長年の謎が解明? 非言語性学習障害について

先日もあーちゃんは、今月行われる予定のAMC(数学コンテスト)に
備えて練習問題をしていたのですが、やはりどうしても図形、それも
視覚的空間認知能力が必要とする類いの問題をかなり間違えていました。


例えばこんな問題など。



18番の問題なのですが、右の長方形の紙をまず矢印のように下から
上へ半分に折り、そしてその後更に左から右に半分に折って、左上
×の位置に穴をあけ、それを元の状態に開いた時、紙はどの様に
見えるでしょうか?



といったものなのですが、あーちゃんは最初Dのパターンを選び
間違っていました。

これには又もやちょっと驚いてしまいました。


この問題は数学が苦手なパパや私でも簡単に正解したのですが、
こんなシンプルな問題をあーちゃんが間違えてしまうなんて。


私が実際紙を使ってやってみせたら理解したようでしたが、(正解はB)
このような、”頭の中で図形や立体図形を操作する能力”が本当に
弱いのだな〜と又もやひしひしと実感させられたのでした。


何とかこういった部分を改善する介入法はないものか?と、パソコン
に向かい、まずは”自閉症、アスペルガー、視覚空間認知能力の欠如”
などと言ったキーワードを片っ端から打ち込んでググってみると、
まず、最初からずら〜と出て来たのが「Nonverbal Learning
Disabilities」
という言葉でした。


以前にも幾度かこの言葉に出くわした事もあったのですが、その時は
あーちゃんの問題点などに関しては、大抵の場合”アスペルガー”
ついて書かれた文献とかサイトを参考にしていて、どういうわけか
この”Nonverbal Learning Disabilities”(以下NLDと省略)の部分は
いつも素通り(素読み?)して、注意を払っていなかったんです。


で、今回じっくりこのコンディションについてリサーチしてみた
ところ、おお〜! (ノ゚□゚)ノおったまげました〜!


多くのサイトに書かれているこのコンディションの特徴を読めば
読むほどあーちゃんが見せる症状や特徴とピッタリ一致していて、
何だか長年不思議に思っていた謎がようやく解明されたかのような
まさに、私にとっての”Aha moment" (あ~、そういう
ことだったのか!と悟った瞬間)であったのです!


こちらが、基本的なNLD(日本語で言うと”非言語性学習障害”)の
特徴であります。

大きく分けて、まずこれらの3つの分野に影響をしてくるようです。

1.Organizational Skills and Executive Function
  (様々な管理能力と実行機能)

2. Sensory Integration and Visual-Spatial Processing
  (感覚統合と視覚空間処理)

3.Social Competency, and Pragmatic Language
  (社会的適性能力と実用的言語)




更にこちらのNLD on the Web!というサイトによりますと、

         
            ■非言語性学習障害によく見られる特徴


■アカデミック

・WISC (知能検査)では動作IQ よりも言語 IQが高い

・語彙や言語的表現が著しく優れている

・聴覚記憶(特に丸暗記など)が優れている

・詳細に関しての注意力は優れているが、全体的に見にくい
 (小を見て大を見失う)


・早くから”読む”能力が発達しているか、もしくは遅れている
 小学校高学年頃から”読解力”が問題となってくる場合が。
 (特に小説や文学など)


・算数/数学の面においての困難。 
 (特に文章問題や抽象的な応用問題の部分など)

・概念の形成や抽象的な理論付けが著しく欠けている場合も。

・一般化が著しく困難である。
 (すでに学んだ情報を新しい状況に応用するのが困難である)

・一般にこういった子達は聴覚的で単様式な学習スタイルを好む。
 (情報を処理中は見たり、書いたりなどその他の作業が伴わないかも)


■社会的相互関係

・何事もとても具体的に処理し、情報も文字通り解釈する

・ボディーランゲージや顔の表情、声のトーンなどといった、
 ”非言語的コミュニケーション”を処理するのが著しく苦手。

・言葉で表現されていない”もの”を直感的に察す事が出来ない

・非協力的と見られる可能性も

・複雑な社会的相互関係の状況において、スムーズに対処するのに
 大きな困難がある。


・ "street smarts" (厳しい世間を生き抜く知恵がある)に欠ける。
  とてもナイーブなところがある。


■身体的特徴

・運動協調性が欠ける
 (チームスポーツよりも個人競技に向いている)

・微細運動スキルに欠陥がある。
 (字が汚い、又書く事が非常に困難に感じる)


・空間認知の分野に著しい問題がある。

・自転車に乗ったり、ボールをキャッチしたり蹴ったり、又
 飛んだりスキップしたりが困難である。


■不安感(Anxiety)

・青年期にかけて特に、不安症や鬱病に苦しむ可能性が。

・中学くらいの頃までには引きこもりがちになり、外に出て行くのを
 恐れるようになる(広場恐怖症に苦しむ)可能性も。

・新しい環境や状況又、ルーティンの変化に適応出来難い。

・自尊心の問題
 自殺の増加など。


ちなみにオレンジ色の部分はあーちゃんの特徴に当てはまる部分で、
こうして一つずつ特徴を見て行くと、数学の分野などの問題等、
数カ所の部分を除いては、まさにあーちゃんにピッタリと当てはまり、
何だか不気味なくらいであります。


(現在の時点ではあーちゃんは”不安症”ではありますが、リストに
書かれている問題は生じていないので、これからはこの分野にて細心
の注意が必要だと認識しています。)


この非言語性学習障害は、現在の時点では”単独の診断”はなく、
Neuro-cognitive (神経ー認知的)の学習障害の一つのようですが、
こちらのスライドによりますと、アスペルガーやトゥーレット障害
などといった不安障害と重なって起こる場合も多くみられるそうで、
特にアスペルガーについては、


NLD may be the "learning disability " seen in Asperger's.
 (非言語性学習障害はアスペルガーの中に見られる
  ”学習障害”である)


■All children with Asperger's have NLD, but not all NLD
children are Asperger's.

 (全てのアスペルガーの子供達が非言語性学習障害をもって
  いるが、非言語性学習障害の子達の全てがアスペルガー
  だとは限らない。)

と、この2つのコンディションにはかなりの深い関係がありそう
とも言えるようです。


原因に関してはまだ色々と調査中のようでありますが、一つの仮説
としては、右脳の機能に何らかの欠陥があるのではないか?という
事で、右脳の機能が低下すると、上記のような特徴がみられるよう
であります。

もちろん人間の脳は左右両方であらゆる機能が司られ、右だけ、とか
左だけの機能と区別されたものではないのですが、一般に(話す)
言語は左脳、視覚や非言語的情報などの処理は右脳というふうに主な
役割が分担されているみたいで、更に右脳は新しい情報や、言語と
非言語間の伝達の矛盾などを理解したりする機能を果たしていると
いうことらしいのです。

ディスレクシア(読字障害)が”左脳”の機能が弱い障害というのに
対して、非言語性学習障害は”右脳”の機能が弱いと、この2つの
学習障害は対照的であるようですね。


非言語性学習障害の子達の中には”左脳優位”であるとみられている、
”ハイパーレクシア”の子も多いと言う部分も納得出来ます。


ちなみにこの非言語性学習障害についてとても参考になるサイトを
いくつかリンクしておきます。

■ASPERGER’S SYNDROME, NONVERBAL LEARNING DISORDER
 AND OTHER NEUROCOGNITIVE DISORDERS


■NLD on the Web!

■Non-verbal Learning Disability (NLD or NVLD)

■非言語性学習障害とアスペルガー障害の違いはなんですか?
 あるいは一緒なんですか?


■非言語性学習障害症候群の特徴



私自身、まだまだ色々な情報を読みあさっている段階なのですが、
それにしても”おお〜、そうだったのか〜!”と自閉症やアスペの
特徴だけでは説明出来ない部分がいっぱいでてきて、本当に目から鱗
状態であります。


3歳では「自閉症」の診断が当てはまり、5〜6歳ではほとんどの特徴
がアスペルガーに当てはまり、現在の時点では更にそこから新たな
特徴が見られ、と子供の成長によって示す特徴もどんどんと移り変わり、
発達障害においては「診断名」さえ、石に永遠的に彫りつけられたもの
ではなく、子供の発達によって変わっていく流動的なもので、親はその
発達の変化に的確に対応していくべきだな、と思ったのでありました。


私のブログではこれからも頻繁にこの「非言語性学習障害」の言葉を
聞く(見る?)機会が増えるのではないかと思います。(笑)



いつもブログを訪問して頂きありがとうございます! 

「にほんブログ村」のランキングに参加してます。
バナーをクリックするとランキングのポイント
入るようになってます。

ネバダの山奥にひっそりと住む奇妙な家族に応援の ポチっ
をいただけたら更新の励みになります!
↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
■  [PR]
by mathkid | 2012-11-11 14:09 | 非言語性学習障害 | Trackback
トラックバックURL : http://mathkid.exblog.jp/tb/18155817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


数学が大好きな13歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by mathkid

画像一覧

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
あーちゃんのこだわり/OCD
自閉症/障碍
ABA回想録
非言語性学習障害
ソーシャルスキル
実行機能 (EF)
Life Skills
Math(数学)
ギフテッド/2E
Awards
目指せデイビソンアカデミー
ホームスクール(自宅学習)
ミドルスクール
教育/学習
読解力
脳について
Health
空手
Physical Training
Bamboo Flute
Field trips
Resources
お薦めの本
iPad
小学校回想録
育児
ママのRandom Thoughts
あーちゃんのママ
あーちゃんのパパ
Memories
アメリカ生活
アメリカのTV番組
Family Life
日々の出来事
Family Trips
Nevada Life
その他もろもろ
推薦品

最新の記事

不気味な夕焼け
at 2014-07-27 15:54
皆さん、夏休みをいかがお過ご..
at 2014-07-26 07:36
パパのペットはInstant..
at 2014-07-24 11:11
公園で夕焼け鑑賞
at 2014-07-20 04:49
夏休みを前にちょっとした教育..
at 2014-07-15 08:41
これは笑った〜!(≧∀≦*)..
at 2014-07-12 09:16
なっ、なんやねん?ヽ(ill..
at 2014-07-09 16:22
SAT Vocab Prac..
at 2014-07-05 12:35
ブログを書く上でも参考になる記事
at 2014-06-30 10:21
ロジカル思考についての興味深..
at 2014-06-28 11:18

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
more...

ランキング

お気に入りブログ

記事ランキング

水平思考(later..
先生に知ってもらいた..
「いろんなギフテッド..
チッ、チックが消えま..
Levels of ..
パパによるトレーニン..
ギフテッドとアスペル..
ギフテッドの性格タイ..
皆さん、夏休みをいか..
10 自閉症児を持つ夫婦は..

ファン

ブログパーツ

ライフログ

まさか!うちの子アスペルガー?―セラピストMママの発達障害コミックエッセイ

George's Secret Key to the Universe

ブログジャンル

子育てランキング
教育・学校ランキング

画像一覧

XML | ATOM

skin by excite