ホームスクールのカリキュラム (ラテン語)

私はホームスクールのカリキュラムを作成するに際、私達の州である
カリフォルニアの教育省(California Department of Education)
の公式サイトを訪れ、各学年の必須科目や教育省が推薦する
カリキュラムを参考にしています。

あーちゃんは年齢的に見ると、ただ今小学校の5年生。

サイトをチェックして、小学5年の必修科目とスタンダードが充分に満たされて
いる様であれば学習にも余裕がでてきますので、普段公立の小学校では
あまり組み込まれていないような課題でもどんどん組み込んでいってます。

Latin (ラテン語)もその中のひとつ。

えっ?何で又そんな今では死語となった言語を?

外国語なら日本語とか(もちろんそっちの方もがんばっております!)
スペイン語とかフランス語といった、現在でも使われてる言語の方が
実用的なのでは? と思われるかもしれませんが...

それが、ラテン語って結構実用的なんですよ! これが!

ラテン語は今では日常で使われることはほとんどなくなってますが、
現在でもなお専門用語や学術用語の分野では幅広く用いられ続けて
いるので、知っておくと後の学問にすごく役に立つんです。

このテキスト(本)は子供用なので、すごく入っていき安い!

            Minimus Pupil's Book: Starting out in Latin
f0238562_125274.jpg

                     中身はこんな感じ。
f0238562_1283847.jpg

ラテン語の語源を知っていると、一般のボキャブラリーや科学や医学
などの専門用語の習得にも役に立ちます。

          あーちゃんがただ今やっているボキャブラリーのワークブック。
f0238562_12211867.jpg

f0238562_12221510.jpg

pend というのが hang,weigh,pay という意味だと解っていれば、
単語の意味も推測しやすくなります。
f0238562_12335939.jpg

後、やはりラテン語を心得ておくと、哲学論理学にも有利。

特に論理学(Logic)における誤謬(ごびゅう fallacy-
論証の過程に論理的または形式的に明らかな欠陥があり、その論証が
全体として妥当でないこと)など、その名称はラテン語で溢れています。

この論理学的誤謬を心得ていれば、討論の際だけでなく、
エッセーを書いたり、学術論文を書いたりするの非常に役に立ちます。

最近、あーちゃんのカリキュラムにも、少しずつこういった課題を導入
し始めました。 これはThe Art of Argument (議論の芸術)
f0238562_12592341.jpg

この中には論理学上の間違い(屁りくつ?)などの定義、そして説明が
解りやすく書かれています。
f0238562_1321068.jpg

ラテン語がいっぱい!

Argumentum ad baculum
威力に訴える論証―力や強制で論理的帰結を正当化する論証。

Argumentum ad populum
衆人に訴える論証― 論理学における誤謬の一種であり、
多くの人々が信じているという理由で、ある命題を真であると
論証結論付けること。

Argumentum ad verecundiam
権威に訴える論証―権威、知識、専門技術、またはそれを主張する
人物の地位などに基づいて、真であることが裏付けられる論理における
論証の一種。

f0238562_13255249.jpg

Ad Hominem Abusive
人身攻撃対人論証―一般に論敵を侮蔑するものだが、同時に表面上は
相手の個性の欠点やその主張と相手の行動の乖離を事実として
指摘する形式をとる。

Ad Hominem Circumstantial
状況対人論証―ある主張をした人物が、そのような主張をせざるを
得ないような状況にあることを指摘するものである。基本的にその人物に
関する偏見を植え付ける攻撃である。

Ad Hominem Tu Quoque
お前だって論法―ある人物がその主張と矛盾した言動をしていると指摘
するものである。特に、AさんがBさんの言動を非難したとき、「お前だって論法」
で対応する場合、A も同じことをしていると返す。

このように、ラテン語って現在でも根強く至る所で見られるんですよね~。

いつもブログを読んでいただいて感謝しております!040.gif

お帰りの際に、一日一回ポチっと押していっていただければ励みになります。
↓  ↓  ↓  ↓ ↓ 
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by mathkid | 2010-11-14 13:52 | ホームスクール(自宅学習)

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧