楽しみながらスペリングの練習ができるゲーム

あーちゃんは小さい頃からスペリングが得意で、1歳半くらいで
プラスチックのアルファベットを使って、momdogなどの
3文字の単語を綴リ始めました。

(今でもはっきり憶えていますが、あーちゃんが初めて綴った
単語(正式にはacronym 頭字語)はFBIでした。)

その後急速に単語の文字数も増えていき、2歳くらいでは
Californiaとか、Photosynthesis(光合成)といった
長い単語なども楽に綴っていました。

             自分の作品に見惚れる?あーちゃん。
f0238562_163701.jpg

小学校に上がってからも授業中や家庭でスペリングの練習をしなく
てもなぜかどんな単語も綴れてしまい、小4の時には学校内
で行われたSpelling Bee Contestの4年~6年レベルで
自分より2年も学年が上の6年生達を破り、見事ファイナりスト
の一人に選ばれ、学区大会まで行きました。

f0238562_70130.jpg
f0238562_71594.jpg


本をよく読むあーちゃんは、多分読書中に出くわす新しい単語など
もそのままそっくりイメージ(映像)として記憶してしまうのでしょう。

学校でのスペリングのテスト前も、特に練習をしなくても大抵
は満点でした。

...ただ。

字を書く事が超苦手なあーちゃんは、(字が汚くて読みにくい!)テスト
の際、スペリング自体は合っているのだけど、各字がくっついたりして
別の字になったりする為、間違いと見なされ、減点になる場合もちょく
ちょくありました。

terribleとちゃんと本人は書いたつもりだったが、先生にはbに見えない。
確かに。 oにも見える。
f0238562_1785444.jpg

roughnessg hがくっつき過ぎて先生には読めないらしい。
f0238562_1791917.jpg

と、こんな調子で減点も多かったです。 (はぁ~)

ホームスクーリングの今でも紙に書くスペリングの練習は嫌がります。

あーちゃんにとって「書く」という作業は余計なエネルギーを消耗して
しまうのか、すごく疲れてしまって学習としてはあまり効果的では
ありません。

でもやはりスペリングの学習は怠るわけにはいきません。

そこで見つけたのが、このMerriam Websters Spell-Jam
というスペリングのゲーム。
f0238562_17271326.jpg

自分がスペリングビーコンテストの参加者となり、チャンピオンの座
を狙います。

ゲームが出す単語を聞き、実際コンピューターのキーボードのキー
を押して、出された単語を綴っていきます。

正解の場合は得点となり、不正解の場合は正しい綴りを確認する事
が出来ますので、それをみて学ぶ事ができます。

これだったらあーちゃんでも楽しくスペリングの練習ができ、結構
熱中して長い間やってます。 (笑)

苦手、又は嫌いな活動もただ「やらなくっちゃ仕方ないでしょう!」と
無理やりさせても効果が期待できない子は、なんとか工夫しながら
いい行動に結びつく方法を考え出していかなければならないな~
と思います。

自分の興味・関心のない事や苦手な事などはモチベーションがわかない。
これも発達障害の特徴ですが、親として私も色んな工夫やアイデアを
駆使しながら、あーちゃんの"やる気”を高めてあげる努力をしないと
いけないなって思います。

040.gifいつもブログを読んでいただいきありがとうございます!040.gif

お帰りの際に、一日一回 ポチ 
っと押していっていただければ励みになります。
↓  ↓  ↓  

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by mathkid | 2011-02-03 17:58 | Resources

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧