、
何をやっていても効率よく出来る”と言うことなのですが、ガム
を噛む事は、子供の頃から注意散漫で落ち着きがなくADHD傾向が
強かったパパが独自で見いだした”対処法”だったのでしょう。

あーちゃんもパパに似てそういう気があることから、学習中など
よくイスに座っていても妙に落ち着かず、ムズムズ身体を動かしたり、
つい注意散漫になったりする事がよくあるのですが、そんな時は
パパに教わった秘訣、”ガムを噛む”と態度や姿勢が変わり、
失っていた集中を取り戻す事が出来るから不思議なものです。

         
           ちょっと集中力が薄れて来たので一噛みするとするか!
                今日はイチゴ味のガムにしようっと!

f0238562_7434282.jpg


もちろんあーちゃんには歯の健康を考えて”sugar-free"(砂糖なし)
を与えていますが、たまに日本のガムで砂糖が入ったものも。
(特別なご褒美としてね!)

(ちなみにあーちゃんは4歳の頃ABAで集中的に”食べ物による報酬”
を行ってた時期に虫歯を1本わずらったのみで、その後11歳の現在
に至まで一切虫歯なし!という健康的な状態を保ってます。)


ガムを噛む事に関しては、個人的にパパとあーちゃんの間に効果
が見られるという事くらいで別に対して何も深く考えてなかった
のですが、どうやらこの記事によるとガムを噛むという作業は認知
の部分において、いくつかのポジティブな作用をもたらすようです。

The Cognitive Benefits Of Chewing Gum

これはLifehackerというサイトの別の記事より。
(日本語です。)

「ガムを噛むと集中力や記憶力が高まる」という最新の研究結果 」

上の記事にも書かれてますが、いくら噛む動作が脳を刺激して集中力
を高めると言えど、終始くちゃくちゃ噛みっぱなしでは効果も持続
しないらしいので、やはりこれもタイミングなどを考慮すべきですね。

そしてもちろん学校内やクラスでガムを噛む事を禁止されてます
ので、こういう”刺激がもっとも必要な場所やシチュエーション”
に使えないのが残念ですが。


うちはあーちゃんのリクエストによりキッチンの引き出しの一つ
があーちゃん専用の「チューイングガム引き出し」として特別に
指定されてます!

        あーちゃん自らによってオーガナイズされているガムの数々。
                (これもこだわりの一つ)
  
f0238562_7263486.jpg


スーパーに買い物に行くたび違った味のをチェックしたりして
自分のおこ使いで色々買い揃えたりしてますが、最近ではガムを
噛む事自体よりも”ガムのコレクション”に凝ったりしてきてるみたい?025.gif

ガムって賞味期限とかあるのかな?


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-07-04 08:23 | 脳について

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧