聴覚情報処理障害(APD)&実行機能の対策 (チェックリスト)

こうして今振り返って考えてみると、聴覚情報処理に問題があるという事は、
実行機能(ある目標を達成する為、それに応じた計画、準備そして実行をしていく能力)
ともかなり関わりがあり、大きな影響をもたらしているんじゃないかと思えてきます。

授業中、先生の言っている事が何となく解らない、もしくは憶えられない。
話がわからないので注意力も散漫になり、何をやるにも手際が悪くなりがち。

そして、やるべき事が解らないのに聞きかえしたりして確認しないから
やるべき事が成されない。 (提出物を出してない、宿題を忘れるなど...)

又、聴覚記憶が困難な為、物事に対する考えや行動がその場その場での
瞬間的な考えに基づいてのものになってしまうせいか、
時間概念の理解がなく、突発的で計画性がない!

これって全部あーちゃんに当てはまります!(聴覚記憶はいいのになぜだろう?)
(結構 ADHD の症状っぽくもありませんか???)

この様によく注意して見ると、聴覚情報処理障害と実行機能の間には、
結構いろんな共通点や影響がみられ、聴覚処理能力を向上していくだけでも、
かなりの実行機能力アップにも繋がるんじゃないかと思います。

前回の記事で、学校の先生が出来る事のリストの中に「ノートやメモをとる
テクニックを教え、実行させる」とあげたのですが、ここでは私とあーちゃんの
4年生の時の担任がやってた「デイリーチェックリスト」を参考までにご紹介!

(各個人によってニーズは違うので、あくまでも一つの例としてみて下さい。)

        あーちゃんが毎日学校で記入しなければいけなかったチェックリスト
f0238562_448206.jpg

左の項目は科目。 リーディング、数学、国語などの科目とともに、ブランクの箇所は
他に必要な項目を記入できるようになってます。

授業中与えられた課題のプリントを失くしてしまったり、ぼ~としてて時間内に終了
出来ず、提出ができなかったという事がよくあったあーちゃん。

それを防ぐ為、各授業中だされた課題をまず、全て「課題」と書かれた項目へ記入
していきます。(こうする事によって本人だけじゃなく、先生もあーちゃんがちゃんと
課題を解っているかどうかチェックする事ができます。)

そしてその課題が終了すれば、右側の枠にチェックマークをする事が出来るというもの。
これなら出来たかどうかは一目瞭然。

ちなみにあーちゃんは、喋れば唾が飛んでくる(汚い表現でスンマセン~!)
くらい先生から近いまん前の席に座らされていたので、先生も従事、
このチェックリストをチェックする事が出来ました。

社会(Social science)の項目を見ていただければわかると思いますが、
あーちゃんが記入してない場合など、先生は細かく行動をフォローしています。

この時間、カリフォルニアの布教活動などについてのレポートをやってたらしい
のですが、先生から"10:55- having difficulty working-doesn't seem to
want to do the assigned work"

(10:55-あーちゃんは課題に苦労している。与えられた課題をやりたくない様子。)
と書かれています。

そして、一時レポートを失くした(!)ようですが、その後見つけたらしいにもかかわらず、
"11:55-Not much work done on report"
(11:55-レポートはあまりできてません)と...008.gif

結局この日の社会のレポートは授業中に終わらせる事が出来ず、(それ以上
やるのを拒否したらしい)残りの課題はその日、「お母さんが指導して今晩中に
仕上げてください」というメモとともに、大きな封筒の中に入れられ
私の元に持ち帰られて来ました...(涙)

まぁ、いつもの様に課題のプリントが完全に消息不明になって、「F」の評価を
もらうよりは断然ましですけど...

でもやはり、あーちゃんには「個人の責任」というものをしっかり認識させなければ
いけないので、「やろうとしても出来ないっていうんだったらママはどうにかしても
助けてあげるけど、学校でやるべき事をやらず、こんなふうに家に持ち帰るんだったら
もう手伝わないから自分の責任と思って堂々とFをもらいなさい!!」
と怒ったら、それからはこんな事はなくなりましたが...

...ちと話が横道にそれてしまいましたが、チェックリストにもどってと。

後、他の項目にdesk check(机の整理整頓)とありますが、あーちゃんの机の中は
いつも竜巻が通った後の様にぐちゃぐちゃで先生から「災害地帯」と
呼ばれていたので、一日何回か定期的に整理整頓するように言われてました。
(提出物のプリントや他の大事な資料がこの災害地帯に埋もれてしまうと
消息不明間違いなしになりますので...汗)

「11:50-プリント類はきちっと片付けられている。」という先生のコメントにある
ように、机の中もきちっとチェックされ、その結果が記入されてます。
(はぁ~先生も大変じゃ~こりゃ~)

そして学校終了後、このチェックリストは私の手元へやって来て、チェックマークが
全てについている場合のみ、その晩ゲームなりなんなり、あーちゃんが選んだ好みの
アクティビティが出来るという仕組みになってたわけです。

このチェックリストを始めてから、あーちゃんの実行機能のスキルがかなり向上しました。
多分、これを実行する事により、「チェックリストを書く為にはきちっと情報を
聞かないといけない」と半ば強制的に自分を訓練せずにはおれぬ状況に立たされた
せいかもしれません。

結果的には「聞く態度」や「集中力」も向上したみたいでした。

このチェックリストは正式にはあーちゃんのIEPに含まれていませんでした。

このシステムを効果的に実行していく為には、担任の理解と協力が不可欠です。
はっきりいって、先生の仕事が増えます!

でも、たとえ正式な個別教育支援計画がなく、法的にやる義務はなくとも、
教育者と名のつく者であれば、自分の受け持つ生徒がそうする事によって
学業向上が期待できるというのであれば、きっと進んで協力してくれると思いますよ。

ランキングに参加してます! お帰りの際、
一日一回 ぽちっ と応援していただければ励みになります!
Thank you!
           040.gif040.gif040.gif  
                    ↓  ↓  ↓  ↓
f0238562_5417100.jpgにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援してくれている皆様、感謝しておりま~す!

人気ブログランキングへ                   
[PR]
by mathkid | 2010-09-03 08:04 | 自閉症/障碍

数学が大好きな14歳の2E kid(ASD&ギフテッド)あーちゃんの日記。 カリフォルニアからネバダに引っ越し新しい学校へ通い始めました。凸を伸ばし凹を支援の精神で頑張ってます。 目指すはMIT or Caltech!


by あーちゃん ママ
プロフィールを見る
画像一覧