マジでぶったまげました!(ノ゚ο゚)ノ (SAT編)

あーちゃん本人のリクエストにより、ブログの記事にはしてなかった
のですが、実はこの6月の初め、あーちゃんは初めて
SAT (大学進学適性試験)に挑戦しました!

(本人が言うには、”今回は全く初めての試みなので、とりあえず
試験会場の雰囲気や、試験全体の流れに親しむという意味の
トライアルだから結果は多分期待出来ないと思う。”
という事
だったので、あえてブログでは公表していませんでした。

(結果がボロボロだったら恥ずかしいとの事で。 012.gif

デイビソンアカデミーに(再度)入学の願書を提出する為にはある
一定のSATのスコアが必要とあり、それはこの秋7年生になってから
受験すればいい、と私とパパは考えていたのですが、なんとびっくり
した事にはあーちゃん当人が”今すぐ受けてみたい!”とものすごく
乗り気だったので、夏休み前の学年最後の受験日を狙い、最終
締め切りギリギリの時点で登録をしたのでした。

そして、6月2日の土曜日、最寄りのハイスクール(試験場)で
生まれて初めてのSAT受験に挑戦しました!

緑が多くて素敵なハイスクールでした。

f0238562_9365930.jpg


(実はもし今のチャータースクールに行ってなかったら、この
高校がうちの地域のゾーンとなってるのでここに通う事になります。)

f0238562_9373048.jpg

f0238562_938847.jpg

f0238562_9385164.jpg


私達があーちゃんを試験会場に連れて行ったのが朝の7:30ほど。

そしてそれからあーちゃんは会場に入り、最終的に校舎から出て
来たのがお昼の12:30と、かなり長い時間かかりましたよ。

SATの試験は総合で4時間近くかかるので、(5分休憩が何回かあった
らしいですが)今回こんな長時間のテストを初めて受けるあーちゃん
の集中力が心配でした。

           無事試験が終了し、校舎から出て来るあーちゃん。

f0238562_9511489.jpg


4時間近くのテストを終えたばかりのあーちゃんは疲れている様子
も見せず、結構エネルギー満々といった感じだったのでびっくり!

あーちゃんって、買い物とか連れて行くと5分もしないうちにゾンビ
みたいに生きた屍状態になってしまって、じじばばが座るベンチ
とかにだるそうに腰掛けて全く体力がないんだけど、テストとか
こういった頭を使う活動なんか、本当にスタミナがあるわ〜。

で、本題に入りますと、本日ついに待ちに待った、その試験結果
がわかりました。

結果はといいますと、(ドラムロール、プリ〜ズ! だだだだっ)

★Critical Reading  460

★Mathematics   710

★Writing      590

(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」おおおおおおぉぉぉぉぉぉ〜〜〜!

やった〜!

と言う事で、数学のスコアがデイビソンアカデミーの7年生の
応募基準の
660に達していただけでなく、なんと700以上という
数値は、私達が大きな目標としていたJohn's Hopkins University
CTY
SET(The Study of Exceptional Talent)というプログラム
への入会基準にも達していたではありませんか〜!

(これに関してはこちらの過去記事へ。)

「やはり何か目標があった方がいい」

ちなみにこのThe Study of Exceptional Talent(SET)という
プログラムは、全米の特に秀でた才能を持った生徒達を集め、様々
なサービスを提供しているようです。

f0238562_10211546.jpg


このプログラムへの入会を認められる為には、13歳までにSAT
(大学進学適性試験)のMath Verbal (言語)のいずれかの
スコアが最低700点である事が条件という超難関な道でありました。

このスコアはこのSETの研究文献によると、

”These scores represent approximately the 95th percentile
among college-bound high school seniors. Among 12-years-olds
these scores represent at least the top 1 in 10,000 of the
population."


と言う事で、

大学を目指す高校3年生で95%タイル(上位5%)、12歳だと
同年齢で10,000人に1人(99.99%タイル)の割り合いの数値
との事で、まだ11歳のあーちゃんにしてみれば本当に良く頑張った
数値だと思います!

ちなみにこのサイトによると、

2011 College-bound Seniors Average SAT Scores
(2011年の大学を目指す高校3年生の平均値)

                  あーちゃんのスコア
★Critical Reading   497     460 

★Mathematics    514      710

★Writing       489      590

★Total        1500     1760 


と、やはりリーディングのエリアをまだまだこれから向上
させて行かなくてはなりませんが、”試しに受けてみた”初めて
の結果ですので、これから又頑張って行く予定です。

(まだ11歳の子にしては素晴らしい数値! 049.gif親バカですんません。)

(ちなみにタレントサーチでの7年生Critical Readingの平均値
426だそうで、ギフテッドの7年生よりは上の数値となっています。)

こちらのリンクはDuke TIPのタレントサーチに参加した7年生の
スコアリポートです。

Average Talent Search Score Reported
   (7th graders)           あーちゃんのスコア

★Critical Reading  430      460

★Mathematics    440      710

★Writing      410      590

(尚、タレントサーチに参加する子達は学年の標準テストなどで上位
5%の人口という事で、ギフテッド同士が更に競い合う、非常に
競争の激しい世界であります。)

いつものごとく、他の分野と比較すると、リーディングが凹に見えるの
ですが、こうして1学年上の7年生のスコアと比較してみると、決して
低いわけではないんですよね。

数学の部分が跳び抜けているのでリーディングが低くみえるのですが。

そして今回ちょっとびっくりしたのは、私が想像していた以上に
Writingのスコアが高かったこと。

小論文のスコアも含まれているので、スコアの細かい内訳は公式
のスコアレポートが郵送されてくるのを待つのみですが、(その他の
スコアは電話で聞いた)Writingのセクションはあーちゃんの比較的
得意分野である"文法”や”技法”などが含まれているので、結構
まずまずのスコアが得られたみたいです。

ちなみに590という数値は高校3年生で80%タイル(上位20%)

あ〜、しかしそれにしても最初の一発で数学が700以上とれたので、
よかったです!

はっきり言って本番の試験は”数学”だけじゃなかったので、
(こんな長時間のテストに集中力がもつかな? 体力がもつかな? 
頭が疲れてしまって、最大限の力が出せきれないのではないか?)
と心配してましたが、初めてのテストで、それも13歳までどころか
11歳で700以上というスコアを獲得出来て、これで目標が達成しました。

早速、College Boardにこの数学のスコアを直接SET
送ってもらいましたので、後はSETから連絡を待つのみです!

これでやっとリラックスできます。042.gif

さて、SETではどのようなサービスが受けられるかが楽しみです。

あーちゃん、本当によく頑張ったね!

(凹の部分に落ち込んでいたと思う矢先、いきなりこんないい
ニュースもあったりして、凸凹キッズの育児は本当に終わりのない
ローラーコースターに乗ってる感じです〜〜!汗)



いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ更新の励みになります!
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-06-22 12:18 | Math(数学)

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧