ギフテッドの人は考え過ぎる傾向にある?

まず始めに、こちらはLife Hackerと言うサイトの記事にあったパズル
ですが、皆さん、解けますでしょうか?

f0238562_9312529.jpg


サイトによるとこの問題、幼稚園の子は5~10分ほどで解いてしまい、
プログラマーは1時間ほどかかるらしい。

高学歴の者ほど”Overthinking”してしまって、結構明白に見える
事も見失ってしまいがちな傾向にあるようです。

この記事によると、私達の子供の頃というのは学習創作性
凄まじいエネルギーで溢れているのだけど、大人になる頃まで
にはこの”クリエイティビティ”(創作性)がほとんど失われて
しまい、”大人の思考”になってしまうと。

(すなわち、私達大人は”考え過ぎる”傾向にあり、そしてその
思考は”知識”に大いに影響されがちだと言う事らしい。)


”知識に縛られた思考”か....

なるほど。009.gif

だから歳をとると思考に柔軟性がなくなるのかしら?

クリエイティブ思考、柔軟思考の重要性もさることながら、個人的
にはこの”考え過ぎ”そして”深く読み過ぎ”というのを聞いてふと
知能テスト、それもWISC-IVの下位検査のひとつPicture Concept
(絵の概念)を思い出してしまったのでした。

この「絵の概念」という検査は、”2~3段からなる複数の絵を提示し、
共通の特徴のある絵をそれぞれの段から1つずつ選ばせる”という
視覚的情報を伴う流動性推理を測るエリアであります。

例えばこんな感じで絵が出され、その中から共通の概念を指さして、
(これは動作性なので、言葉で言わなくても良かったと思います。)
テスターに知らせます。
f0238562_11291489.jpg


この場合だと”一般的”な答えとして、上段からの熊のぬいぐるみと
下段のお人形が”どちらも遊ぶ道具(おもちゃ)という共通の概念と
して選ばれるでしょう。

ただ、面白い事に多くのギフテッドの子供達のアセスメントを
手がけているギフテッド専門家達によると、ギフテッドの子達は
質問を深く考え、(時には考えすぎてしまい)出された質問に対して
何通りもの、”理屈にあった、いくつもの可能性がある”解答を
考えつき、その子が最終的に選んだ解答が”マニュアルの解答”
(一般の概念)と一致しない場合はポイントがつかないので、結果
として数値に反映されず、その子の推論能力が過小評価される事も
少なくないようです。

上の絵の例ではちょっと難しいのですが、例えば4歳の子が猫、
ダチョウ、犬、人間と4つの絵を見せられたとします。

この中で、多くの4歳の子はペットとしてよく飼われている
動物として”猫と犬”を選ぶでしょう。

でもそれプラス、もう少し幅を広げた見方が出来るギフテッドの子
は”ダチョウ”と”人間”を選び、”どちらもbipedal(二足性)だから”
なんて(実際そんな4歳の子にしては高度な単語を使い)理屈付け
する可能性もあったり。

あれこれ色々な可能性を深く考える子は、テストのマニュアルにある
”一つの決まった答え”だけでは満足しないのかもしれませんね。

だからギフテッドの子達の間では、この「絵の概念」の下位検査の
数値が低い例なども決して少なくないそうです。

(ちなみにあーちゃんの8歳の時に受けたWISC-IVでも、この検査
の数値が一番低かった! 汗!)

もともとWISC-IVは知能やその他の発達遅滞の識別などが目的として
開発されたもののようですので、ギフテッドを正確に識別するには
ギフテッドの人達の独特な思考、認知パターン、そして特質などを
よく心得ている専門の心理士の洞察力と経験が大変重要になってくる
のではないかと思います。

後、私が思うにこういったユニークな思考パターンは”自閉症圏”
の子達にも当てはまり、それからくる”一般に沿わない解答”の為
アンフェアな数値を生み出す事になっている可能性もあるのでは?
なんて思ってしまいます。

例えば上の絵で例を出すと、この4つの絵を見たあーちゃんなら、
多分ストップサインとロケット(いつも自分が遊んでいるものー
おもちゃ)として見て選ぶんじゃないかと思います。

くまのぬいぐるみや女の子の人形など自らの世界(自分のおもちゃ箱)
に存在しないので、いくら”推論能力”はあったとしても”経験”や
”見方”の違いでそれが一般とは違った形で反映されるような気が
していつも”一般の子と感じ方や認識パターン、言語習得パターン”
が異なる自閉っ子に、定型用の検査を応用するのはアンフェアじゃ
ないか???と思ってしまいます。


と、まあ出だしのLife Hackerの記事のメインアイデアとはあまり
関係がない話になってしまいましたが、最初のパズルの問題に戻ると
しましょう。

パターンの認識が得意でない私自身、こんな数字が並べられている
のを見て、どんだけ「深く考えても」多分解けないと思ったのですが、
”幼稚園の子”が5〜10分やそこらで解けるという事は、多分計算
など、算数的にはあまり関係なく、”幼稚園児が認識出来るもの”
という線で推測するとわかりました。

(私の場合はあーちゃんみたいに”数的センス”はないんで、人の
行動や思考パターンで物事を推測しなければならない。)

というわけで、答えはこちら。

各4桁の数字の中に、数字の形が閉回路( closed loops-0,6,8,9)
のものがいくつあるか数えてみて下さい。

2581 には8(閉回路が2つ)という事で、答えはです。

この”形”のパターンなら幼稚園児でもわかるわな〜!045.gif


いつもブログをご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村のランキングに参加してます。
お帰りの際にポチっと押していただければ嬉しいです!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathkid | 2012-05-01 13:44 | ギフテッド/2E

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧